サンディ・サドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンディ・サドラー
基本情報
本名 ジョゼフ・サドラー
階級 フェザー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1926年6月23日
出身地 マサチューセッツ州ボストン
死没日 2001年9月18日(満75歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 162
勝ち 144
KO勝ち 103
敗け 16
引き分け 2
テンプレートを表示

サンディ・サドラーSandy Saddler、本名ジョゼフ・サドラー (Joseph Saddler)、1926年6月23日 - 2001年9月18日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサーマサチューセッツ州ボストン出身。身長174cm。元世界フェザー級王者。その生涯で通算103KO勝ちをマークした。

来歴[編集]

ニューヨークハーレムで育つ。アマチュアから1944年プロデビュー。海外遠征を繰り返して腕を磨き、KOの山を築く。1948年10月29日、ニューヨークで史上最高の技巧派の誉れ高いウィリー・ペップを4回KOに破り、世界フェザー級王座獲得。翌年2月11日の再戦は、ペップの徹底したアウトボクシングに15回判定負けで雪辱を許したが、1950年9月8日、ラバーマッチでは8回KO(ペップが肩の脱臼により棄権[要出典])に仕留め王座奪還。翌年9月26日の4度目の対決でも9回KO(ペップの眼の負傷による棄権[要出典])と返り討ち、宿敵ペップとの因縁に遂に決着を付けた。このペップとの一連の試合、殊に第4戦は、反則技の応酬が続く歴史に残るダーティ・ファイトとして知られている。[要出典]

この王座は2度防衛。2度目の防衛戦ではフィリピンの英雄フラッシュ・エロルデと対戦。挑戦者のスピードと技巧に苦しんだが、結局13回KOで退けている。

1955年7月8日には金子繁治との対戦のため来日、6回TKOで勝利した。

通算103KOという記録を残したにもかかわらず、サミングバッティング等の反則も辞さないラフなスタイルと、ノンタイトル戦での取りこぼしが多かったことが災いしてか、ベテラン専門家からの評価は決して高いとは言えなかったが、174cmの長身、両手を前に出して構える独特のフォームから繰り出す強烈かつ多彩な左強打、抜群の攻撃的センスと、異常とも言えるタフネスを併せ持ったチャンピオンとして、近年再評価が進んでいる。[要出典]

交通事故で眼を痛め、[要出典]1957年にチャンピオンのままでの引退を余儀なくされた。晩年は不遇で、アマチュアにボクシングを教え生計を立てていたという。

通算戦績[編集]

162戦144勝(103KO)16敗2引分け

関連項目[編集]

外部リンク[編集]