ヤング・コーベット2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Young Corbett II.jpg
基本情報
本名 ウィリアム・J・ロズウェル
階級 フェザー級
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 (1880-10-04) 1880年10月4日
出身地 アメリカ合衆国コロラド州
デンバー
死没日 (1927-04-10) 1927年4月10日(46歳没)
死没地 アメリカ合衆国
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 112
勝ち 68
KO勝ち 47
敗け 23
引き分け 16
無効試合 5
テンプレートを表示

ヤング・コーベット2世(Young Corbett II、本名:ウィリアム・J・ロズウェル、1880年10月4日 - 1927年4月10日)は、アメリカ合衆国出身の元プロボクサー。元世界フェザー級チャンピオン。

略歴[編集]

コロラド州デンバー生まれ。リングネームはヘビー級王者ジェームス・J・コーベットに由来。1901年11月28日、コネチカット州ハートフォードで“ブルックリンの恐怖”テリー・マクガバンを倒し世界フェザー級王者となったが、翌年、減量苦からタイトルを返上した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]