ジェームス・J・ブラドック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームス・J・ブラドック
Jim Braddock.jpg
基本情報
本名 ジェームス・ウォルター・ブラドック
通称 ザ・シンデレラマン
階級 ヘビー級
身長 189cm
リーチ 191cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1905-06-07) 1905年6月7日
出身地 アメリカ合衆国ニューヨーク州
ニューヨーク市
死没日 (1974-11-29) 1974年11月29日(69歳没)
死没地 アメリカ合衆国ニュージャージー州
ノースバーゲン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 86
勝ち 51
KO勝ち 26
敗け 26
引き分け 7
無効試合 2
テンプレートを表示

ジェームス・J・ブラドックまたはジム・ブラドックJames J. Braddock1905年6月7日 - 1974年11月29日)は、アイルランドアメリカ人プロボクサー。本名はジェームス・ウォルター・ブラドックといい、リングネームのJジェームス・J・コーベットジェームス・J・ジェフリーズという2人の元世界王者の名前からきている。史上最も大きな番狂わせをおこして世界王者になったとして知られており、2005年にはそれを実写化したシンデレラマンという映画が作られた。

来歴[編集]

1929年7月18日、トミー・ローランの持つ世界ライトヘビー級王座に挑戦するも、15R判定負けし王座獲得ならず。直後から戦績に負けが込むようになり、しだいに王座挑戦の最前線からフェードアウトしていく。

1934年にライセンスを失効され引退したが、試合をするチャンスを掴みコーン・グリフィンジョン・ヘンリー・ルイスに勝利を収め、世界王座挑戦の機会を得る。

1935年6月13日、マックス・ベアの持つ世界ヘビー級王座に挑戦。絶対不利の予想を覆し、15R判定勝ちを収めて世界王座を獲得した。

1937年6月22日、初防衛戦でジョー・ルイスと対戦。8RKO負けを喫し王座から陥落した。

1969年、ニュージャージー州ボクシングの殿堂入り。

2001年、国際ボクシング名誉の殿堂博物館入り。

戦績[編集]

  • プロボクシング: 86戦 51勝 26KO 26敗 7引分け 2無効試合

獲得タイトル[編集]

  • ニューヨーク州アスレチックコミッション認定世界ヘビー級王座
  • NBA認定世界ヘビー級王座

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マックス・ベア
第16代世界ヘビー級王者

1935年6月13日 - 1937年6月22日

次王者
ジョー・ルイス