デニス・アンドリュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デニス・アンドリュース
基本情報
通称 The Hackney Rock
階級 ライトヘビー級
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1953-11-05) 1953年11月5日(66歳)
出身地 ガイアナの旗 ガイアナジョージタウン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 65
勝ち 49
KO勝ち 30
敗け 14
引き分け 2
テンプレートを表示

デニス・アンドリュースDennis Andries、男性、1953年11月5日 - )は、ガイアナ出身、イギリス国籍のプロボクサー。身長180cm。元WBC世界ライトヘビー級王者。

来歴[編集]

1978年5月16日イギリスウェールズでプロデビュー。

1980年2月27日、イギリスライトヘビー級王座に挑戦するも、判定負けで王座獲得ならず。

1982年3月15日、イギリスライトヘビー級王座決定戦でトム・コリンズと対戦し、判定負けで王座獲得ならず。

1984年1月26日、イギリスライトヘビー級王者トム・コリンズと再戦し、判定勝ちで王座を獲得した。同王座は3度の防衛に成功した。

1985年12月11日EBUヨーロッパライトヘビー級王者アレクス・ブランチャード(オランダ)に挑戦し、1-1の判定ドローで王座獲得ならず。

1986年4月30日WBC世界ライトヘビー級王者J・B・ウィリアムソンアメリカ)に挑戦し、2-1の判定勝ちで王座を獲得した。

1986年9月10日、トニー・シブソン(イングランド)と対戦し、9回TKO勝ちで初防衛に成功した。

1987年3月7日、2度目の防衛戦でトーマス・ハーンズ(アメリカ)と対戦し、10回TKO負けで王座から陥落した。ハーンズは3階級制覇となった。

1988年5月22日、元IBF世界ライトヘビー級王者ボビー・チェズ(アメリカ)とノンタイトルマッチで対戦し、2-0の判定勝ち。

1989年2月21日、WBC世界ライトヘビー級王座決定戦でトニー・ウィリス(アメリカ)と対戦し、5回KO勝ちで王座に返り咲いた。

1989年6月24日、初防衛戦でジェフ・ハーディングオーストラリア)と対戦し、12回TKO負けで王座から陥落した。

1989年10月26日、後にUFC 1に出場したアート・ジマーソン(アメリカ)と対戦し、3-0の大差判定勝ち。

1990年7月28日、WBC世界ライトヘビー級王者ジェフ・ハーディングと再戦し、7回KO勝ちで王座に返り咲いた。

1991年1月19日ガイ・ウォーターズ(オーストラリア)と対戦し、3-0の判定勝ちで2度目の防衛に成功した。

1991年9月11日、3度目の防衛戦でジェフ・ハーディングとラバーマッチで対戦し、0-2の僅差判定負けで王座から陥落した。

1995年1月21日、イギリスクルーザー級王座決定戦でデンゼル・ブラウン(イングランド)と対戦し、11回TKO勝ちで王座を獲得した。

1995年5月13日、初防衛戦でテリー・ダンステン(イングランド)と対戦し、判定負けで王座から陥落した。

1996年12月14日、イギリスクルーザー級王座決定戦でジョニー・ネルソン(イングランド)と対戦し、7回TKO負けで王座獲得ならず。この試合を最後に引退した。

獲得タイトル[編集]

  • 第14代WBC世界ライトヘビー級王座(防衛1度)
  • 第18代WBC世界ライトヘビー級王座(防衛0度)
  • 第20代WBC世界ライトヘビー級王座(防衛2度)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
J・B・ウィリアムソン
WBC世界ライトヘビー級王者

1986年4月30日 - 1987年3月7日

次王者
トーマス・ハーンズ
前王者
シュガー・レイ・レナード
WBC世界ライトヘビー級王者

1989年2月21日 - 1989年6月24日

次王者
ジェフ・ハーディング
前王者
ジェフ・ハーディング
WBC世界ライトヘビー級王者

1990年7月28日 - 1991年9月11日

次王者
ジェフ・ハーディング