シュガー・レイ・レナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュガー・レイ・レナード
Ray Leonard 1.jpg
基本情報
本名 レイ・チャールズ・レナード
通称 シュガー、スーパーエキスプレス
階級 ウェルター級 - スーパーミドル級
身長 178cm
リーチ 188cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1956-05-17) 1956年5月17日(60歳)
出身地 サウスカロライナ州ウイミルトン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 40
勝ち 36
KO勝ち 26
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1976 モントリオール ジュニアウェルター級

シュガー・レイ・レナードSugar Ray Leonard、男性、1956年5月17日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーサウスカロライナ州ウイミルトン生まれ。本名はレイ・チャールズ・レナード。母親がレイ・チャールズのファンだったため命名したもの。のちにボクサーとして活動する際、尊敬するシュガー・レイ・ロビンソンにあやかって、シュガー・レイを名乗った。

モハメド・アリが去った米国ボクシング界に颯爽と登場し、デビュー直後からアリの後継者として絶大な人気を獲得。爆発的なスピードと芸術的なテクニック、優れたインテリジェンス、ロビンソンやアリの系譜に連なるスター性を併せ持ち、1970年代後半から1980年代にかけてのボクシング界を代表するスーパースターの座に君臨。「ヘビー級が動くが如く、ボクシングは動く」とされたボクシング界の常識を覆して、ロベルト・デュランマービン・ハグラートーマス・ハーンズらと歴史的なビッグファイトを繰り広げ「黄金のミドル(中量級)」時代を盛り上げた。

来歴[編集]

1976年モントリオールオリンピックでアンドレス・アルダマ(キューバ)を3R判定で下し、ライトウェルター級の金メダルを獲得。一時は引退も考えたが、1977年にプロデビュー。

1979年11月30日、無敗のままウィルフレド・ベニテスから15RTKOでWBC世界ウェルター級タイトルを獲得。

1980年6月20日、ロベルト・デュランに判定負けで王座から陥落するとともに、プロ初黒星を喫した。

1980年11月25日、ロベルト・デュランと再戦し、9回TKO勝ちで王座を奪回。

1981年6月25日、アユブ・カルレからWBA世界スーパーウェルター級タイトルを獲得し2階級制覇を達成するが、タイトル返上。

1981年9月16日、後にレナードと共に5階級制覇を遂げるWBA王者トーマス・ハーンズとのウェルター級王座統一戦で、序盤はハーンズにペースを握られるが14回に逆転TKO勝ち。WBAとWBCの王座を統一する。試合後に網膜剥離が発覚。

1982年11月、引退を発表。

1986年3月10日、マービン・ハグラージョン・ムガビの解説をしていたレナードは当時最強のチャンピオンといわれたハグラーに勝てると確信し、現役復帰を決意する。

1987年4月6日、ハグラーに挑戦し僅差の判定勝ちでWBC世界ミドル級タイトルを獲得。3階級制覇を達成する。

1988年11月7日、WBC世界ライトヘビー級王者ドン・ラロンデと168ポンドのキャッチウェイトで対戦、9回TKO勝ちで新設されたWBC世界スーパーミドル級ライトヘビー級の2階級の王座を同時に獲得。同月4日に達成したハーンズに続く2人目の主要団体での5階級制覇を達成した。しかし、これはライトヘビー級王者のラロンデをスーパーミドル級まで体重を落とさせてのスーパーミドル級王座決定戦に、ラロンデの持つライトヘビー級王座も賭けられるという、極めて異例の試合だったため、レナードの5階級制覇には懐疑的な意見もある。

1989年6月12日、WBO世界スーパーミドル級王者トーマス・ハーンズとの王座統一戦で引き分け。

1989年12月7日、ロベルト・デュランに判定勝ちし、WBC世界スーパーミドル級王座を防衛。

1991年2月9日、WBC世界スーパーウェルター級タイトル戦で王者テリー・ノリスに12回判定負けを喫した。試合後のリング上で引退を表明した。

1997年3月1日、IBC世界ミドル級タイトル戦で6年ぶりに現役復帰。ヘクター・カマチョに5回TKO負けを喫し、引退した。

引退後[編集]

1990年、離婚訴訟中だった元妻がレーナードが酔っ払うと暴力を振るわれていたこと、レナードがコカインを使用していたことを告発。レナードは会見を開き元妻の告発が事実であることを認め、引退をした1982年から1986年までコカインを使用していたと告白した[1]

