続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画
Borat Subsequent Moviefilm: Delivery of Prodigious Bribe to American Regime for Make Benefit Once Glorious Nation of Kazakhstan
監督 ジェイソン・ウォリナー英語版
脚本
原案
  • サシャ・バロン・コーエン
  • アンソニー・ハインズ
  • ニーナ・ペドラド
  • ダン・スイマー
原作 キャラクター創造
サシャ・バロン・コーエン
製作
  • サシャ・バロン・コーエン
  • アンソニー・ハインズ
  • モニカ・レヴィンソン
製作総指揮
  • ピーター・ベイナム
  • バディー・エンライト
  • ニコラス・ハットン
  • ダン・メイザー英語版
  • スチュアート・ミラー
出演者
音楽 エラン・バロン・コーエン英語版[1]
撮影 ルーク・ガイスビューラー
編集
製作会社
  • フォー・バイ・トゥー・フィルムズ
  • オーク・スプリングス・プロダクションズ[2]
配給 アマゾン・スタジオ
公開
  • 2020年10月23日 (2020-10-23)
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ヘブライ語
ブルガリア語
ルーマニア語[注釈 1]
製作費 $10-20,000,000[4]
前作 ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習
テンプレートを表示

続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』(Borat Subsequent Moviefilm: Delivery of Prodigious Bribe to American Regime for Make Benefit Once Glorious Nation of Kazakhstan[注釈 2])は、ジェイソン・ウォリナー英語版監督による2020年のモキュメンタリーコメディ映画である。主演のサシャ・バロン・コーエンが架空のカザフスタン人ジャーナリストのボラット・サグディエフ英語版を演じ、マリア・バカローヴァ演じる娘のトゥーター英語版を第48代アメリカ合衆国副大統領マイク・ペンスへの貢ぎ物とするという内容である。2006年の映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』の続編である。

バロン・コーエンは2007年にボラット役から引退したと宣言していたが、2019年に再び扮装し、さらに2020年半ばに撮影が目撃されたことで2作目の憶測が浮上した。プロジェクトは2020年9月に正式に発表されてアマゾン・スタジオが配給権を獲得した。

2020年10月23日にプライム・ビデオで配信された。

プロット[編集]

ジャーナリストのボラット・サグディエフ英語版は『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』でカザフスタンに恥をかかせたことによって強制収容所に収監される。それから14年後、カザフスタン大統領のヌルスルタン・ナザルバエフによって釈放されたボラットはカザフ文化大臣のサルのジョニーをアメリカ大統領のドナルド・トランプに貢ぎ物として贈る使命を受ける。前回にトランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワーの造園で排便したためにトランプに会うことが出来ないボラットは代わりに副大統領のマイク・ペンスに猿を渡すことにする。出国前に彼は仲の悪い隣人一家が自宅を奪い、娘のトゥーターはその納屋に住まわされていることを知る。

貨物船による迂回ルートで世界中を旅した末にテキサス州に到着したボラットは自分が有名人であることに気付く。目立たないように行動したいボラットはいくつかの変装グッズを購入する。さらに彼は携帯電話を購入し、遅れて移送されてきたジョニーを迎えに行くが、密航していたトゥーターによってジョニーは食べられしまっている。ボラットはナザルバエフにファックスで報告するとペンスを満足させなければ処刑だと言われ、ならば代わりにトゥーターを貢ぎ物にすることを決める。

トゥーターはドレスアップされ、ボラットはデビュタント・ボール英語版で彼女を紹介する。しかし舞踏会で父娘で踊っている際にトゥーターは月経血を大勢の前で晒してしまう。ペンスが保守政治活動協議会のために付近にいることを知ったボラットはトランプの仮装をして潜り込み、トゥーターを贈ろうとするが警備員によってつまみ出される。失敗の報告を受けたナザルバエフは処刑のためにカザフスタン帰国をボラットに命じる。ボラットはトランプのもう1人の側近であるルディ・ジュリアーニにトゥーターを貢ぐことを提案し、首相から了承を受ける。

ジュリアーニが巨乳女性と不倫していたことを知ったボラットはトゥーターに美容整形と豊胸手術を受けさせようとする。ボラットは手術費用を調達しに行き、トゥーターはベビーシッターのもとに残される。ベビーシッターはトゥーターからボラットの性差別主義の教えを聞かされて混乱し、それが嘘であることを彼女に伝える。トゥーターは車を運転する女性を初めて見て驚き、さらに自慰行為をした後、自分の人生を抑圧し続けたボラットに怒り、手術をしないと言い出す。さらに彼女はホロコースト否認facebookページを引用してホロコーストは嘘であるとボラットに告げる。

