陽のあたる場所 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陽のあたる場所
A Place in the Sun
監督 ジョージ・スティーヴンス
脚本 マイケル・ウィルソン
ハリー・ブラウン
原作 セオドア・ドライサー
アメリカの悲劇
製作 ジョージ・スティーヴンス
出演者 モンゴメリー・クリフト
エリザベス・テイラー
シェリー・ウィンタース
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ウィリアム・C・メラー
編集 ウィリアム・ホーンベック
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1951年8月14日(ロサンゼルス、プレミア上映)
日本の旗 1952年9月24日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2,295,304ドル
興行収入 3,500,000ドル(北米市場配給収入)
テンプレートを表示

陽のあたる場所』(A Place in the Sun)は、1949年に製作が開始され、1951年に公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

1931年ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督によって映画化されたセオドア・ドライサーの小説『アメリカの悲劇』の再映画化であり、ジョージ・スティーヴンスが監督、モンゴメリー・クリフトエリザベス・テイラーシェリー・ウィンタースが主演した。

ジョージ・イーストマンは母子2人きりの貧しい家に育ち、ホテルでボーイをしていたが、水着製造工場を経営している伯父のチャールズ・イーストマンに会い、彼の工場に職を得る。伯父の家で社交界の花アンジェラ・ヴィカースに会い、心を惹かれるが、身分違いの遠い存在に思う。同じ職場にいたアリス・トリップは身よりのない娘で、映画館でふと隣合わせになり、女性の多い職場で社員の交際が禁じられていたにもかかわらず、2人の仲は急に深まる。伯父の家のパーティに招かれ昇進の機会を与えられて、アンジェラと再会。「会った時から好きだった、もしかしたら会う前から好きだった」(I love you. I've loved you since the first moment I saw you. I guess maybe I've even loved you before I saw you.)という。彼女はジョージの純真さに惹かれる。その日はジョージの誕生日で、アリスはささやかな祝宴の準備をして待っていたが、遅刻してアイスクリームが溶けてしまう。ジョージは妊娠した彼女に堕胎をすすめるが、医者は引き受けてくれなかった。アンジェラとジョージは夏を別荘に過ごす仲になっていき、アンジェラの両親も2人の仲を許していた。アリスからの電話があり、ジョージは母の急病と偽って別荘を出る。アリスは結婚を迫り、承諾しなければ自分との間を公にすると脅した。翌日、出世の妨げになるアリスを溺死させようと、彼女を湖に誘う。ところが、アリスのひたむきな愛情を知り、彼女を溺死させる気持ちを失う。アリスは逆に恐怖にかられ、ボートの上に立ち上がったため、ボートが転覆、アリスは溺死する。ジョージは裁判にかけられ、殺意のあったことを認めたが、犯行は否定する…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督/製作:ジョージ・スティーヴンス
  • 脚本:マイケル・ウィルソン、ハリー・ブラウン
  • 音楽:フランツ・ワックスマン
  • 撮影:ウィリアム・C・メラー
  • 編集:ウィリアム・ホーンベック
  • 美術:ハンス・ドライアー、ウォルター・H・タイラー
  • 装置:エミール・クリ
  • 衣裳:イーディス・ヘッド

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

部門 候補者 結果
アカデミー賞 作品賞 ジョージ・スティーヴンス ノミネート
監督賞 ジョージ・スティーヴンス 受賞
主演男優賞 モンゴメリー・クリフト ノミネート
主演女優賞 シェリー・ウィンタース ノミネート
撮影賞(白黒) ウィリアム・C・メラー 受賞
脚色賞 マイケル・ウィルソン、ハリー・ブラウン 受賞
作曲賞 フランツ・ワックスマン 受賞
衣裳デザイン賞(白黒) イーディス・ヘッド 受賞
編集賞 ウィリアム・ホーンベック 受賞
ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門) 『陽のあたる場所』 受賞
監督賞 ジョージ・スティーヴンス ノミネート
主演女優賞(ドラマ部門) シェリー・ウィンタース ノミネート
賞撮影賞(白黒) ウィリアム・C・メラー ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー 作品賞 『陽のあたる場所』 受賞

外部リンク[編集]