エイブ・アッテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイブ・アッテル
Abe Attell LOC.jpg
基本情報
本名 Abraham Washington Attell
通称 The Little Hebrew
階級 フェザー級
身長 158cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1883-02-22) 1883年2月22日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ
死没日 (1970-02-06) 1970年2月6日(満86歳没)
テンプレートを表示

エイブ・アッテルAbe Attell、本名:Abraham Washington Attell、男性、1884年2月22日 - 1970年2月6日)は、アメリカ合衆国の元プロボクサーユダヤ系アメリカ人カリフォルニア州サンフランシスコ出身。元世界フェザー級チャンピオン。17歳8か月でフェザー級王座に就き(ただし一部から異論がある)、11年4か月にわたってこれを保持した。同級史上最強のチャンピオンの一人とされている。

身長158cmと体格には恵まれなかったが、強打と技巧、そして狡猾さを兼ね備え、ライト級ウェルター級の選手とも戦うなど、当時としては卓越した強さを誇った。しかし、希代の技巧派ジム・ドリスコルを始めとする強豪とは無判定試合(KO以外では勝敗を付けない取り決めで行われる試合)でしか戦わなかったと言われたり、また引退後に野球賭博絡みの大規模な八百長に関与した疑いが持たれる等、リング外での話題にも事欠かないチャンピオンだった。

来歴[編集]

サンフランシコの貧しい家庭に生まれ、周囲のユダヤ系に対する差別から喧嘩に明け暮れた。近所の子供との喧嘩に負け、仕返しをするためにとボクシングジムに入門した。1900年、その子供との試合に勝って報酬を手にしたことからプロになった。デビューから4か月で16試合を戦って全勝(15KO)を記録。1901年にはジョージ・ディクソンと戦って勝ち、世界チャンピオンとなった。このとき17歳8か月であった(しかし、この時のタイトル獲得には専門家から疑義が呈されており、世界チャンピオンとして広く認められたのは1906年ジミー・ウォルシュとの試合に勝利してからである)。以降11度の防衛を果たし、11年4か月にわたって王座を保持し続けたが、1912年2月、ジョニー・キルベーンに20回判定負けし、遂に王座から陥落した。

1970年2月6日、85歳で死去。

通算戦績[編集]

92勝(51KO)10敗18引分け45無判定

関連項目[編集]

外部リンク[編集]