セバスチャン・スタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セバスチャン・スタン
Sebastian Stan
Sebastian Stan
生年月日 (1982-08-13) 1982年8月13日(40歳)
出生地  ルーマニアコンスタンツァ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ロックランド郡
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
身長 183cm
職業 俳優
活動期間 2003年 -
主な作品
映画
キャプテン・アメリカ』シリーズ
オデッセイ
アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
アベンジャーズ』シリーズ
テレビドラマ
『ポリティカル・アニマルズ』
ファルコン&ウィンター・ソルジャー
テンプレートを表示

セバスチャン・スタン(Sebastian Stan, 1982年8月13日 - )は、ルーマニア生まれのアメリカ合衆国俳優

幼少期から若年期[編集]

1982年、ルーマニアコンスタンツァで生まれた。8歳の時、母親はウィーンに移り、ピアニストとして雇われる。4年後、スタンが12歳の時、母親がアメリカ人と再婚するのに伴い、私立学校の校長を務める義父のいるニューヨーク州ロックランド郡に移住する[2]

ロックランド郡立学校に通っている間に、スタンは、メアリー・チェイスの戯曲『ハーヴィ』、エドモン・ロスタンの戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』、ミュージカル『リトル・ショップ・オヴ・ホラーズ』、『オーヴァ・ヒア!』、『ウエスト・サイド物語』などに出演していた。

また、ロバート・ダウニー・Jrナタリー・ポートマンらが参加していた俳優養成キャンプの「ステージドア・マナー・サマーキャンプ」に参加。この際多くの作品に出演した事が、本格的に俳優を目指すきっかけになった。この後、舞台芸術のプログラムを大学で受講するためいくつか応募したところ、ラトガーズ大学のメイソン・グロス芸術学部に入学を認められ、受講している。この入学が契機となって一年間、イギリス、ロンドンのグローブ座で演技を学ぶことになった。

キャリア[編集]

キャプテン・アメリカ』シリーズの映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』と『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』のヒーロー、バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャーを演じたことで知られる。その他、ABCのファンタジー・ドラマ、『ワンス・アポン・ア・タイム』でジェファーソン / マッド・ハッター役、『Kings』で王子ジャック・ベンジャミン役、『ゴシップガール』でカーター・ベイゼン役を演じている。

2015年、トロント国際映画祭でのスタン

2012年には、USAネットワークで放送されたシガニー・ウィーバー主演の6話完結のミニ・シリーズ・ドラマ『ポリティカル・アニマルズ』にも出演している。このドラマの出演により、アメリカ国内で選ばれる「批評家達が選ぶテレビ賞」で、「ミニ・シリーズの最優秀助演男優賞」に推薦されている。

私生活[編集]

2002年にアメリカ合衆国に帰化している[1]

ゴシップガール』で共演したレイトン・ミースターと交際していたが[3]、2010年4月頃、破局[4]。2012年からは『ワンス・アポン・ア・タイム』で共演したジェニファー・モリソンと交際していたが[5]、約1年の交際期間の後、破局した[6]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1994 71フラグメンツ
71 Fragments of a Chronology of Chance
地下鉄の子供
2004
Tony n' Tina's Wedding
ジョニー N/A
2005 紅門 -べにもん-
Red Doors
サイモン
2006
The Architect
マーティン・ウォーターズ N/A
レニー・ハーリン コベナント 幻魔降臨
The Covenant
チェイス 日本劇場未公開 森久保祥太郎
2007
The Education of Charlie Banks
レオ N/A
2008 レイチェルの結婚
Rachel Getting Married
ウォルター TBA
2009 愛とセックスとセレブリティ
Spread
ハリー 山端零
2010 ブラック・スワン
Black Swan
アンドリュー 川野剛稔
オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式
Hot Tub Time Machine
ブレイン 日本劇場未公開 加瀬康之
2011 キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
Captain America: The First Avenger
バッキー・バーンズ 白石充[7]
2012 ファインド・アウト
Gone
ビリー 前田一世
アパリション -悪霊-
The Apparition
ベン 日本劇場未公開 (吹き替え版なし)
2014 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
Captain America: The Winter Soldier
バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー 白石充[8]
2015 ブロンズ! 私の銅メダル人生
The Bronze
ランス 浪川大輔[9]
アントマン
Ant-Man
バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー カメオ出演(クレジットなし) 白石充
幸せをつかむ歌
Ricki and the Flash
ジョシュ 木島隆一[10]
オデッセイ
The Martian
クリス・ベック博士 浜田賢二[11]
2016 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
Captain America: Civil War
バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー 白石充
2017 ローガン・ラッキー
Logan Lucky
デイトン・ホワイト 虎島貴明
アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
I, Tonya
ジェフ・ギルーリー 荒井勇樹