2001年、ボクシングプロモーション「シュガー・レイ・レナード・ボクシング社」の設立と、ESPNと提携し毎月1回フライデーナイトファイトで試合を放送することを発表。しかし2004年、ビヨン・レブニーと経営方針の違いから仲違いをしてプロモーション会社を解散した[2]

2011年、出版した自伝「The Big Fight: My Life in and out of the Ring」の中でレナードが10代の頃、オリンピックのボクシングトレーナーから性的虐待(オーラルセックス)をされていたことを告白した[3]

エピソード[編集]

  • ウェルター級歴代最速とも言われるスピードで、スーパーエキスプレスと称された。特にパンチの回転力がケタ外れに速く、ここぞという時のレナードの連打は、カメラが捉えきらないほどのスピードを見せた。
  • アリの後継者と称されるだけあり、デビュー戦から全米ネットワークでTV中継がされるなど、早くからスターとして注目され、爆発的人気を誇った。その明朗快活なイメージから少年少女にもファンが多く、デビュー当時、WBCウェルター級王者だったカルロス・パロミノの幼い息子も、レナードの大ファンだった。パロミノの友人が「坊やのパパは147ポンド級で、世界で一番強いんだよ」と言ったところ「パパがレナードより強いって?そんなの嘘だい」という返事があったという。
  • ハーンズとの第1戦は、特に評価が高く、「20世紀最後のビッグファイト」と称され、ボクシング・マガジン2009年1月号「500号記念特集」において、歴代ベストバウトに挙げている。
  • ハーンズとはレナード13戦目、ハーンズ12戦目の若手時代に一度対戦が内定したことがある。しかしアンジェロ・ダンディの反対によりこのマッチメイクは成立しなかった。代わりにレナードが対戦したのが、フロイド・メイウェザー・シニアである。
  • ハグラーとの対戦での判定は、未だに論議を呼んでいる。試合後のダメージが、レナードの方がより大きかったためだが、特にブランクの影響で、中盤でのスタミナ切れが苦戦の要因と見られていた。その後、デュランとの第3戦に勝利したレナードが、次の対戦相手として、1990年に再戦を申し入れたが、ハグラーは拒否した。
  • 「ケニー・G ライブ」(DVD/BMG JAPANより発売)にMCとして同行、登場する。サックス奏者ケニー・Gとの友人ぶりが見られる。

獲得タイトル[編集]

出演映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “[ http://news.google.com/newspapers?id=2hAbAAAAIBAJ&sjid=FEgEAAAAIBAJ&pg=6730,6962641&dq=sugar+ray+leonard+juanita+divorce&hl=en Daily News1991年3月1日版]”. News.google.com (1991年3月31日). 2013年6月4日閲覧。
  2. ^ Leonard's promotion business down for count”. USA TODAY.com (2004年10月19日). 2013年6月4日閲覧。
  3. ^ Boxing: Sugar Ray Leonard claims sexual abuse by 'Olympic coach'”. The Independent (2011年5月19日). 2013年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ウィルフレド・ベニテス
第11代WBC世界ウェルター級王者

1979年11月30日 - 1980年6月20日

次王者
ロベルト・デュラン
前王者
ロベルト・デュラン
第13代WBC世界ウェルター級王者

1980年11月25日 - 1982年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ミルトン・マクローリー
前王者
アユブ・カルレ
第19代WBA世界スーパーウェルター級王者

1981年6月25日 - 1981年(返上)

空位
次タイトル獲得者
三原正
前王者
トーマス・ハーンズ
第11代WBA世界ウェルター級王者

1981年9月16日 - 1982年11月9日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ドナルド・カリー
前王者
マービン・ハグラー
第16代WBC世界ミドル級王者

1987年4月6日 - 1987年(返上)

空位
次タイトル獲得者
トーマス・ハーンズ
前王者
ドニー・ラロンド
第17代WBC世界ライトヘビー級王者

1988年11月7日 - 1989年1月10日(返上)

空位
次タイトル獲得者
デニス・アンドリュース
前王者
N/A
初代WBC世界スーパーミドル級王者

1988年11月7日 - 1990年(返上)

空位
次タイトル獲得者
マウロ・ガルバノ