動揺したボラットは自殺したくなり、銃乱射魔に狙われるようにステレオタイプのユダヤ人の仮装をして最寄りのシナゴーグに行く。そこでボラットはホロコースト生存者のユダヤ教徒と出会ったため、反ユダヤ主義である彼はホロコーストが事実だと知って喜ぶ。トゥーターを探しに行くボラットは街へ出かけるがそこはコロナウイルスの流行のために閑散としている。ボラットは2人のトランプ支持者の男と会った後、オンラインで娘を居所を調べる。ボラットはトゥーターがインターネット・ジャーナリストとして成功していることを知るとワシントン州オリンピアで開催されている「私たちの権利のための行進英語版」集会に潜り込む。

集会でトゥーターを見つけ出したボラットはジュリアーニへの貢ぎ物にならなければ処刑されてしまうと伝える。それを知った彼女はジュリアーニを誘惑するために父親抜きでの取材を申し込む。ボラットはベビーシッターと協議するとトゥーターへの愛に気付いて心境が変化し、インタビューに入り込んで彼女のジュリアーニへの性的行為を食い止める。ボラットはトゥーターと一緒に逃げ出し、カザフスタンで処刑されることを受け入れる。

だがボラットの処刑の中止が決まり、彼はカザフスタンを笑いものにした世界への報復としてナザルバエフに利用されたことを知る。ボラットはアメリカへを出発する前にカザフスタン政府によって「ジプシーの涙」と称されたSARS-CoV-2を注入されてCOVID-19パンデミックの0号患者に仕立て上げられ、世界中を旅させることによって無自覚にウイルスを散布させられていたのである。だがボラットはナザルバエフの陰謀を録音しており、携帯ショップの男へと送信する。

ボラットとトゥーターはナザルバエフを脅迫して祖国で仕事に復帰し、カザフスタンの女性嫌悪の法律も変える。トゥーターとボラットは取材班として新たなカザフスタンの文化となった「アメリカ人追い祭」を訪れる。それではトランプ支持者の仮装がCOVID-19を拡散し、アンソニー・ファウチの仮装を殺害する寸劇が披露される。

キャスト[編集]

カザフスタンのニュースレポーター。前作で世界中に恥を晒したためにカザフスタン政府により14年投獄された[5]
ボラットの15歳の娘。バカローヴァは当初は「イリナ・ノヴァク」とクレジットされていたが、後に「マリア・バカローヴァ」に変更された[6][7]。彼女は600人以上の女優のオーディションを勝ち抜いてキャスティングされた[8]
カザフスタン政府の大臣でポルノスターのサル[9]
  • 本人役 - トム・ハンクス、日本語吹替 - 山寺宏一
  • ヤマック博士 - マヌエル・ビエル
  • ミロスラフ・トリ - ヌルスルタン・トゥリヤクベイ
  • ヒュー・ルイス / ジェフリー・エプスタイン - アリン・ポパ
  • ビラック・サグディエフ - イオン・ゲオルゲ
  • ビラム・サグディエフ - ニコラエ・ゲオルゲ
  • クチェク村人 - マルセラ・コドレア
  • クチェク村人 - ルカ・ネル
  • バブスカ - ニコレタ・チョバヌ
  • 本人役 - リタ・ウィルソン
  • オーストラリアでの登場人物 - ジェイソン・ウォリナー英語版[9]

マイク・ペンスとルディ・ジュリアーニは無許可で登場させられている。セールスマンのブライアン・パトリック・スナイダー、Instagramインフルエンサーでエンターテイナーのメイシー・シャネル[10]危機妊娠センターのオーナーで牧師のジョナサン・ブライト、デビュタントコーチのジェーン・シェフィールド博士、ダラスの形成外科医のチャールズ・ウォレス[11][9]、プロのベビーシッターのジェニス・ジョーンズ、床屋の常連客のアラン・"ランディ"・ナイト、ヒルズボロ共和党女性クラブの会員たち、Qアノン信者のジェリー・ホールマンとジム・ラッセル、ホロコースト生存者英語版のジュディス・ディム・エヴァンスは当人そのままの役柄で出演している[12]

