歌え!ロレッタ愛のために

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
歌え!ロレッタ愛のために
Coal Miner's Daughter
監督 マイケル・アプテッド
脚本 トム・リックマン
原案 ロレッタ・リン
ジョージ・ヴェクシー
製作 バーナード・シュワルツ
製作総指揮 ボブ・ラーソン
出演者 シシー・スペイセク
音楽 オウエン・ブラッドリー
撮影 ラルフ・D・ボード
編集 アーサー・シュミット
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年3月7日
日本の旗 1981年6月6日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $67,182,787[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

歌え!ロレッタ愛のために』(原題: Coal Miner's Daughter)は、1980年アメリカ映画カントリー歌手ロレッタ・リンの半生を描いた伝記映画

第53回アカデミー賞では作品賞を含む7部門にノミネートされ、シシー・スペイセク主演女優賞を受賞[2]。劇中の歌を吹き替えなしでみごとに歌っている[3]

ストーリー[編集]

ケンタッキー州のブッチャー・ホーラーで、貧しい炭鉱夫の家に生まれたロレッタ(シシー・スペーセク)は、13歳で結婚した。夫のドゥーリトル・リン(トミー・リー・ジョーンズ )が炭鉱の仕事を嫌ったために、愛する親兄弟と別れて村を出たが、貧乏暮しは相変わらずで、結婚指輪さえ持っていなかった。 18歳で4人の子持ちとなったロレッタは、結婚記念日に指輪をねだった。だが、夫が買ってきたのは、なぜか中古のギターだった。独学でギターを学んだロレッタは、身近な愛や葛藤を題材に、家でオリジナルのカントリー・ウエスタンを歌うようになった。

妻の才能に気づいたドゥーリトルは、ロレッタの歌をレコードに吹き込み、田舎町のラジオ局を回って売り込みを開始した。ロレッタの歌は評判を呼び、やがて、カントリー界の女王パッツィ・クラインと組んでツアーを行うまでになる。しかし、スタッフを引き連れたパッツィのツアーに、夫ドゥーリトルの居場所はなかった。

酒に溺れたドゥーリトルは、ロレッタと距離を置き、郊外の屋敷で子供たちと暮らす道を選んだ。ロレッタも、あえて夫を引き留めようとはしなかった。女王パッツィの事故死によって、カントリー界の頂点に立つロレッタ。だが、孤独で過酷なツアーの日々はロレッタの神経をすり減らして行った。舞台に立っても歌えなくなるロレッタ。そんな彼女を救ったのは、不器用だが心優しい夫ドゥーリトルだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

サウンド・トラック[編集]

  • In the Pines シシー・スペイセク (劇中歌補遺)

受賞/ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞[5] 作品賞 ノミネート
主演女優賞 シシー・スペイセク 受賞
脚色賞 トム・リックマン ノミネート
撮影賞 ラルフ・デトラー・ボード ノミネート
美術監督・装置賞 ジョン・W・コーソ
ジョン・M・ドワイヤー
ノミネート
音響賞 ノミネート
編集 ノミネート
全米映画批評家協会賞[6] 主演女優賞 シシー・スペイセク 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞[7] 主演女優賞 シシー・スペイセク 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞[8] 主演女優賞 シシー・スペイセク 受賞
ゴールデングローブ賞[9] 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) シシー・スペイセク 受賞

脚注[編集]

  1. ^ Coal Miner's Daughter (1980)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月14日閲覧。
  2. ^ 『アカデミー賞のすべて』 358頁、共同通信社、2007年。
  3. ^ 『アカデミー賞のすべて』 201頁。
  4. ^ Coal Miner's Daughter#Soundtracks IMDb 2017年9月9日閲覧。
  5. ^ 『アカデミー賞のすべて』 358頁。
  6. ^ 『アカデミー賞のすべて』 390頁。
  7. ^ >『アカデミー賞のすべて』 393頁。
  8. ^ >『アカデミー賞のすべて』 396頁。
  9. ^ 『アカデミー賞のすべて』 389頁。

外部リンク[編集]