トッツィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トッツィー
Tootsie
監督 シドニー・ポラック
脚本 ラリー・ゲルバート
マレー・シスガル
原案 ラリー・ゲルバート
ドン・マクガイア
製作 シドニー・ポラック
ディック・リチャーズ
製作総指揮 チャールズ・エヴァンス
出演者 ダスティン・ホフマン
ジェシカ・ラング
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 オーウェン・ロイズマン
編集 フレドリック・スタインカンプ
ウィリアム・スタインカン
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年12月1日
日本の旗 1983年4月16日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $21,000,000[1]
興行収入 $177,200,000[1]
配給収入 9億9000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

トッツィー』(Tootsie)は、1982年に公開されたアメリカ合衆国コメディ映画

ストーリー[編集]

40歳になろうかという俳優のマイケル・ドーシーは、その完璧主義が災いして周りと上手くいかず、どこからも雇ってもらえなくなってしまう。4ヶ月仕事がなかったある日、演劇の生徒サンディが病院を舞台にしたソープ・オペラオーディションを受けるというのでついて行くが、サンディは落とされてしまう。

翌日どうしても納得できないマイケルは女装し、"ドロシー・マイケルズ" としてそのオーディションに乗り込んだところ、プロデューサーのリタに気に入られ合格してしまい、タフな病院経営者という役を得る。マイケルはエージェントのジョージに交渉して女装用の衣装代を捻出してもらい、ドラマ出演のギャラを自らの舞台公演の資金にあてがい、サンディにも与えひとまず安心させると同時に肉体関係も持ってしまう。その一方でマイケルは看護師役の女優ジュリーに惹かれるが、ジュリーが横柄なディレクターのロンと交際しているのが気にかかる。

ある日ジュリーに台本の読み合わせを頼まれたマイケルはドロシーとして彼女の家に向かい、そこでジュリーが未婚の母であることを知る。ドロシーの正体を知らないジュリーは女同士として接し話し込んでいるうちに、マイケルはサンディと夕食の約束をしていたことを思い出し、彼女の元へ急ぐが、一旦女装のままアパートに帰ったのを見られたことでマイケルがドロシーと関係があるのではないかと疑われる。ジュリーはドロシーを実家に招待し父親レスを紹介し、レスはドロシーにいかれてしまう。

やがてドラマの役柄が受け、色々な雑誌の表紙を飾るなど、ドロシーは一躍スターとなってしまう。ジュリーはロンと別れることをドロシーに相談し、思い余ったドロシーはジュリーにキスしようとして、レズビアンと疑われてしまう。しかもレスからは求婚される、サンディに「他に好きな人ができた」と打ち明けると散々に罵られる、もう女優であることに耐えられなくなったマイケルは、番組のライヴ放送中、エミリーは本当は男であったと暴露し、カメラの前で女装をかなぐり捨てる。その後、マイケルは男としてジュリーに会い、彼女も彼の愛を受け入れる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 フジテレビ版 機内上映版
マイケル・ドーシー/ドロシー・マイケルズ ダスティン・ホフマン 山寺宏一 小松政夫 野沢那智
ジュリー・ニコルズ ジェシカ・ラング 弓場沙織 高島雅羅
サンディ・レスター テリー・ガー 渡辺美佐 藤田淑子
ロン・カーライル ダブニー・コールマン 石塚運昇 小林勝彦
レス・ニコルズ チャールズ・ダーニング 西村知道 富田耕生
ジェフ・スラッター ビル・マーレイ 青山穣 広瀬正志
ジョージ・フィールズ シドニー・ポラック 谷昌樹 田中康郎
ジョン・ヴァン・ホーン ジョージ・ゲインズ 小島敏彦 大木民夫
エイプリル・ペイジ ジーナ・デイヴィス 横尾まり
リタ・マーシャル ドリス・ベラック 瀬能礼子
フィル・ワイントローブ ロナルド・L・シュワリー 峰恵研
  • ソフト版 - BD&製作25周年アニバーサリー・エディションDVDに収録
  • フジテレビ版 - 初放送1987年4月25日 『ゴールデン洋画劇場

※ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント発売の「吹替洋画劇場」シリーズ 第6弾「コロンビア映画90周年記念『トッツィー』デラックス エディション」Blu-rayには本編ディスクとは別に、HD放映版の映像を使用してフジテレビ版(約94分)の吹き替え版を収録した特典ディスクが付属している。なお、フジテレビの初回放送ではドロシーがジュリーの実家でピアノを演奏するシーンがあったが、Blu-rayではカットされている。

受賞[編集]

備考[編集]

  • "tootsie" とはアメリカ英語の俗語で、親しみを込めて女性に呼びかける時に使う言葉。「お嬢さん」「かわいこちゃん」「ねえちゃん」などにあたる。

脚注[編集]

  1. ^ a b Tootsie (1982)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月23日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)420頁

外部リンク[編集]