愛と追憶の日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛と追憶の日々
Terms of Endearment
監督 ジェームズ・L・ブルックス
脚本 ジェームズ・L・ブルックス
原作 ラリー・マクマートリー
製作 ジェームズ・L・ブルックス
出演者 シャーリー・マクレーン
デブラ・ウィンガー
ジャック・ニコルソン
ジョン・リスゴー
音楽 マイケル・ゴア
撮影 アンジェイ・バートコウィアク
編集 リチャード・マークス
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年11月23日
日本の旗 1984年2月25日
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $8,000,000[1]
興行収入 $108,423,489[1] アメリカ合衆国の旗
次作 夕べの星
テンプレートを表示

愛と追憶の日々』(Terms of Endearment)は、1983年公開のアメリカ映画ラリー・マクマートリーの同名小説を原作としてジェームズ・L・ブルックスが監督、製作、脚色を担当したドラマ。

第56回アカデミー賞作品賞ならびに第41回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。

1996年の『夕べの星』はエマの遺児たちとオーロラの後日談を描いた続編。

ストーリー[ソースを編集]

オーロラとエマはちょっと変わった親子だ。母オーロラは、エマの結婚相手である大学教師のフラップに不満を持ち、祝福の言葉を言わない。罵り合いながらも深いところで愛し合うこの親子も、エマが嫁いだのを機に、離れて暮らすことになる。エマとフラップはダブル不倫、未亡人オーロラは隣の元宇宙飛行士ギャレットと束の間の恋。しかしある日エマに深刻な事態が……。

キャスト[ソースを編集]

※括弧内は日本語吹替[2](ソフト未収録)

スタッフ[ソースを編集]

受賞・ノミネート[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b Terms of Endearment (1983)”. Box Office Mojo. 2010年1月12日閲覧。
  2. ^ 初放送1986年10月24日 日本テレビ金曜ロードショー』。

外部リンク[ソースを編集]