ミステリー、アラスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミステリー、アラスカ
Mystery, Alaska
監督 ジェイ・ローチ
脚本 デビッド・E・ケリー
ショーン・オバーン
製作 デビッド・E・ケリー
ハワード・ボールドウィン
製作総指揮 ダン・コルスラッドドイツ語版
出演者 ラッセル・クロウ
バート・レイノルズ
音楽 カーター・バーウェル
撮影 ピーター・デミング
編集 ジョン・ポール
製作会社 ハリウッド・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年10月1日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $28,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$8,891,623[2]
テンプレートを表示

ミステリー、アラスカ』(英語: Mystery, Alaska)は、1999年制作のアメリカ映画日本では劇場未公開。アラスカ州の「ミステリー」という小さな町を舞台にしたアイスホッケーを扱ったスポーツコメディ映画

あらすじ[編集]

アラスカ州の小さな町「ミステリー」。ここで暮らす人々の娯楽は、夜の楽しみと毎週土曜日に凍った池で行うアイスホッケーの試合。 町の住民全ての注目を集める存在であり、メンバーは憧れの存在である。 10人くらいしか選手はおらず、毎回くじで4人4人にわかれて試合をしている。 ある日、この町にビッグニュースが飛び込んで来る。

かつてこの町を棄てて都会に出ていったチャールズがスポーツジャーナリストとなって、一流スポーツ紙にこの町のアイスホッケーチームを特集した記事を掲載したのだ。さらに、彼はなんとナショナル・ホッケーリーグの名門チームであるニューヨーク・レンジャースを招待し、親善試合を行うというのだ。そして、その模様は全米に生中継されるという。

町長はじめ、町民は期待と不安に大混乱しながらも、地元の保安官でありホッケー選手でもあるジョン・ビービィを中心に準備を進めて行くが…。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

出典[編集]

外部リンク[編集]