当初はシド・ミラー英語版ドナルド・トランプドナルド・トランプ・ジュニアも映していたが、完成版からはカットされた[13][14]。1作目の終盤でボラットと結婚する売春婦を演じたコメディアンのルネル英語版も撮影されていたが、その場面はカットされた[15]。集会の場面でジョーイ・ギブソン英語版の声を聞くことができるが、彼の顔にはぼかしが入れられた[16]。映画の冒頭ではバラク・オバマジャスティン・トルドーロドリゴ・ドゥテルテウラジーミル・プーチン金正恩ジャイール・ボルソナーロカニエ・ウェストの写真が使用される。

製作[編集]

Baron Cohen giving a thumbs up, dressed as Borat
前作のケルンでのプレミア上映時のボラット役のサシャ・バロン・コーエン(2006年)。

構想[編集]

2007年初旬にルパート・マードックはバロン・コーエンが1作目の配給会社である20世紀フォックスと新たなボラット映画の製作契約を交わしたことを発表した[17]。バロン・コーエンはその後、ボラットが映画や『Da Ali G Show』で行ったように正体を隠すにはあまりにも有名になったために断念すると発表した[18]。フォックスのスポークスマンはその後、彼らは考えを受け入れる余地があったが、そのような映画の企画を始動するには早すぎると述べた[19]。2014年、彼はFXXの番組『Ali G: Rezurection』でボラット役に復帰した。これは『Da Ali G Show』のスケッチに新規映像を加えて編集したものであった[20]。彼はまた2015年の『ジミー・キンメル・ライブ!』で映画『Grimsby』でボラット役として小登場し[21]、さらに2018年11月には中間選挙での投票をアメリカ国民に呼びかけた[22]。公開までの2年間、彼は人種差別と戦うためにスピーチや直接のインタビューを行うなど、政治的に積極的であることに関心を持つようになった。彼はアメリカ人の間での非自由主義的民主主義への傾斜に対する警鐘を鳴らすためにこの映画を選挙の直前に公開することを発表した[1]

映画音楽は他のサシャ・バロン・コーエンの映画と同様にエラン・バロン・コーエン英語版が手がけた他、カナダのミュージシャンのエイドリアン・ラソの「Urn St. Taven」が使われている[23]

撮影[編集]

Pence smiling and waving
2020年アメリカ保守連合英語版CPACでバロン・コーエンによってスピーチを妨害される直前のマイク・ペンス

2019年後半に撮影されたものにはテキサス州農業委員会英語版シド・ミラー英語版とのインタビューが含まれ[13]テキサス州 アーリントンゴルフ練習場への旅が続いた[24]。それの場面は完成した映画からは削除されたが、予告編には使用されている[25]。2020年2月、バロン・コーエンはドナルド・トランプに扮装して保守政治活動協議会(CPAC)に押しかけたが、彼の正体は明らかにされなかった[26][27][28]

同月、バロン・コーエンはジョージア州メイコンを訪れてデビュタント・ボール英語版の場面を撮った[29]。彼はジョンストン=フェルトン=ヘイ・ハウス英語版の管理者には青春物語だと言って撮影に臨んだ[30]。彼はバカローヴァを車の屋根に乗せたために警察から止められた[31]。スタッフはまたマリエッタのテンプル・コル・エメスでエヴァンスとの場面を撮影した[9]。製作陣はサウスカロライナ州北部を少なくとも2回訪問し、パン屋、危機妊娠センター、ハロウィーン用品店で撮影した[32]。2020年6月下旬、ワシントン州オリンピア悪戯を行い[33]、参加者と共に人種差別的な詞の歌を唄い[34]、参加者たちにインタビューを行った[35]。2020年7月上旬、バロン・コーエンはルディ・ジュリアーニとの偽のインタビューを手配し、その最中にピンクのビキニをして乗り込んだ。ジュリアーニは警察に通報した[36]

翌月、ボラットに扮して撮影されているバロン・コーエンが目撃されると彼の新作が『ボラット』の続編であるという大衆の憶測に繋がった[37]。撮影の2日間、バロン・コーエンは危険性を考慮して防弾チョッキの着用を求められた[38]

2020年9月上旬、映画の撮影が終わって編集に入り、業界関係者向けに試写が行われたという噂が広まり[39]、『Borat 2: Great Success』と『Borat: Gift of Pornographic Monkey to Vice Premiere Mikhael Pence to Make Benefit Recently Diminished Nation of Kazakhstan』というタイトルがリークされた。9月20日、マリア・バカローヴァがホワイトハウスに侵入し、ワン・アメリカ・ニュース・ネットワークシャネル・リオン英語版に取材される様子を撮影したが最終的にはカットされた[40]。カザフスタンという設定の村の場面はルーマニアで撮影されたが、これは前作の村人から拒否されたために別の村で行われた。またいくつかの場面のためにルーマニアの俳優が雇われた[41]

