ドクトル・ジバゴ (1965年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドクトル・ジバゴ
Doctor Zhivago
Trailer-Doctor Zhivago-Yuri Zhivago and Lara.JPG
監督 デヴィッド・リーン
脚本 ロバート・ボルト
原作 ボリス・パステルナーク
製作 カルロ・ポンティ
製作総指揮 アービッド・グリフェン
出演者 オマー・シャリフ
ジュリー・クリスティ
音楽 モーリス・ジャール
撮影 フレディ・ヤング
ニコラス・ローグ
編集 ノーマン・サベージ
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1965年12月22日
日本の旗 1966年6月18日
上映時間 197分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
製作費 $11,000,000
興行収入 $111,721,910[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
配給収入 1億6900万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ドクトル・ジバゴ』(Doctor Zhivago)は、1965年アメリカイタリアによる合作映画[3]。ジャンルは恋愛ドラマ

原作はロシアの作家、ボリス・パステルナークによる同名小説「ドクトル・ジバゴ」。

モーリス・ジャールによる挿入曲「ラーラのテーマ」が有名。米アカデミー賞で5部門を受賞した。

現在、DVD発売中。大作であることから2枚組となり、1枚目(片面2層)にイントロダクションと本編の前半、2枚目は珍しい両面1層でA面に本編の後半、B面に豪華特典が収録された。

ロシア国内で映画公開されるのは、1994年である[4]

ストーリー[編集]

ロシア革命の渦中に生きた医者ジバゴの、ふたりの女性ラーラとトーニャへの愛を描く。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ版 テレビ朝日版 ソフト版
ユーリー・ジバゴ オマー・シャリフ 伊藤孝雄 山本圭 木下浩之
ラーラ ジュリー・クリスティ 二階堂有希子 鈴木弘子 大坂史子
トーニャ ジェラルディン・チャップリン 梨羽侑里 都築香弥子
パーシャ トム・コートネイ 富山敬 咲野俊介
エフグラフ アレック・ギネス 山内雅人 阪脩
ヴィクトル・コマロフスキー ロッド・スタイガー 富田耕生 内海賢二
アンナ ショブハン・マッケンナ 斉藤昌 竹村叔子
アレクサンドル ラルフ・リチャードソン 福田豊土 大木民夫

受賞[編集]

撮影地[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Doctor Zhivago”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月7日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)231頁
  3. ^ ドクトル・ジバゴ (1965)allcinema 2018年4月5日閲覧。
  4. ^ ワーナー・ホーム・ビデオDVDディスク2サイドBメイキング・オブ・ジバゴチャプター20恋愛物語
  5. ^ Doctor Zhivago 著者:Ian Christie - googlebooks

外部リンク[編集]