ジェームス・J・ジェフリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームス・J・ジェフリーズ
James J Jeffries.jpg
基本情報
本名 James Jackson Jeffries
通称 ボイラーメイカー
階級 ヘビー級
身長 183cm[文献 1]
リーチ 194cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1875年4月15日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州キャロル
死没日 1953年3月3日(満77歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州バーバンク
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 18
KO勝ち 15
敗け 1
引き分け 2
無効試合 1
テンプレートを表示

ジェームス・J・ジェフリーズJames J. Jeffries、男性、1875年4月15日 - 1953年3月3日)は、アメリカ合衆国プロボクサー。本名はジェームス・ジャクソン・ジェフリーズJames Jackson Jeffries)。オハイオ州キャロル出身。元世界ヘビー級王者。
驚異的な身体能力の持ち主であり、100ヤード(91.44m)を11秒で走り、正面跳びしか存在しなかった当時の走高跳で5フィート10インチ(177.8cm)を記録したとされる[1]

来歴[編集]

オハイオ州キャロルの農家に生まれ、6歳の時にカリフォルニア州ロサンゼルスに移住した[文献 2]。少年時代からボイラー工場で働いていた(ニックネーム「ボイラーメイカー」の由来でもある)[文献 2]。恵まれた身体能力を生かし、ボクシング、レスリング、陸上競技で才能を示した[2]

1895年、巡業で訪れた黒人ボクサーのハンク・グリフィンを相手に懸賞金を賭けた非公式試合を行い、技術に翻弄されながらも17回にKOで勝利する。このことをきっかけにプロボクサーとなることを決意する[3]

1896年7月2日、21歳でプロデビュー。

1897年ジェームス・J・コーベットの所属ジム「オリンピッククラブ」に招かれ、スパーリングパートナーを務めるようになった[文献 2]

1898年3月22日、ピーター・ジャクソンと対戦し、3回TKO勝ち。

1898年4月22日、メキシカン・ピート・エベレットと対戦し、3回TKO勝ち。

1898年5月6日、トム・シャーキーと対戦し、20回判定勝ち。

1898年8月5日、ボブ・アームストロングと対戦。10回判定勝ち。予定では続けてスティーブ・オドネルと対戦することになっていたが、アームストロング戦で拳を負傷したため中止となった[4]

1899年6月9日、世界ヘビー級王者ボブ・フィッシモンズに挑戦し、11回KO勝ちで世界王座を獲得した[文献 2]

世界ヘビー級王座[編集]

1899年11月3日、防衛戦でトム・シャーキーと再戦し、25回判定勝ちで初防衛に成功した。

1900年4月6日、防衛戦でジョン・フィネガンと対戦し、初回55秒でのKO勝ちで2度目の防衛に成功した。この初回55秒という試合時間は、2005年レイモン・ブリュースターが初回52秒でアンドリュー・ゴロタにTKO勝利をするまで、長らくヘビー級タイトルマッチ史上の最短記録であった。

1900年5月11日、防衛戦でジェームス・J・コーベットと対戦し、23回に左フックでKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

1901年9月18日、ハンク・グリフィンを相手に、4回以内にKOできなければ100ドルを払うという変則マッチを行う。2回にカウント9のダウンを2度奪うなど圧倒するも、KOは果たせなかった[5]

1901年11月15日、防衛戦でガス・ルーリンと対戦し、5回TKO勝ちで4度目の防衛に成功した。

1902年7月25日、防衛戦でボブ・フィッシモンズと再戦し、8回KO勝ちで5度目の防衛に成功した。

1903年8月14日、防衛戦でジェームス・J・コーベットと対戦し、10回に2度のダウンを奪い棄権によるTKO勝ちを収め6度目の防衛に成功した。

1904年8月26日、防衛戦でジャック・ムンローと対戦し、2回TKO勝ちで7度目の防衛に成功した。この試合を最後に王座を返上し、無敗のまま引退。サンフェルナンドバレーで農園を開いた[文献 2]

カムバック: 「世紀の決戦」[編集]

1908年12月26日、ジャック・ジョンソントミー・バーンズを14回TKOでやぶり、黒人初の世界ヘビー級王者となった。

白人の間では人種的な憎悪の念が広まり、彼らは「グレート・ホワイト・ホープ」(Great White Hope、白人の期待の星)の到来を切望した。 作家のジャック・ロンドンは、引退して農園経営をしていたジェフリーズに対し「アルファルファ栽培の農園から出よ。そしてジョンソンの顔からゴールデン・スマイルを消し去るのだ」と要求した。ジェフリーズ自身はさして人種関係に興味を持っていなかったが、報酬の高額さもあり、結局の所ジョンソンとの試合に臨むこととなった。迎え撃つ王者ジョンソンは記者団の取材に対し、「ジェフは年をとりすぎており、誰を相手にしてもまともに戦える状態ではない。かつての彼の姿を取り戻すことなどできはしない」とコメントした。