公開[編集]

2020年9月、アマゾン・スタジオが配給権を獲得し、公開日を10月23日に設定した[42][38]。バロン・コーエンは他にもいくつかの配給会社にこの映画を持ちかけたが、その政治的な内容のために公開に消極的だったと述べた[1]。2020年10月1日に予告編が公開され、バロン・コーエンによる直近の騒動がこの映画の撮影だったことが明らかになった[43]

プロモーションとマーケティング[編集]

アマゾンは公開までの2週間でマーケティングに2040万ドルを費やした[44]

バロン・コーエンはボラットとしてソーシャルメディアのInstagramTikTokTwitterに参加して選挙を控えるアメリカ政治にコメントし[45]1回目の大統領選の討論会英語版で「勝利」したドナルド・トランプを祝福[46]、さらにドライブインシアターに設置されたボラットのパネルを盗んだアリアナ・グランデと対決するといったプロモーションを行った[47][48]。ソーシャルメディア上ではTwitchストリームDrLupo英語版とゲームをしたり[49]YouTubeインフルエンサーに会ったりもした[50]。彼は公開数日前に『ジミー・キンメル・ライブ!』にも出演した[51]

Amazon Prime UKはスコットランドのいくつかの史跡にマンキニを着たボラットの画像を投影することで映画を宣伝した[52]。オーストラリアのボンダイビーチでは40人のボラットの仮装者が現れてヨガを始め、また巨大な彫像が運ばれた[53]。2回目の大統領選討論会の間、バロン・コーエンは映画の登場人物をデビューさせるためのウォッチ・パーティを主催し、続いてダンスミュージックとライブチャットを介したファンからの質問で構成されるアフター・パーティが開催された[54]。さらにはトロントのウォーターフロント[55]とロンドンのウェストミンスター宮殿の前には巨大なボラットのインフレータブルを乗せたが浮かべられた[56]サーン・アバスの巨人にはマンキニと「WEAR MASK. SAVE LIVE.」というスローガンが書き加えられた[57]

アマゾンはさらにステファン・ベアー英語版ジミー・カー英語版ペリー・エドワーズ英語版デヴィッド・スペードデヴィッド・ウォリアムスアン・ウィデコムに対して偽の第3作のオーディションを行い、カザフスタンの大使役を演じるよう説得した[58]。同社はまたボラットからのジャガイモのニュースを提供するためにAlexaのサービスを変更した[59]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

『続・ボラット』はMetacriticでの加重平均値は49件のレビューで68/100となった[60]Rotten Tomatoesでは228件のレビューで支持率は85%、平均点は7.17/10となり、「『続・ボラット』はサシャ・バロン・コーエンのコメディ作品が、アメリカ文化の最も見当違いで、そして完全な嫌悪感のある部分を明らかにするための鋭いツールであり続けることを証明している」とまとめらた[61]。多くの媒体では映画が概ね好評価であると報じたが[62][63][64][65]BBCロイターでは賛否両論と伝えられた[66][67]

インディワイア英語版のエリック・コーンはA-評定を下し、「最後の大暴れから14年後、ボラットは完全に目覚めたわけではないものの、彼の時代がやってきた。この鋭いユーモアのブランドはこれまで以上に必要不可欠だと感じたことはない。アクティビズムとエンターテインメントを融合させたバロン・コーエンのこれまでで最高の映画は世界を恐れる新たな理由だけでなく、世界を笑い飛ばす許可も与えてくれる」と書いた[68]。『シカゴ・サンタイムズ』のリチャード・ローパーは4ツ星満点で3ツ星の評定を下し、「カザフスタンのジャーナリストのボラットが我々の偉大な国についてのドキュメントを作るためにアメリカに来てから14年後、彼はアメリカに帰ってきた。彼は2006年当時よりも歳を重ね、マヌケで、はるかに有名になり、そしてより政治的に正しくなくなり、攻撃的で笑えるようになった」と評した[69]

