ソー:ラブ&サンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソー:ラブ&サンダー
Thor: Love and Thunder
監督 タイカ・ワイティティ
脚本 タイカ・ワイティティ
ジェニファー・ケイティン・ロビンソン英語版
原作 スタン・リー
ラリー・リーバー
ジャック・カービー
マイティ・ソー
製作 ケヴィン・ファイギ
出演者 クリス・ヘムズワース
クリスチャン・ベール
テッサ・トンプソン
タイカ・ワイティティ
クリス・プラット
デイヴ・バウティスタ
ヴィン・ディーゼル
ブラッドリー・クーパー
カレン・ギラン
ポム・クレメンティエフ
ショーン・ガン
ジェイミー・アレクサンダー
ラッセル・クロウ
ナタリー・ポートマン
撮影 ショーン・マウラー英語版
編集 メリアン・ブランドン
製作会社 マーベル・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗 2022年7月8日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 MCU
ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(2022年)
ソー
マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年)
次作 MCU
ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー(2022年)
テンプレートを表示

ソー:ラブ&サンダー』(原題: Thor: Love and Thunder)は、マーベル・コミックのキャラクター「ソー」をベースとする、2022年公開予定のアメリカ合衆国スーパーヒーロー映画。監督はタイカ・ワイティティ、脚本はワイティティとジェニファー・ケイティン・ロビンソン、出演はクリス・ヘムズワースクリスチャン・ベールテッサ・トンプソンナタリー・ポートマンら。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編でシリーズ4作目、また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の29作目。

あらすじ[編集]

サノスとの最終決戦のその後。ソーはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと宇宙へ旅立ち、新たなる道を歩もうとするも全ての神々を排除すると脅迫する宇宙の冷酷な殺人鬼“神殺し”ゴアが現れる。ソーは手遅れになる前にその脅威を排除するために、現在はニューアスガルドの王のヴァルキリー、コーグ、そしてかつて恋人だったジェーン・フォスターと共に立ち向かう。そしてジェーンはソーと同じ力を手にすることとなる[1]

登場人物・キャスト[編集]

ソー
演 - クリス・ヘムズワース、日本語吹替 - 三宅健太[2]
北欧神話雷神トール”のモデルであり、最強の雷神でありアベンジャーズのメンバー。サノスとの最終決戦後に、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと共に宇宙へと旅立った。
幼少期のソー
演 - トリスタン・ヘムズワース
ブリュンヒルデ / ヴァルキリー
演 - テッサ・トンプソン、日本語吹替 - 沢城みゆき[2]
北欧神話の楯の乙女ブリュンヒルド”のモデルであり、アスガルドの女戦士“ヴァルキリー”の最後の一人。最終決戦後、ソーからノルウェーにあるニュー・アスガルドの王位を譲られ新国王へと即位した。
ジェーン・フォスター / マイティ・ソー
演 - ナタリー・ポートマン、日本語吹替 - 坂本真綾[2]
ソーと同様の力を授かることとなる天文物理学者でありがん治療を受けているソーの元恋人。
コーグ
演 - タイカ・ワイティティ、日本語吹替 - 金谷ヒデユキ
全身が岩で構成されたクロナン人でソーの友人。
“神殺し”ゴア英語版
演 - クリスチャン・ベール、日本語吹替 - 子安武人[2]
シンビオートの祖先ヌルが使用したオール・ブラックという剣を振るう。演じたベールは、2012年の映画『ダークナイト ライジング』以来10年ぶりのスーパーヒーロー映画への出演となった。
ピーター・クイル / スター・ロード
演 - クリス・プラット、日本語吹替 - 山寺宏一[2]
子供の頃に地球から誘拐され、ラヴェジャーズによって育てられたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのリーダー。
ドラックス
演 - デイヴ・バウティスタ
ガーディアンズのメンバーであるパワーファイター。
グルート
声 - ヴィン・ディーゼル、日本語吹替 - 遠藤憲一[2]
ガーディアンズのメンバーである樹木型ヒューマノイド。
ロケット
声 - ブラッドリー・クーパー、日本語吹替 - 加藤浩次[2]
アライグマをベースにした元賞金稼ぎ兼傭兵。ガーディアンズのメンバーで、武器と武術の達人でもあるエンジニア。
ネビュラ
演 - カレン・ギラン
義父のサノスによって殺し屋として育成・サイボーグ化されたガモーラの義妹。その義父との最終決戦後にガーディアンズと共に旅立つ。
マンティス
演 - ポム・クレメンティエフ、日本語吹替 - 秋元才加[2]
触れた人の心を読んだり感情を操れる共感能力を持っているガーディアンズのメンバー。
クラグリン・オブフォンテリ
演 - ショーン・ガン
かつてはヨンドゥ・ウドンタの側近だった元ラヴェジャーズのメンバー。彼の死後にヤカの矢を引き継ぐ。
シフ
演 - ジェイミー・アレクサンダー
ソーの幼馴染の女戦士。
グランドマスター
演 - ジェフ・ゴールドブラム
かつて宇宙の辺境にある惑星“サカール”を統治していた元独裁者。
ゼウス英語版
演 - ラッセル・クロウ[3]
ギリシア神話の神。
ロキを演じる役者
演 - マット・デイモン
ソーを演じる役者
演 - ルーク・ヘムズワース
オーディンを演じる役者
演 - サム・ニール
ヘラを演じる役者
演 - メリッサ・マッカーシー
役名未発表
演 - ベン・ファルコーン
役名未発表
演 - ジェニー・モリス英語版
役名未発表
演 - サイモン・ラッセル・ビール

製作[編集]

企画[編集]

製作準備[編集]

製作[編集]

編集[編集]

公開[編集]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

興行収入[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]