陽のあたる場所 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陽のあたる場所
A Place in the Sun
A Place in the Sun (1951 poster).jpg
公開時のポスター
監督 ジョージ・スティーヴンス
脚本 マイケル・ウィルソン
ハリー・ブラウン英語版
原作 セオドア・ドライサー
アメリカの悲劇英語版
製作 ジョージ・スティーヴンス
出演者 モンゴメリー・クリフト
エリザベス・テイラー
シェリー・ウィンタース
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ウィリアム・C・メラー英語版
編集 ウィリアム・ホーンベック英語版
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1951年8月14日(ロサンゼルス、プレミア上映)
日本の旗 1952年9月24日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2,295,304ドル
興行収入 3,500,000ドル(北米市場配給収入)
テンプレートを表示
モンゴメリー・クリフト

陽のあたる場所』(ひのあたるばしょ、A Place in the Sun)は、1951年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はジョージ・スティーヴンス、出演はモンゴメリー・クリフトエリザベス・テイラーシェリー・ウィンタースなど。1931年ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督によって映画化英語版されたセオドア・ドライサーの1925年の小説『アメリカの悲劇英語版』の再映画化である[1]。製作開始は1949年[要出典]

ストーリー[編集]

ジョージ・イーストマンは母子2人きりの貧しい家に育ち、ホテルでボーイをしていたが、水着製造工場を経営している伯父のチャールズ・イーストマンに会い、彼の工場に職を得る。伯父の家で社交界の花アンジェラ・ヴィカースに会い、心を惹かれるが、身分違いの遠い存在に思う。同じ職場にいたアリス・トリップは身よりのない娘で、映画館でふと隣合わせになり、女性の多い職場で社員の交際が禁じられていたにもかかわらず、2人の仲は急に深まる。伯父の家のパーティに招かれ昇進の機会を与えられたジョージは、アンジェラと再会して親しくなると彼女に「会った時から好きだった、もしかしたら会う前から好きだった」(I love you. I've loved you since the first moment I saw you. I guess maybe I've even loved you before I saw you.)と告白する。彼女もまたジョージの純真さに惹かれる。その日はジョージの誕生日で、アリスはささやかな祝宴の準備をして待っていたが、遅刻してアイスクリームが溶けてしまう。ジョージは妊娠した彼女に堕胎をすすめるが、医者は引き受けてくれなかった。アンジェラとジョージは夏を別荘でともに過ごす仲になり、アンジェラの両親も2人の仲を認めるようになる。アリスからの電話があり、ジョージは母の急病と偽って別荘を出る。アリスは結婚を迫り、承諾しなければ自分との間を公にすると脅す。ジョージは仕方なく、アリスと結婚の手続きをするために裁判所に向かうが、「労働者の日」で窓口が閉まっていた。するとジョージはアンジェラとの結婚の妨げになるアリスを溺死させようと、彼女を湖に誘う。ところが、アリスのひたむきな愛情を知り、彼女を溺死させる気持ちを失う。アリスは逆に恐怖にかられ、ボートの上で立ち上がったため、ボートが転覆、アリスは溺死する。ジョージは裁判にかけられ、殺意のあったことを認めたが、犯行は否定する。しかし、裁判では有罪とされ、死刑が宣告される。収監されているジョージを訪ねた母と牧師は、ジョージが実際に殺人を犯したか否かにかかわらず、アリスの死を望んだジョージの心に罪があるとして死刑を受け入れるように諭す。ジョージはそれを受け入れる。死刑を前にアンジェラがジョージを訪ねる。生涯ジョージを愛すると言うアンジェラにジョージは自分が死んだら忘れるように言う。そして死刑執行の日、アンジェラとのキスを思い出しながらジョージは死刑台に向かう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
東京12ch TBS 正規DVD PDDVD ?版
ジョージ・イーストマン モンゴメリー・クリフト 大塚周夫 井上真樹夫 川本克彦 藤原啓治
アンジェラ・ヴィッカース エリザベス・テイラー 鈴木弘子 中村千絵 紗ゆり
アリス・トリップ シェリー・ウィンタース 富永美沙子 谷育子 よのひかり 水城蘭子
ハンナ・イーストマン アン・リヴィア 竹口安芸子 棚田恵美子
フランク・マーロウ検事 レイモンド・バー 福田信昭 新垣樽助
チャールズ・イーストマン ハーバート・ヘイス英語版 千葉耕市 芦澤孝臣
ルイーズ・イーストマン キャスリン・ギブニー英語版 萩柚月
アンソニー・ビッカース シェパード・ストラドウィック英語版 家弓家正

スタッフ[編集]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「ジョージ・スティーヴンス監督が『陽のあたる場所』を荘厳に演出したことで原作小説のニュアンスの一部は切れ味の悪い道徳的なものに変えられてしまったが、モンゴメリー・クリフトと共演者たちによる素晴らしい演技がこのドラマに強烈なパンチを与えている。」であり、35件の評論のうち高評価は80%にあたる28件で、平均点は10点満点中7.4点となっている[2]Metacriticによれば、11件の評論のうち、高評価は8件、賛否混在は3件、低評価はなく、平均点は100点満点中76点となっている[3]

受賞歴[編集]

部門 候補者 結果
アカデミー賞 作品賞 ジョージ・スティーヴンス ノミネート
監督賞 ジョージ・スティーヴンス 受賞
主演男優賞 モンゴメリー・クリフト ノミネート
主演女優賞 シェリー・ウィンタース ノミネート
撮影賞(白黒) ウィリアム・C・メラー 受賞
脚色賞 マイケル・ウィルソン、ハリー・ブラウン 受賞
作曲賞 フランツ・ワックスマン 受賞
衣裳デザイン賞(白黒) イーディス・ヘッド 受賞
編集賞 ウィリアム・ホーンベック 受賞
ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門) 『陽のあたる場所』 受賞
監督賞 ジョージ・スティーヴンス ノミネート
主演女優賞(ドラマ部門) シェリー・ウィンタース ノミネート
撮影賞(白黒) ウィリアム・C・メラー ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞英語版 作品賞 『陽のあたる場所』 受賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 再放送1971年9月14日『火曜ロードショー』他。

出典[編集]

  1. ^ アメリカの悲劇 - allcinema
  2. ^ A Place in the Sun” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年9月4日閲覧。
  3. ^ A Place in the Sun Reviews” (英語). Metacritic. 2021年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]