ガーディアン』のピーター・ブラッドショウは5ツ星満点で3ツ星評定を下し、「まだいくつかの本物の笑いと尖った政治的瞬間がある」が、「歓迎を超えている」と評した[70]。『A.V.クラブ英語版』のジェシー・ハッセンジャーはB-評定を下し、「概ね面白く、時折鋭い」と評した上で「これまでのやり方では最早十分ではないと感じるもう1つの例でもある」と述べた[71]。『ニューヨーク・タイムズ』のデヴィカ・ギリッシュは続編が第1作ほど衝撃的でも洞察力に富んだものではないことを指摘し、「『続・ボラット』の手の込んだ策略は私を楽しませることも怒らせることもなく、ただただ諦めさせてくれた」とまとめた[72]。『デイリー・テレグラフ』のロビー・コリン英語版は5ツ星満点で2ツ星評定を下し、この映画を「絶望的にみすぼらしい」、「オリジナルの品質管理プロセスでは生き残れなかったのではないかと思われる中途半端で、再利用された、支離滅裂な悪戯の連続で、ほとんど意味を成さない脚本の場面をその場しのぎで努力して繋いでいる」と評した[73]。『シカゴ・トリビューン』の映画コラムニストのマイケル・フィリップス英語版は2ツ星を与え、続編は前作よりも「粗野」で「より感傷的」になっていると表した。フィリップスは自身の反応を「映画のかなりの部分で笑ったが、それ以上の部分では(おそらくコーエンの意図で)口の中に灰殻の味が残った」とまとめた[74]。『ザ・ラップ英語版』のアロンソ・デュラルデ英語版は否定的であり、「風刺の死体を蘇生するのに勇敢にも失敗した」と評した。1作目の「スーパーファン」を自称するデュラルデは「続編は(より幸せな未来に)振り返れば良い思い出になるかもしれないが、今のところほとんど胸が痛くなるような経験だ」と書いた[75]

論争[編集]

Giuliani with his arms outstretched, standing a podium with a banner for the Trump/Pence ticket
トランプ大統領の弁護士のルディ・ジュリアーニの場面は物議を醸した。

映画の制作陣はホロコーストの生存者であるジュディス・ディム・エヴァンスへのインタビューを撮った後に詐欺で訴えられた。エヴァンスは映画の公開前に亡くなったが、その遺族は彼女が映画での自分の肖像の商業的使用に同意しなかったと主張して訴訟を起こした[76][2]。映画をエヴァンスに捧げているバロン・コーエンはボラットが行う反ユダヤ主義的な発言に対する彼女のこの作品への懸念を軽減するために演技をやめて事情を話したと主張した[77]。2020年10月26日に訴えは却下された[78]。ベビーシッターのジーニース・ジョーンズは『ニューヨーク・ポスト』紙上で、若い女性が高齢男性と結婚するために手を加えられるというドキュメンタリーへの出演だと告げた映画製作者に「裏切られた」と感じていると語った[79]。彼女は後に映画製作者に腹を立てていないと述べたが[80]、既に支払われている出演料3600ドルへの上乗せを望んだ[81]。ファンが始めたジョーンズへのGoFundMeキャンペーンは3日間で5万ドル以上を集めた[82]

ルディ・ジュリアーニはジャーナリストになりすました女優のマリア・バカローヴァの前でズボンに手を入れた場面での行動について非難を浴びた。問題の場面ではホテルの部屋でのインタビューの後、2人はアルコールを飲みながら寝室に行き、ジュリーアーニはマイクを外されてシャツが脱げる際にバカローヴァの住所と電話番号を尋ねる。ジュリーアーニはベッドに寝そべってズボンに手を入れ、その直後にバロン・コーエンが部屋に押し入り、「彼女は15歳だ。あなたとは歳が離れすぎている」と叫んだ[70][83]。これが数ヶ月前に撮影されたものであるにもかかわらず、ジュリアーニは自身が取り組んでいるハンター・バイデンの電子メール論争英語版を潰すためのものであると主張して批判をかわした[84]。この場面で何が起こったかを巡って論争が起こり、バロン・コーエンはジュリアーニに関して話すボラットの短い映像を収録した[85]。『グッド・モーニング・アメリカ』に普段の姿で出演したバロン・コーエンは問題の場面について「しょうがないね。彼は自分がしたことをしたんだ」と語った[86]。選挙運動中のドナルド・トランプはバロン・コーエンを「つまらない」「クズ」と呼んだ[87]。それに対してバロン・コーエンは無料で映画を宣伝してくれたことに感謝を示し、自分もトランプ大統領をつまらないと思っていると述べた[88]FOXニュースのアンカーのケネディ英語版はジュリアーニにバイデンのメール疑惑の信憑性について尋ねる際にこの論争を持ち出した[89]