I'm Not Here
スティーブ N/A
2018 ブラックパンサー
Black Panther
バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー カメオ出演(クレジットなし) 白石充[12]
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
Avengers: Infinity War
ストレイ・ドッグ
Destroyer
クリス (吹き替え版なし)
ずっとお城で暮らしてる
We Have Always Lived in the Castle
チャールズ・ブラックウッド 日本劇場未公開
2019 アベンジャーズ/エンドゲーム
Avengers End Game
バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー 白石充[13]
エンディングズ、ビギニングズ(原題)
Endings, Beginnings
フランク N/A
ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
The Last Full Measure
スコット・ハフマン 白石充
2020 悪魔はいつもそこに
The Devil All the Time
リー・ボーデッカー保安官 Netflixオリジナル映画
マンデー
Monday
ミッキー
2022 355
The 355
ニック・ファウラー 白石充[14]
フレッシュ
Fresh
スティーブ

Sharper
マックス ポストプロダクション
2023
A Different Man
エドワード 撮影中
2024
Thunderbolts
バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー

テレビ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
2003 ロー&オーダー
Law & Order
ジャスティン・キャプショー 第13シーズン第22話「間違った絆」 TBA
2007-2012 ゴシップガール
Gossip Girl
カーター・ベイゼン 計11話出演 竹若拓磨(第1シーズン)
TBA(第2シーズン)
落合弘治(第3シーズン)
2009
Kings
Prince Jack Benjamin 計12話出演 N/A
2012 ワンス・アポン・ア・タイム
Once Upon a Time
ジェファーソン / 狂った帽子屋 計6話出演 檀臣幸(第1シーズン)
桐本琢也(第2シーズン)
ポリティカル・アニマルズ
Political Animals
TJ(トーマス)・ハモンド ミニシリーズ、計6話出演 勝杏里[15]
ラビリンス
Labyrinth
ウィリアム(ウィル)・フランクリン ミニシリーズ、計2話出演 TBA
2021 ファルコン&ウィンター・ソルジャー
The Falcon and the Winter Soldier
バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー Disney+オリジナルシリーズ 白石充
マーベル・スタジオ アッセンブル
Marvel Studios: Assembled
本人 ドキュメンタリー
第2話「ファルコン&ウィンター・ソルジャーの裏側」
ホワット・イフ...?
What If...?
バッキー・バーンズ / ウィンター・ソルジャー 声の出演
Disney+オリジナルシリーズ
白石充
2022 パム&トミー
Pam & Tommy
トミー・リー ミニシリーズ

ビデオゲーム[編集]

公開年 タイトル 役名 備考
2011 Captain America: Super Soldier バッキー・バーンズ 声の出演

ミュージック・ビデオ[編集]

公開年 曲名 役名 備考
2008 Wake Up Call Boyfriend ヘイデン・パネッティーアのミュージック・ビデオ

出典[編集]

  1. ^ a b Gans, Andrew (2006年12月28日). “Pedi, Stan and Rosenblat Join Broadway's Talk Radio Cast”. Playbill. 2018年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月27日閲覧。
  2. ^ Nicholson, Amy (2011年7月26日). “Interview with Sebastian Stan”. Boxoffice. https://www.boxoffice.com/articles/2011-07-sebastian-stan-is-bucky?q=Sebastian+Stan 2012年3月13日閲覧。 
  3. ^ How Leighton Meester's Boyfriend Handles Her Kissing Scenes”. People.com. 2010年1月25日閲覧。
  4. ^ OK! EXCLUSIVE: Leighton Meester & Sebastian Stan Split”. 2010年4月8日閲覧。
  5. ^ “「Dr.ハウス」のジェニファー・モリソン、「ゴシガル」年下イケメンと熱愛発覚!”. exciteニュース. (2012年7月18日). http://www.excite.co.jp/News/cinema/20120718/Hollywoodch_20120718_0601.html 2012年11月30日閲覧。 
  6. ^ “「ワンス・アポン・ア・タイム」のジェニファー・モリソン、セバスチャン・スタンと破局”. シネマトゥディ. (2013年11月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0057818 
  7. ^ キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー”. ふきカエル大作戦!!. 2021年3月27日閲覧。
  8. ^ キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー”. ふきカエル大作戦!! (2014年4月19日). 2021年3月27日閲覧。
  9. ^ ブロンズ! 私の銅メダル人生”. ソニー・ピクチャーズ公式. 2021年3月27日閲覧。
  10. ^ 幸せをつかむ歌”. ソニー・ピクチャーズ公式. 2021年3月27日閲覧。
  11. ^ オデッセイ”. ふきカエル大作戦!! (2016年2月5日). 2021年3月27日閲覧。
  12. ^ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”. ふきカエル大作戦!! (2018年6月19日). 2021年3月27日閲覧。
  13. ^ アベンジャーズ/エンドゲーム”. ふきカエル大作戦!! (2019年5月9日). 2021年3月27日閲覧。
  14. ^ 355 -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2022年8月30日). 2022年8月30日閲覧。
  15. ^ シガニー・ウィーヴァー主演「ポリティカル・アニマルズ」”. WOWOWオンライン. 2021年3月27日閲覧。

外部リンク[編集]