ジェイミー・ベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイミー・ベル
Jamie Bell
Jamie Bell
2011年
本名 Andrew James Matfin Bell
生年月日 (1986-03-14) 1986年3月14日(31歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ノース・ヨークシャー州ビリングハム
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 エヴァン・レイチェル・ウッド (2012 - 2014)
主な作品
リトル・ダンサー
キング・コング

アンドリュー・ジェームズ・マットフィン・“ジェイミー”・ベル(Andrew James Matfin "Jamie" Bell, 1986年3月14日 - )は、イギリス俳優

来歴[編集]

イングランドノース・ヨークシャー州ビリングハム出身。ジェイミーが生まれる前に両親は離婚。[1][2]母・祖母・叔母・姉妹はダンサー。その影響により6歳でバレエを始め[3]、9歳の時に演技を学び始める。

2000年にスティーブン・ダルドリー監督の『リトル・ダンサー』で、約2000人の中から主人公ビリー・エリオット役に選ばれて映画デビュー。同作品でバレエダンサーを目指す少年を演じて高い評価を得て、英国アカデミー賞 主演男優賞英国インディペンデント映画賞新人俳優賞を受賞する。

その後、イギリスだけでなくハリウッドの大作にも出演するようになっている。

私生活[編集]

現在はニューヨーク在住。グリーン・デイのミュージックビデオ「Wake Me Up When September Ends」で共演したエヴァン・レイチェル・ウッドと交際[4]。一度破局したものの復縁し、2012年10月、彼女と結婚した[5]。2人の間には2013年に男児が誕生した[6]。2014年5月、ベルとウッドは別居したことを公表[7]、その後離婚した[8]アーセナルFCのファン[9]

2015年より、映画『ファンタスティック・フォー』で共演したケイト・マーラと交際を始め、2017年1月に婚約が報じられた[10]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
2000 リトル・ダンサー
Billy Elliot
ビリー・エリオット
2002 デス・フロント
Deathwatch
チャーリー・シェイクスピア
ディケンズのニコラス・ニックルビー
Nicholas Nickleby
スマイク
2004 アンダートウ 決死の逃亡
Undertow
クリス・マン
2005 ディア・ウェンディ
Dear Wendy
ディック・ダンデライオン
キング・コング
King Kong
ジミー
2006 父親たちの星条旗
Flags of Our Fathers
ラルフ・“イギー”・イグナトウスキー
2008 ジャンパー
Jumper
グリフィン・オコナー
ディファイアンス
Defiance
アザエル・ビエルスキ
2011 第九軍団のワシ
The Eagle
エスカ
リトリート・アイランド
Retreat
ジャック
ジェーン・エア
Jane Eyre
ジョン・リバーズ
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
The Adventures of Tintin: Secret of the Unicorn
タンタン
2012 崖っぷちの男
Man on a Ledge
ジョーイ・キャシディ
2013 スノーピアサー
Snowpiercer
エドガー
フィルス
Filth
レイ・レノックス
ニンフォマニアック
Nymphomaniac
K
2015 ファンタスティック・フォー
Fantastic Four
ベン・グリム / ザ・シング
2017 6日間
6 Days
ラスティ・ファーミン上等兵

ミュージック・ビデオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Jamie's dance to fame”. BBC News. (2001年2月6日). http://news.bbc.co.uk/1/low/entertainment/1154689.stm 2010年5月5日閲覧。 
  2. ^ Jamie's next step; Jamie Bell shot to stardom at 13 as Billy Elliot. With his new film 'Nicholas Nickleby' about to be released, the Teesside teenager talks to Lydia Slater about girlfriends, hating Hollywood and those tabloid rumours.”. Highbeam.com. London: The Evening Standard (2003年6月20日). 2010年8月3日閲覧。
  3. ^ Pearce, Garth (2008年6月1日). “On the move Jamie Bell”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/men/article4030105.ece 2010年5月5日閲覧。 
  4. ^ EVAN RACHEL WOOD - WOOD CONFIRMS BELL ROMANCE
  5. ^ “『リトル・ダンサー』の名子役ジェイミー・ベルが結婚! お相手は女優エヴァン・レイチェル・ウッド”. シネマトゥデイ. (2012年11月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0047381 2013年1月5日閲覧。 
  6. ^ Eggenberger, Nicole (2013年7月29日). “Evan Rachel Wood Welcomes Baby Boy With Jamie Bell!”. Us Weekly. 2013年7月30日閲覧。
  7. ^ Blumm, K.C. (2014年5月28日). “Evan Rachel Wood and Jamie Bell Separate”. People. 2014年5月28日閲覧。
  8. ^ 『リトル・ダンサー』ジェイミー・ベル、結婚1年半で離婚”. 2017年6月23日閲覧。
  9. ^ Agius, Lorenzo. '"Stephen Spielberg Changed My Life"'. Radio Times, 26 March 2011, page 46.
  10. ^ ケイト・マーラ&ジェイミー・ベルが婚約”. 2017年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]