ボラットのキャラクターはカザフスタン国内で物議を醸しており[90]、1作目は一時期検閲され、バロン・コーエンのウェブサイトはブロックされていた。映画の前にカザフスタン人はTwitter上でハッシュタグ#CancelBoratをつけた[91]。映画の公開中止を求めるオンライン嘆願書には10万人以上の署名を集め、公開当日にはアルマトイのアメリカ大使館に小規模な抗議集団が押し寄せた[92]。カザフ人も欧米人も同様に、キャラクターがコメディによってより疎外されたカザフ人を恣意的に訛りを嘲ることで「殴り倒す」ことで、彼らをステレオタイプ化しているという批判をあらためて表明し[93]、カザフ系アメリカ人協会はこの映画は「人種差別、文化盗用、外国人排斥」と助長していると主張する書簡を発表した[94]。キャラクターはカザフスタンへの誤解を生み出したが[95]、それにもかかわらず、カザフスタン観光局はこの映画が再び国際的に注目を受けるようになったことに乗じ、ボラットのキャッチフレーズ「Kazakhstan. Very Nice!」をスローガンとして採用し、ボラットが登場するビデオを多数制作した[96]

視聴者数[編集]

Amazon社は正確な視聴者数を出さなかったものの、最初の週末の数字は「数千万人」であったと発表している。サンバTV英語版による第三者の推定では160万人となっているが、これはAmazonによると不正確である[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ クレジットとタイトルはロシア語表記である[3]
  2. ^ 当初の画面上のタイトルは『Borat Gift of Sexy Monkey to Vice Premier Mikhael Pence for Make Benefit Recently Diminished Nation of Kazakhstan』であり、その後作中でボラットが計画を変更するのに合わせて『Borat Gift of Daughter to Mikhael Pence for Make Benefit Diminished Nation of Kazakhstan』、『Borat Delivery of Sexy Gift to Rudy Giuliani in Last-Ditch Attempt to Save Borat from Execution and Make Benefit Diminished Nation of Kazakhstan』と変わっていく。エンドクレジットでは公式タイトルが表示される。

出典[編集]

