ブレンダン・フレイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブレンダン・フレイザー
Brendan Fraser
ブレンダン・フレイザー Brendan Fraser
2022年
本名 ブレンダン・ジェームズ・フレイザー
: Brendan James Fraser
生年月日 (1968-12-03) 1968年12月3日(53歳)
出生地 インディアナ州インディアナポリス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1988年 -
配偶者 アフトン・スミス(1998年 - 2007年)
主な作品
映画
青春の輝き
ジャングル・ジョージ
ゴッド・アンド・モンスター
ハムナプトラ』シリーズ
クラッシュ
センター・オブ・ジ・アース
テレビドラマ
『ドゥーム・パトロール』
 
受賞
全米映画俳優組合賞
アンサンブル演技賞
2005年クラッシュ
その他の賞
テンプレートを表示

ブレンダン・フレイザー: Brendan Fraser, 1968年12月3日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス出身の俳優アイルランド系で、フランス語も話す[1]

来歴[編集]

カナダの観光局で働いていた父親についてインディアナポリス、デトロイトシアトルオタワオランダスイスなどで育った。カナダのアッパー・カナダ・カレッジ[2]とシアトルのコーニッシュ・カレッジ・オブ・ザ・アーツで演劇を学び、1991年に映画デビュー。

2009年

映画『ハムナプトラ』シリーズ(1999年 - 2008年)や『センター・オブ・ジ・アース』(2008年)で主演を務めて人気を博すが、その後は体調の悪化や、結婚生活の破綻などの様々な原因でハリウッドの表舞台から遠ざかる。(心身のバランスを崩した理由については、後述も一因とのこと)

セクシャルハラスメント被害[編集]

2018年、2003年にフレイザーは、ゴールデングローブ賞を主催するハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)の元会長フィリップ・バークからセクシャルハラスメントを受けていたと雑誌「GQ」のインタビューで告発[3][4]。この時の心身的ショックによって鬱状態になったことも、第一線から退がらざるを得なかった一因であると自ら語っている[5]。(インタビューでは、#MeToo運動が起こったお陰で、自らが受けた被害告発に踏み切れる勇気がもらえたと語っている[6][7]。)

なお、この一件でHFPA側が声明を出すも公平性かつ透明性を欠き、かつフレイザーへの被害を「ジョーク」と評した[8]ことで両者は決裂。しかもHFPAは告発者であるフレイザーの名を実質ブラックリスト入りさせ、彼の出演作をボイコット扱いしたことも後日判明[9]。フレイザーへの敬意を欠き問題を軽んじた対応として、批判を浴びている。

私生活[編集]

1998年に女優のアフトン・スミスと結婚し、現在3人の息子がいる。2007年12月に離婚を公表した[10][11]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 日本語題
原題
役名 備考 日本語吹替
1991 恋のドッグファイト
Dogfight
船員A 日本劇場未公開
ジャッジメント/推定有罪
Guilty Until Proven Innocent
ボビー テレビ映画 山寺宏一
1992 原始のマン
Encino Man
リンク 森川智之
青春の輝き
School Ties
デヴィッド・グリーン 山寺宏一
1993 風と共に去る20ドル!?
Twenty Bucks
サム 日本劇場未公開
グローリーデイズ/夢見る頃はいつも
Younger and Younger
ウィンストン・ヤンガー 日本劇場未公開
1994 きっと忘れない
With Honors
モンゴメリ・ケスラー(モンティ)
ハードロック・ハイジャック
Airheads
チェスター・ダーベイ(チャズ) 森川智之
イン・ザ・アーミー/こちら最前線、異常あり
In the Army Now
リンク 日本劇場未公開
クレジットなし
スカウト
The Scout
スティーブ・ネブラスカ 日本劇場未公開 森川智之
1995 聖なる狂気
The Passion of Darkly Noon
ダークリー・ヌーン 堀内賢雄
Dearフレンズ
Now and Then
ベトナム帰還兵 クレジットなし
1996 くちづけはタンゴの後で
Mrs. Winterbourne
ヒュー・ウィンターボーン / ビル・ウィンターボーン 家中宏
1997 ジャングル・ジョージ
George of the Jungle
ジョージ 檀臣幸
いつかあなたに逢う夢
Still Breathing
フレッチャー・マクブレイク 日本劇場未公開
1998 ゴッド・アンド・モンスター
Gods and Monsters
クレイトン・ブーン 置鮎龍太郎
1999 タイムトラベラー/きのうから来た恋人
Blast from the Past
アダム・カルヴィン 関智一
ハムナプトラ/失われた砂漠の都
The Mummy
リック・オコーネル 森川智之(ソフト版)
堀内賢雄(日本テレビ版)
ダドリーの大冒険
Dudley Do-Right
ダドリー・ドゥ・ライト 日本劇場未公開 森川智之
2000 悪いことしましョ!
Bedazzled
エリオット 森川智之(ソフト版)
宮本充(機内上映版)
2001 モンキーボーン
Monkeybone
ステュ 森川智之
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド
The Mummy Returns
リック・オコーネル 森川智之(ソフト版)
堀内賢雄(フジテレビ版、テレビ朝日版)
2002 愛の落日
The Quiet American
アルデン・パイル 別題『愛の落日 クワイエット・アメリカン』 堀内賢雄
2003 ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション
Looney Tunes:Back in Action
DJドレイク 森川智之
ディッキー・ロバーツ 俺は元子役スター
Dickie Roberts:Former Child Star
本人役 クレジットなし
2004 クラッシュ
Crash
リック・カボット 堀内賢雄
2006 ブレンダン・フレイザー 復讐街
Journey to the End of the Night
ポール 日本劇場未公開 森川智之
ラストタイム 欲望が果てるとき
The Last Time
ジェイミー 日本劇場未公開 東地宏樹
2007 狼たちの報酬
The Air I Breathe
プレジャー 日本劇場未公開 (吹き替え版なし)
2008 センター・オブ・ジ・アース
Journey to the Center of the Earth
トレヴァー・アンダーソン 兼製作総指揮 沢村一樹(劇場公開版)
堀内賢雄(テレビ朝日版)
ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
The Mummy:Tomb of the Dragon Emperor
リック・オコーネル 森川智之(劇場公開版)
堀内賢雄(フジテレビ版)
インクハート/魔法の声
Inkheart
モーティマ・フォルチャート 宮内敦士
2009 G.I.ジョー
G.I.Joe:The Rise of Cobra
ストーン クレジットなし
2010 小さな命が呼ぶとき
Extraordinary Measures
ジョン・クラウリー 宮本充
アニマル・ウォーズ 森林帝国の逆襲
Furry Vengeance
ダン・サンダース 兼製作総指揮
日本劇場未公開
大塚智則
2011 チャンス!
Whole Lotta Sole
ジョー・マグワイア 日本劇場未公開 TBA
2013 スペースガーディアン
Escape from Planet Earth
スコーチ 声の出演 遠藤大智
ウソはホントの恋のはじまり
A Case of You
トニー 江原実
ブレンダン・フレイザーのエリートをぶっとばせ!
Hair Brained
レオ 日本劇場未公開 TBA
スティーラーズ
Pawn Shop Chronicles
リッキー・バルドースキー 杉田智和
ブレンダン・フレイザー 追撃者
Breakout
ジャック 兼製作
日本劇場未公開
堀内賢雄
ギミー・シェルター
Gimme Shelter
トム・フィッツパトリック 日本劇場未公開
2014 ナッツジョブ 〜サーリー&バディのピーナッツ大作戦!〜
The Nut Job
グレイソン 声の出演 伊藤健太郎
2019 ポイズンローズ
The Poison Rose
マイルス・ミッチェル 松尾一心
2021 クライム・ゲーム
No sudden Move
ダグ・ジョーンズ 日本劇場未公開 山口恵
2022
The Whale
チャーリー

