世界ボクシング殿堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

世界ボクシング殿堂(せかいボクシングでんどう、World Boxing Hall of Fame)は、アメリカロサンゼルスに所在する、ボクシングに多大な功績を残した人物を称える博物館である。

1980年にエヴェレットL.サンダースによって設立。

世界規模のボクシング殿堂は他にニューヨーク州の「国際ボクシング名誉の殿堂博物館」があるが、こちらの方が歴史は古い。

元世界王者以外からも多く選んでいるのが特徴。

殿堂入りした日本人[編集]

2008年9月23日に、世界ボクシング殿堂が本田明彦を関係者部門への殿堂入りを決定。日本人の同殿堂入りはファイティング原田ジョー小泉以来三人目である[1]。11月15日にロサンゼルスのマリオットホテルにて殿堂入りのセレモニーが行われた。

殿堂入り人物[編集]

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

K

L

M

N

O

P

Q

R

S

T

U

V

W

Y

Z

出典[編集]

  1. ^ ボクシング・ワールド 競馬最強の法則11月号増刊』、KKベストセラーズ、2008年11月20日、76頁。

外部リンク[編集]