  1. ^ a b c Dowd, Maureen (2020年10月17日). “Sacha Baron Cohen: This Time He's Serious” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/10/17/style/sacha-baron-cohen-maureen-dowd-interview.html 2020年10月17日閲覧。 
  2. ^ a b Lewis, Isobel (2020年10月15日). “Borat Creators Sued by Estate of Late Holocaust Survivor Who Claimed She Thought Film Was Real Documentary” (英語). The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/news/borat-2-holocaust-survivor-judith-dim-evans-sacha-baron-cohen-b1042505.html 2020年10月16日閲覧。 
  3. ^ Gessen, Masha (2020年10月27日). “The Borat Sequel Is a Parable of Russian Interference in American Politics”. The New Yorker. 2020年10月27日閲覧。
  4. ^ a b Spangler, Todd (2020年10月27日). “ Borat 2 Drew ‘Tens of Millions’ of Viewers Over Opening Weekend, Amazon Says”. Variety. 2020年10月27日閲覧。
  5. ^ Sharf, Zack (2020年10月1日). “Borat 2 Trailer: Sacha Baron Cohen Returns to Annihilate Donald Trump's America” (英語). IndieWire. 2020年10月2日閲覧。
  6. ^ Adams, Sam (1 October 2020). "Who Is 'Irina Nowak', Borat's Co-Star in the Trailer for His New Sequel". Slate (英語). 2020年10月1日閲覧
  7. ^ Bilstein, Jon (2020年10月20日). “Borat Tries to Collect Jimmy Kimmel's Pants, 'Liquid Release' for Covid-19 Test” (英語). Rolling Stone. 2020年10月21日閲覧。
  8. ^ Sharf, Zack (2020年10月26日). “Maria Bakalova for Oscars? Sacha Baron Cohen Says It’s a ‘Travesty’ If Academy Snubs Borat 2 Star” (英語). TheWrap. 2020年10月27日閲覧。
  9. ^ a b c d Reilly, Dan (2020年10月28日). “Who’s Who in Borat 2: A Guide to Every Notable Cameo” (英語). Vulture. 2020年10月28日閲覧。
  10. ^ Bitsky, Leah (2020年10月27日). “Sugar Baby in Borat 2 Is Actually an Actress”. Page Six. 2020年10月27日閲覧。
  11. ^ Clark, James (2020年10月26日). “Navy Reserve Officer Caught in Borat Sequel Making Anti-Semitic Remarks”. Task & Purpose. 2020年10月27日閲覧。
  12. ^ Reilly, Dan (2020年10月22日). “Who's Who in Borat 2: A Guide to Every Notable Cameo” (英語). Vulture. 2020年10月22日閲覧。
  13. ^ a b Blackman, Jeremy (2020年10月1日). “Texas Ag Commissioner Sid Miller Pranked by Borat Star Sasha Baron Cohen” (英語). Houston Chronicle. https://www.houstonchronicle.com/news/houston-texas/houston/article/Texas-Ag-Commissioner-Sid-Miller-pranked-by-15614263.php 2020年10月1日閲覧。 
  14. ^ Corcoran, Nina (2020年10月23日). “Borat’s Daughter Infiltrated the White House Thanks to OAN” (英語). Consequence of Sound. 2020年10月23日閲覧。
  15. ^ Lattanzio, Ryan (2020年10月23日). “Why Borat Fan Favorite Luenell Isn’t in the Sequel But Got Paid Anyway” (英語). IndieWire. 2020年10月23日閲覧。
  16. ^ Guess Who Else Makes an Appearance in the New Borat Movie? Patriot Prayer Founder Joey Gibson.”. Willamette Week (2020年10月24日). 2020年10月25日閲覧。
  17. ^ Li, Kenneth (2007年2月9日). “Sacha Baron Cohen signs for Borat 2” (英語). 2020年9月26日閲覧。
  18. ^ "Baron Cohen retires Borat, Ali G". Variety (英語). Associated Press. 21 December 2007. 2020年9月27日閲覧
  19. ^ “Borat Sequel Put on Hold” (英語). The Age. Reuters. (2007年2月9日). http://www.theage.com.au/news/film/borat-sequel-put-on-hold/2007/02/09/1170524280667.html 2020年9月27日閲覧。 
  20. ^ Morgan, David S. (2007年12月22日). “Borat He Dead, I Kill Him, Gone” (英語). CBS News. オリジナルの2007年12月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071229064415/http://www.showbuzz.cbsnews.com/stories/2007/12/22/movies/main3641923.shtml 2009年7月12日閲覧。 
  21. ^ Fitz-Gerald, Sean (2015年12月10日). “Borat Dropped by Jimmy Kimmel Live to Bash Donald Trump, Anti-Promote Sacha Baron Cohen's Latest Movie” (英語). Vulture. 2020年9月27日閲覧。
  22. ^ Nyren, Erin (6 November 2018). "Borat Gets Out the Vote for 'Premier' Trump on Jimmy Kimmel Live!". Variety (英語). 2020年9月27日閲覧
  23. ^ Brown, Desmond (2020年10月28日). “Guitarist Shares 'Surreal' Experience of Song Used in New Borat Movie”. Canadian Broadcasting Corporation. 2020年10月28日閲覧。
  24. ^ Garcia, Brendan (2020年10月22日). “This Arlington Driving Range Is Featured in the New Borat Movie” (英語). The Dallas Morning News. https://www.dallasnews.com/arts-entertainment/movies/2020/10/22/this-arlington-driving-range-is-featured-in-the-new-borat-movie/ 2020年10月23日閲覧。 
  25. ^ Sens, Josh (23 October 2020). "The Borat Golf Scene that Was Left on the Editing-Room Floor". Golf Magazine (英語). 2020年10月23日閲覧