Batgirl
ファイアフライ 公開中止
TBA
Killers of the Flower Moon
WS・ハミルトン ポストプロダクション

Brothers
ポストプロダクション

テレビドラマ[編集]

放映年 日本語題
原題
役名 備考 日本語吹替
2002-2004 Scrubs〜恋のお騒がせ病棟
Scrubs
ベン・サリヴァン 計3話出演
2015 Texas Rising ビリー・アンダーソン 計5話出演 N/A
2016-2017 アフェア 情事の行方
The Affair
ジョン・ガンサー 計6話出演 TBA
2018 TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル
Trust
フレッチャー・チェイス 計8話出演 (吹き替え版なし)
コンドル〜狙われたCIA分析官〜
Condor
ネイサン・ファウラー 計6話出演
Titans/タイタンズ
Titans
ロボットマン 声の出演
第1シーズン第4話「ドゥームパトロール」
黒田崇矢
2019- ドゥーム・パトロール
Doom Patrol
クリフ・スティール / ロボットマン 声の出演(ロボットマン)

テレビアニメ[編集]

参照[編集]

  1. ^ BBC - Films - Brendan Fraser”. BBC. 2008年2月27日閲覧。
  2. ^ : Upper Canada College
  3. ^ Nast, Condé (2018年2月22日). “Brendan Fraser on His Comeback, Disappearance, and the Experience that Nearly Ended His Career” (英語). GQ. 2022年9月7日閲覧。
  4. ^ ELLE (2018年2月23日). “ブレンダン・フレイザー、映画界から姿を消したのはセクハラを受けたせいだった” (日本語). ELLE. 2022年9月7日閲覧。
  5. ^ 朝倉健人 (2018年2月26日). “『ハムナプトラ』主演俳優、セクハラされてウツ状態に…ハリウッドから姿を消した理由”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0098729 2021年10月26日閲覧。 
  6. ^ America, Good Morning. “Brendan Fraser says he has his own #MeToo story” (英語). Good Morning America. 2022年9月7日閲覧。
  7. ^ Nast, Condé (2018年6月6日). “UPDATED: Brendan Fraser Says the HFPA Denied His Claims of Sexual Harassment” (英語). GQ. 2022年9月7日閲覧。
  8. ^ ブレンダン・フレイザー、セクハラ被害を冗談扱いされ怒り (2018年6月8日)” (日本語). エキサイトニュース. 2022年9月7日閲覧。
  9. ^ Ryoko, Oh (2022年9月7日). “うつ症状から復活。俳優ブレンダン・フレイザー、ヴェネツィア国際映画祭で6分間にわたる拍手喝采を受け涙” (日本語). Esquire. 2022年9月10日閲覧。
  10. ^ “Mummy Star Brendan Fraser, Wife Split After Nine Years” (英語). US Magazine. (2007年12月27日). オリジナルの2008年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080421083536/http://www.usmagazine.com/brendan_fraser_wife_split_after_nine_years 2008年8月24日閲覧。 
  11. ^ “ブレンダン・フレイザー、結婚9年目で破局”. シネマトゥデイ. (2007年12月31日). https://www.cinematoday.jp/page/N0012411 2012年12月25日閲覧。 

外部リンク[編集]