ジョン・デヴィッド・ワシントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・デヴィッド・ワシントン
John David Washington
John David Washington
2018年撮影
生年月日 (1984-07-28) 1984年7月28日(37歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
職業 元アメリカンフットボール選手、俳優
活動期間 1992年 -
著名な家族 デンゼル・ワシントン(父)
オリヴィア・ワシントン(妹)
主な作品
映画
ブラック・クランズマン
TENET テネット
テレビドラマ
ballers/ボーラーズ
テンプレートを表示

ジョン・デヴィッド・ワシントンJohn David Washington1984年7月28日 - )は、アメリカ合衆国の元アメリカンフットボール選手、俳優。俳優デンゼル・ワシントンの長男。女優のオリヴィア・ワシントンは妹。「デヴィッド」はミドルネームではなく、「ジョン・デヴィッド」がファーストネーム[1]

来歴[編集]

ロサンゼルス出身。モアハウス大学にフットボールの特待生として学費全額免除で通った後、セントルイス・ラムズ(現・ロサンゼルス・ラムズ)と契約[2]。プロアメリカンフットボール選手として活躍。その後、ライン・ファイヤー[3]、Sacramento Mountain Lionsと渡り歩き、2012年までプレーした[4][5]

俳優として[編集]

9歳の時に、父デンゼル主演のスパイク・リー監督の映画『マルコムX』に端役で出演する。アメリカンフットボール選手を引退後、本格的に俳優業を始め、2015年からアメリカンフットボールを題材にしたテレビドラマ『ballers/ボーラーズ英語版』に出演する。2018年の映画『ブラック・クランズマン』で主人公ロン・ストールワース刑事を演じて注目され[6][7]ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)にノミネートされる。2020年のクリストファー・ノーラン監督作品『TENET テネット』で主演。

高所恐怖症であると述べている。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1992 マルコムX
Malcolm X
Student in Harlem classroom
1995 青いドレスの女
Devil in a Blue Dress
Boy with Toy Rifle クレジットなし
2017 Love Beats Rhymes Mahlik N/A
2018 Monsters and Men Dennis Williams N/A
モンスター: その瞳の奥に
Monster
リチャード・エヴァンス (吹き替え版なし)
ブラック・クランズマン
BlacKkKlansman
ロン・ストールワース刑事 松田健一郎
さらば愛しきアウトロー
The Old Man & the Gun
ケリー警部補 (吹き替え版なし)
2020 TENET テネット
Tenet
名もなき男 田村真[8]
2021 マルコム&マリー
Malcolm & Marie
マルコム 兼製作
ベケット
Beckett
ベケット Netflixオリジナル映画 小松史法
TBA Canterbury Glass ポストプロダクション

テレビドラマ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
2015-2018 ballers/ボーラーズ
Ballers
リッキー・ジャレット メイン、計47話出演 (吹き替え版なし)

出典[編集]

  1. ^ 「デンゼル・ワシントンの息子」以上の存在へ。30歳で俳優に転向した『TENET テネット』ジョン・デヴィッド・ワシントン”. 海外ドラマNAVI (2020年9月15日). 2020年9月27日閲覧。
  2. ^ “Denzel Washington's son among Rams signees”. ESPN. (2006年5月1日). http://sports.espn.go.com/nfl/draft06/news/story?id=2429264 2007年3月20日閲覧。 
  3. ^ John David Washington”. The Football Database. 2018年9月26日閲覧。
  4. ^ Mountain Lions begin season with morning practice”. KTXL (2012年9月20日). 2012年9月21日閲覧。
  5. ^ John David Washington”. TotalFootballStats.com (2010年). 2018年9月26日閲覧。
  6. ^ Kroll, Justin (September 8, 2017). “Spike Lee, Jordan Peele Team Up on KKK Crime Thriller 'Black Klansman'”. Variety. https://variety.com/2017/film/news/spike-lee-jordan-peele-kkk-movie-black-klansman-1202552319/ 2017年11月20日閲覧。. 
  7. ^ “デンゼル・ワシントンの息子、主演作「ブラック・クランズマン」を語る”. 映画ナタリー. (2019年3月12日). https://natalie.mu/eiga/news/323561 2019年3月13日閲覧。 
  8. ^ TENET テネット”. ふきカエル大作戦!! (2020年12月8日). 2021年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]