スタンリー・ケッチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スタンリー・ケッチェル
Stanley Ketchel American boxer loc.jpg
基本情報
本名 Stanislaus Kiecal
通称 The Michigan Assassin
階級 ミドル級
身長 175cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1886-09-14) 1886年9月14日
出身地 ミシガン州グランドラピッズ
死没日 (1910-10-15) 1910年10月15日(満24歳没)
死没地 ミズーリ州
プロボクシング戦績
総試合数 64
勝ち 55
KO勝ち 49
敗け 4
引き分け 5
テンプレートを表示

スタンリー・ケッチェルStanley Ketchel1886年9月14日 - 1910年10月15日)は、アメリカ合衆国出身の元プロボクサー。本名はスタニスラウス・キーカル (Stanislaus Kiecal)。元世界ミドル級チャンピオン。その破壊的な左右の強打と獰猛なファイトで“ミシガンの暗殺者” (Michigan Assassin) と畏怖され、24歳でスキャンダラスな死を遂げたスラッガー。

来歴[編集]

ポーランド系移民。ミシガン州グランドラピッズの貧しい農家に生まれる。14歳の時故郷を捨て、放浪生活に入る。流れ着いたモンタナ州で酒場の用心棒になり、喧嘩に明け暮れた。1904年、17歳でプロのリングに上がるようになり、ハンサムな容貌に似ない獰猛なファイトで連戦連勝。

強豪ジョー・トーマスを三度破った1907年からチャンピオンを自称、1908年5月、ジャック・サリバンに20回KO勝ちを収め世界ミドル級チャンピオンと認められた(ただし、王座獲得のタイミングには複数の異説あり)。

以後三度防衛したが、1908年9月7日、“イリノイの雷”ビリー・パプケとの防衛戦で、初回の開始ゴング直後にグローブを合わせようとしたところにパプケの不意打ちを浴びダウン、そのダメージが回復しないまま、12回で王座を奪われてしまう。

1908年11月26日、ケッチェルは挑戦者として王者パプケと対戦した。11回に左ボディの一撃で止めを刺すまで、得意の強打でパプケを徹底的に痛めつけた。王座奪還である。その後も再度パプケの挑戦を受けたが、判定で退けている。

1909年には元世界ライトヘビー級王者フィラデルフィア・ジャック・オブライエンと2度対戦、1度目は分の良い無判定、2度目は3回KOと、この一階級上のテクニシャンを圧倒した。

そして1909年10月16日、ケッチェルは反抗的な言動で白人社会の憎悪を一身に浴びていた無敵の黒人王者、ジャック・ジョンソンの王座に挑んだ。ジョンソン退治の“刺客”として白人の期待を集めたケッチェルは、12回、得意の右でジョンソンをダウンさせるが、思わぬ不覚に怒ったジョンソンの強烈な右アッパーを浴び、前歯二本を失う凄絶なKO負けを喫した。

1910年、再起したケッチェルはジョンソンが三舎を避けた強豪サム・ラングフォードと対戦、分の良い無判定に持ち込んだ。

1910年10月15日ミズーリ州の牧場に滞在していたケッチェルは、そこで働く女性にちょっかいを出し(ジョー小泉はレイプしたのではないかと推測している[1])、その内縁の夫に射殺された。

なお、マーク・ロブソン監督の名画「チャンピオン」で、若き日のカーク・ダグラスが演じた酷薄な主人公ミッジ・ケリーは、ケッチェルがモデルであると言われている。

スタイル[編集]

近代ボクシング草創期の選手でもあり、パンチは単発でラフなファイトぶりだが、55勝49KOという高いKO率は、早い段階でのレフェリー・ストップがなく、しかもコンビネーション・ブローの技術も発達していなかった時代にあっては驚異的と言え、その強打の破壊力が伺える。

ケッチェルの得意技に「ケッチェル・シフト」がある。右パンチをわざと空振りし、大きく前にのめりながら右足を踏み出し、その姿勢から身体の逆回転と体重移動を最大限に効かせ、左ボディをみぞおちに叩き込む。これで幾多の敵がマットに沈んだ。

通算戦績[編集]

64戦55勝49KO4敗5引分け

脚注[編集]

  1. ^ ボクシング珍談奇談

関連項目[編集]

外部リンク[編集]