女と男の名誉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女と男の名誉
Prizzi's Honor
監督 ジョン・ヒューストン
脚本 リチャード・コンドン
ジャネット・ローチ
原作 リチャード・コンドン
製作 ジョン・フォアマン
出演者 ジャック・ニコルソン
キャスリーン・ターナー
音楽 アレックス・ノース
撮影 アンジェイ・バートコウィアク
編集 カジャ・フェア
ルディ・フェア
製作会社 ABCモーション・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 日本へラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年6月14日
日本の旗 1985年9月28日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $26,657,534[1]
テンプレートを表示

女と男の名誉』(おんなとおとこのめいよ、Prizzi's Honor)は、1985年に公開されたアメリカ合衆国犯罪コメディ映画リチャード・コンドンの1982年の小説をコンドン自らの脚色(ジャネット・ローチと共同脚本)でジョン・ヒューストン監督により映画化したブラックコメディである。

あらすじ[編集]

ニューヨークシチリア・マフィアであるプリッツィ・ファミリーで殺し屋として働いているチャーリーは、ドンの孫娘の結婚式でアイリーンに一目惚れする。ほどなくチャーリーとアイリーンは愛し合うようになるが、実はアイリーンはフリーランスの殺し屋で、ファミリーから金を奪い取った張本人だったのだ。その事実にショックを受けつつもアイリーンの言い訳を信じたチャーリーはアイリーンと結婚する。その後、ドンの命令でアイリーンは奪った金を利子を付けて返すことになる。

ある日、ファミリーが大株主となっている銀行の頭取フェラージが横領を働いていることが明らかになり、チャーリーはフェラージの誘拐を命じられる。アイリーンのアイデアで誘拐自体は成功するものの、偶然に犯行現場に居合わせた警部の妻を、顔を見られたアイリーンが射殺してしまったため、これまでファミリーとは「協力」関係にあった警察もプリッツィをはじめとするマフィアへの締め付けを強める。これにより、巻き添えを食った他のマフィアはプリッツィ・ファミリーに反発を示すようになる。

一方、ドンの長男ドミニクの娘で、チャーリーの元婚約者であるメイローズは、チャーリーへの嫉妬と恨みからドミニクにチャーリーから暴行を受けた過去があると告げる。かねてよりチャーリーを快く思っていなかったドミニクは、チャーリーの結婚相手と知らずにアイリーンにチャーリー殺害を依頼する。チャーリーとアイリーンは、チャーリーの父でファミリーの相談役であるアンジェロに相談し、ドミニクの件でファミリーと交渉することにする。しかし、その最中にドミニクは何者かに暗殺され、結果としてドンの後継者にチャーリーが指名される。これにより、チャーリーとアイリーンの立場は安泰になったかと思われたが、アイリーンは以前ドンの命令で利子付きで返した金を全て返して欲しいと言い出す。これに対し、ファミリーは警部の妻を殺害した犯人としてアイリーン(の死体)を警察に差し出すことを決め、アイリーンの殺害をチャーリーに命じる。愛する妻を殺せるわけがないと拒むチャーリーだったが、ファミリー以外に自分の居場所がないチャーリーは、結局、ファミリーの名誉を守るため、命令に従うことを決め、その場でアイリーンに電話をして会う約束を取り付ける。しかし、アイリーンはその電話の内容から自分の身が危ないことに気付く。チャーリーがアイリーンのもとにやって来て、2人は何事もなかったかのように愛を確かめ合う一方で相手を殺す準備を密かに進める。そして、遂に殺し合いとなり、アイリーンが死ぬ。生き残ったチャーリーはメイローズのもとに戻り、メイローズの「名誉」は取り戻される。

キャスト[編集]

チャーリー・パルタンナ
演 - ジャック・ニコルソン、日本語吹替 - 田口計
プリッツィ・ファミリーの殺し屋。イタリア(シチリア)系。
アイリーン・ウォーカー
演 - キャスリーン・ターナー、日本語吹替 - 田島令子
フリーランスの殺し屋。ポーランド系。
エドアルド・プリッツィ
演 - ロバート・ロッジア、日本語吹替 - 金井大
ドンの次男。弁護士。女好きのプレイボーイ。
アンジェロ・"パパ"・パルタンナ
演 - ジョン・ランドルフ、日本語吹替 - 山内雅人
チャーリーの父親。ファミリーの相談役。チャーリーの誕生とともに妻を亡くす。
コラード・プリッツィ
演 - ウィリアム・ヒッキー、日本語吹替 - 納谷悟朗
ファミリーのドン。チャーリーの名付け親で彼を我が子のように可愛がる。
ドミニク・プリッツィ
演 - リー・リチャードソン、日本語吹替 - 加藤精三
ドンの長男。娘メイローズを捨てたチャーリーを憎む。
ロザリオ・フェラージ(フィンレイ)
演 - マイケル・ロンバード
プリッツィ家が大株主である銀行の頭取。
メイローズ・プリッツィ
演 - アンジェリカ・ヒューストン、日本語吹替 - 此島愛子
ドミニクの娘。チャーリーの幼なじみで元婚約者。ファミリーから勘当されている。チャーリーに想いを残す。
プランバー
演 - ジョージ・サントピエトロ
ハンレー警部補
演 - ローレンス・ティアニー
ファミリーから賄賂をもらっている警察官。スキンヘッド。
ピーチズ・アルタモント
演 - CCH・パウンダー
メイローズのメイド。
マークシー・ヘラー
演 - ジョセフ・ラスキン
ファミリーの金を持ち逃げした男。チャーリーに殺される。実はアイリーンの夫。
兵士
演 - スタンリー・トゥッチ

原作との違い[編集]

映画賞受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 作品賞 ノミネート
監督賞 ジョン・ヒューストン
主演男優賞 ジャック・ニコルソン
助演男優賞 ウィリアム・ヒッキー
助演女優賞 アンジェリカ・ヒューストン 受賞
脚色賞 リチャード・コンドン
ジャネット・ローチ
ノミネート
編集賞 カジャ・フェア
ルディ・フェア
衣裳デザイン賞
ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
監督賞 ジョン・ヒューストン
脚本賞 リチャード・コンドン
ジャネット・ローチ
ノミネート
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ジャック・ニコルソン 受賞
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) キャスリーン・ターナー
助演女優賞 アンジェリカ・ヒューストン ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞 作品賞 受賞
監督賞 ジョン・ヒューストン
主演男優賞 ジャック・ニコルソン
助演女優賞 アンジェリカ・ヒューストン
ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演女優賞 アンジェリカ・ヒューストン 受賞
全米映画批評家協会賞 監督賞 ジョン・ヒューストン 受賞
主演男優賞 ジャック・ニコルソン
助演女優賞 アンジェリカ・ヒューストン
ボストン映画批評家協会賞 英語映画賞 受賞
監督賞 ジョン・ヒューストン
主演男優賞 ジャック・ニコルソン
助演女優賞 アンジェリカ・ヒューストン

脚注[編集]

  1. ^ Prizzi's Honor (1985)” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]