全盛時とほど遠い体型となった1909年のジェフリーズ(右)。左はサミュエル・バーガー

実際、6年間試合から遠ざかったジェフリーズの体重は、全盛期の220ポンドから300ポンドまで膨れあがっていたのである。トレーニングで減量を試みたジェフリーズだが、その過程で自身の身体能力が錆び付いている現実にも直面させられてしまう。彼は報道陣から自身の衰えた姿を隠蔽するため、スパーリングのスケジュールを変更し、またパートナーも若いボクサーでなく古くからの仲間を選んだ。このときジェフリーズのトレーナーであったジョー・コインスキーは「彼は明らかに、精神的に苦しみもがいていた」と語っている[6]

1909年8月6日付タコマ・タイムズの紙面。「ブルネット受難の年」と題された戯画のなかで、巨大なジェフリーズの拳にジョンソンが殴りとばされようとしている。

1909年10月16日、スタンリー・ケッチェルがジャック・ジョンソンに挑戦するが、12回KOで敗北。ジェフリーズは「ケッチェルが勝てば、私はトレーニングを打ち切るつもりだ」と語っていたが、ジョンソンとの試合に臨まざるを得なくなった[1]

1910年7月4日、ジャック・ジョンソンと対戦し、15回TKO負けで王座返り咲きに失敗し、そのまま再び引退した[文献 2]


黒人ボクサーとの関係[編集]

一般に、ジェフリーズはヘビー級王者在位中にカラーラインを引き、黒人ボクサーとの対戦を避けたとされている。実際、彼はタイトルマッチで黒人と対戦したことがない。だが、ボクサー生活において黒人ボクサーとの戦いを特に避けていたわけではなく、王座奪取以前の試合では、ハンク・グリフィン、ピーター・ジャクソン、ボブ・アームストロングといった実力者と戦い、そのいずれからも勝利をおさめている。

ハンク・グリフィンはジェフリーズのプロデビューと深く関わっており、ヘビー級王座在位中もノンタイトルの変則マッチで対戦している。ジェフリー・C・ワードの手によるジャック・ジョンソンの伝記(ケン・バーンズ作のドキュメンタリーフィルム"Unforgivable Blackness: The Rise and Fall of Jack Johnson"の原作)では、このグリフィンについて「三流」(a third-rater)という評価が示されている[7]が、ジェフリーズやジョンソンの他、ハリス・マーチン(初代黒人ミドル級王者)、フランク・チャイルズ(第七代黒人ヘビー級王者)、ジャック・ムンロー(ジェフリーズの王座に挑戦)といった強豪と戦い、生涯成績29勝4敗9分というボクサーに対しての正当な評価と言えるか疑問が残る。そもそも当のジャック・ジョンソンは、グリフィンと3度戦って1度も勝てていない(1敗2分)。

ピーター・ジャクソンは第五代黒人ヘビー級王者であり、かのジョン・L・サリバンが対戦を避けたとされる伝説的強豪である。ジェフリーズは彼を尊敬しており、昔日の面影無く衰えたその姿を対戦時に目にして、悲しみを覚えたという[8]

ボブ・アームストロングもまた元黒人ヘビー級王者(六代)である。彼はジェフリーズと友好関係にあり、ジャック・ジョンソンとの「世紀の決戦」の際もジェフリーズ陣営についてトレーニングのサポートをした。当時の新聞には、トレーニングの余暇にレスリングに興じる二人の写真が掲載されている[9]。また、試合当日もセコンドとしてジェフリーズを見守った。試合終盤にジェフリーズがダウンした際、タオルをマネージャーに渡したのは彼である[10]

ジェフリーズとの直接対戦はないものの、サム・ラングフォードもまた、彼をリスペクトしたひとりである。ジャック・ジョンソンが三舎を避けた黒人強豪として知られる彼だが、件の「世紀の決戦」直前の新聞記事の中で、ジェフリーズが最初のパンチでジョンソンの顎を砕き勝利することを希望するというコメントを発表している[11]

拳闘史研究家のジム・カーニー・ジュニアは、ジェフリーズがレイシズムに乗せられたことを認めそれを批判しながらも、「彼はジャック・ジョンソン個人のことは好きではなかったが、それ以外の黒人ボクサーには好意的で、リスペクトしていた」と述べている[8]


ジャック・ジョンソンとの逸話[編集]

ジェフリーズはヘビー級王座在位中、ジャック・ジョンソンからの対戦要求を避け続けたとよく言われるが、その在位中の出来事として、次のような逸話が残されている。


サンフランシスコにあるハリー・コーベット(ジム・コーベットの兄弟)経営のバーで、ジェフリーズはハリーと談笑していた。そこにジャック・ジョンソンがマネージャー同伴で現れた。

