レス・ダーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レス・ダーシー
基本情報
本名 James Leslie Darcy
通称 The Maitland Wonder
階級 ミドル級
身長 168cm
リーチ 180cm
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
誕生日 (1895-10-31) 1895年10月31日
出身地 ニューサウスウェールズ州
死没日 (1917-05-24) 1917年5月24日(満21歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 50
勝ち 46
KO勝ち 29
敗け 2
引き分け 2
テンプレートを表示

レス・ダーシーLes Darcy、本名:ジェームズ・レスリー・ダーシー、1895年10月31日 - 1917年5月24日)は、オーストラリア出身の元プロボクサーニューサウスウェールズ州出身。元オーストラリア公認世界ミドル級チャンピオン。将来を嘱望されながら早世した天才ボクサー。

略歴[編集]

鍛冶屋の徒弟をしていたが、15歳でプロ入り。その強打とシャープなボクシングで頭角を現し、1915年、19歳で技巧派の強豪ジェフ・スミスに2回反則勝ち、オーストラリア公認世界ミドル級チャンピオンとなった。元王者のエディ・マッグーティミック・キングジョージ・チップらを相手に王座を8度防衛。

アメリカ合衆国のプロモーター、テックス・リカードがダーシーの強さに眼を付け、アメリカに呼び寄せようとしたが、折悪しく第一次世界大戦が勃発する。ダーシーの許にも召集令状が届くが、アメリカ進出を諦めきれないダーシーはこれを無視、貨物船でアメリカへ密入国した。しかし到着直後にアメリカ当局に拘束され、テネシー州軍に強制的に入隊させられた。事実上ボクシングのできない状態に追い込まれたダーシーは健康を損ね、極度の神経衰弱と発熱で死去した。

ボクシングの中心地アメリカで活躍できなかったため、マイナーな“世界王者”に終わったが、その素晴らしい戦績と、また早すぎた死を悼む念もあってか、ミドル級最強の王者の一人と評する識者もいる。アメリカのリングマガジン編集長であったナット・フライシャーは、ミドル級のオールタイム・ランキングでダーシーを第8位に挙げている。

通算戦績[編集]

50戦46勝(29KO)4敗

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]