ジェフリーズは、しばしジョンソンを注視した後、近づいて言った。「君はこう吹聴しているらしいな――この私が君を怖れ、対戦を避けている、と」

ジョンソンは後ずさりしながらそれに答えた。「ああ、いや、ミスター・ジェフリーズ。私はそんなことは言っていない。私はただ、あんたと試合をしたいだけだ。あんたの方は、私との対戦を熱望しているとは見えないが。」

それを聞いてジェフリーズは、ハリーの方を向いて言った。「ハリー、私に5,000ドルをくれ」

ハリーが金庫からその大金を出すと、ジェフリーズに渡した。ジェフリーズはそれを数え、再びハリーに戻すと、ジョンソンに向かって次のように言った。
「さて、君は私が戦いたがっていないと言ったね。ではこれから2人でこの下に降りて、地下室に入ろう。2人だけでだ。もし君が先に1人で外に無事出てこられれば、ハリーが君にこの5,000ドルを渡すだろう。 (ハリーの方を向いて) ハリー、わかったな。 (ジョンソンに向き直り) もし私の方が先に地下室から出たら、この金の中から君の治療費を出そう。さぁ、君がどうしても私と戦いたくてたまらないのなら、地下室に降りようか。」

ジョンソンは青ざめた。そしてどもりながら次のように言った。
「ミスター・ジェフリーズ! 私は地下室の闘技者ではない!(I ain't no cellar fighter!)私は地下室に行く気はない。私はただ、観客に囲まれた、レフェリーのいるリングであんたと試合したいだけだ。ミスター・ジェフリーズ。私は地下室の闘技者ではない。」

この日以来、ジョンソンはジェフリーズへの挑戦を打ち切った。[12]


上記の内容は、1906年3月5日付『ザ・イブニングワールド』でロバート・エドグレンによって紹介された。ジェフリーズの自伝でも同様の内容が紹介されており、1904年の出来事とされている[13]。ただしそこではハリー・コーベットが用意した金額は2,500ドルとされている。また地下室での決闘を拒絶し立ち去るジョンソンに対しジェフリーズが嘲笑しながら悪態をつく一節が存在する[14]など、全体的により詳細な記述となっている。なお、この事件自体はジャック・ジョンソンの自伝[15]および伝記[7]でも言及されている。ただしジェフリーズ寄りの立場ではジョンソンの臆病さが強調され、ジョンソン寄りの立場では黒人をまともなボクサー扱いしないジェフリーズのレイシストとしての面が強調される文脈となっている。

獲得タイトル[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b The Sweet Science"The Legend of James J. Jeffries", The Sweet Science ,October 04, 2013
  2. ^ James B. Roberts、Alexander G. Skutt"The Boxing Register: International Boxing Hall of Fame Official Record Book",October 1, 2011,McBooks Press,ISBN-10: 9781590134993,p.144-145
  3. ^ Ian Carey"When Boxing Was, Like, Ridiculously Racist ",February 21, 2013,Amazon Digital Services LLC ,ASIN: B00BJKTI62
  4. ^ "BROKE ARM IN FIRST BOUT", New York Times ,August 6, 1898
  5. ^ "JEFFRIES FAILS TO STOP GRIFFIN", San Francisco Call ,September 18, 1901
  6. ^ WAYNE ROZEN"Great White Hope: Not Great, No Hope", The New York Times ,JULY 3, 2010
  7. ^ a b Geoffrey C. Ward"Unforgivable Blackness: The Rise and Fall of Jack Johnson",October 26, 2004,Knopf,ISBN-13:978-0375415326,p.68
  8. ^ a b Tom Donelson"The Ultimate Tough Guy", BlackAthlete Sports Network ,Feb 22, 2012
  9. ^ "JEFFRIES WRESTRING WITH BOB ARMSTRONG", New-York tribune ,July 03, 1910
  10. ^ "JEFFRIES MEETS MASTER", New-York tribune ,July 05, 1910
  11. ^ "RENO IS NOW OVERCROWDED", The New-York Times ,July 02, 1910
  12. ^ "R.Edgen's COLMN", The evening world. ,March 05, 1906
  13. ^ "James J. Jeffries,My Life and Battles,1910,p.56
  14. ^ 悪態の内容は"A four-flusher?"およびそれに続けての"You're not even a three-flusher!"というもの。four-flusherはポーカー由来のスラングで、はったりをかけることを指す。three-flusherはそれをもじったもので、「お前はハッタリ野郎以下だ」という程度の意味か。
  15. ^ "Jack Johnson,Christopher Rivers,My Life and Battles,Sep 30, 2007,ISBN: 978-0275999643,p.90-91

参考文献[編集]

  • 『ボクシングヘビー級最強伝説』 ベースボール・マガジン社、2009年5月29日
  1. ^ 113頁
  2. ^ a b c d e f 70-72頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ボブ・フィッシモンズ
第4代世界ヘビー級王者
1899年6月9日 - 1904年(返上)
空位
次タイトル獲得者
マービン・ハート