  26. ^ Stoddart, Michelle (2020年2月27日). “Trump Impersonator Interrupts Vice President Mike Pence's CPAC Speech” (英語). ABC News. 2020年10月1日閲覧。
  27. ^ Wilstein, Matt (2020年10月1日). “Sacha Baron Cohen Pranks Mike Pence as Trump in Borat 2 Trailer” (英語). The Daily Beast. 2020年10月1日閲覧。
  28. ^ Ellis, Meghan (2020年2月27日). “Protestor Escorted out of CPAC for Shouting at Pence While Dressed Up as Trump”. Independent Journal Review. 2020年10月28日閲覧。
  29. ^ Ho, Rodney (2020年10月5日). “Macon Residents Pranked by Sacha Baron Cohen for His Borat 2 Film” (英語). Atlanta Journal-Constitution. 2020年10月6日閲覧。
  30. ^ Rosen, Christopher (23 October 2020). "Borat 2 Spoilers: How Sacha Baron Cohen Pulled Off His Biggest Stunts". Vanity Fair (英語). 2020年10月23日閲覧
  31. ^ Borat Traffic Stop in Georgia”. WAGA-TV (2020年10月27日). 2020年10月28日閲覧。
  32. ^ Cary, Nathaniel (2020年10月3日). “Borat Sequel with Sasha Baron Cohen Quietly Filmed in Upstate with Unsuspecting Marks”. The Post and Courier. 2020年10月28日閲覧。
  33. ^ Boone, Rolf (2020年7月27日). “Did Comedian Sacha Baron Cohen Crash Rally in Downtown Olympia?” (英語). The Olympian. https://www.theolympian.com/news/local/article243834242.html 2020年9月27日閲覧。 
  34. ^ Moreau, Jordan (28 June 2020). "Sacha Baron Cohen Pranks Conservative Rally into Singing Racist Lyrics". Variety (英語). 2020年9月27日閲覧
  35. ^ Hoffman, Jordan (28 June 2020). "Sacha Baron Cohen Trolls Far-Right Rally with Racist Sing-Along". Vanity Fair (英語). 2020年9月27日閲覧
  36. ^ Rudy Giuliani Called the NYPD on Sacha Baron Cohen over Prank Interview” (英語). Page Six (2020年7月8日). 2020年9月27日閲覧。
  37. ^ White, Adam (2020年8月19日). “Sacha Baron Cohen Spotted Reprising Borat Role in Possible Sequel to 2006 film” (英語). The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/news/sacha-baron-cohen-borat-sequel-filming-who-america-a9678111.html 2020年9月27日閲覧。 
  38. ^ a b Fleming Jr., Mike (2020年9月29日). “Borat Sequel Acquired by Amazon Studios; Sacha Baron Cohen Film Will Bow on Prime Video Right Before Election Day” (英語). Deadline Hollywood. 2020年9月29日閲覧。
  39. ^ Sneider, Jeff (2020年9月8日). “Exclusive: Borat 2 Has Already Been Shot and Screened by Sacha Baron Cohen” (英語). Collider. 2020年9月27日閲覧。
  40. ^ ‘Borat’s Daughter’ Visited White House, Came Within Meters of Trump, Met His Son”. The Times of Israel (2020年10月24日). 2020年10月27日閲覧。
  41. ^ Saraiya, Sonia (21 October 2020). "Borat Subsequent Moviefilm Brings Back Borat, with His Daughter in Tow". Vanity Fair (英語). 2020年10月23日閲覧
  42. ^ Sneider, Jeff (2020年9月29日). “Borat 2 to Premiere on Amazon Prime Video in October, Timed to Election Day” (英語). Collider. 2020年9月29日閲覧。
  43. ^ Earl, William (1 October 2020). "Borat Subsequent Moviefilm Trailer: Sacha Baron Cohen Takes on Coronavirus and Pence". Variety (英語). 2020年10月1日閲覧
  44. ^ Friedman, Wayne (2020年10月27日). “Borat Streams Hit 1.6 Million TV Homes, National TV Ad Spend at $20.4 Million”. Television News Daily. 2020年10月28日閲覧。
  45. ^ Atad, Corey (2020年10月13日). “Borat Becomes a Social Media Star and Immediately Pokes Fun at Trump” (英語). Entertainment Tonight. 2020年10月14日閲覧。
  46. ^ Fleming Jr., Mike (2020年9月29日). “Borat Mischief? Republic of Kazakhstan Tweet Hails Donald Trump Debate Victory—45 Minutes Before It Starts” (英語). Deadline Hollywood. 2020年10月21日閲覧。
  47. ^ Rossignol, Derrick (2020年10月23日). “Borat Dances Nearly Naked to Ariana Grande’s ‘Positions’ After She Took His Cardboard Cutout” (英語). Uproxx. 2020年10月23日閲覧。
  48. ^ Jackson, Jon (2020年10月26日). “Ariana Grande Versus Borat: Their Twitter 'Feud' Began When He Accused Her of Theft”. Newsweek. 2020年10月26日閲覧。
  49. ^ Peters, Jay (2020年10月20日). “Borat Will Do a Very Nice Stream on Twitch with DrLupo” (英語). The Verge. 2020年10月22日閲覧。
  50. ^ Paul, Andrew (2020年10月22日). “Borat Meets Some Gen Z YouTube Influencers, Is Very Borat About It” (英語). The A. V. Club. 2020年10月22日閲覧。
  51. ^ Del Rosario, Alexandra (2020年10月19日). “Borat Puts Jimmy Kimmel Through His Own Chaotic COVID-19 Safety Protocols” (英語). Deadline Hollywood. 2020年10月20日閲覧。
  52. ^ Traynor, Sian (2020年10月22日). “Borat Makes Hilarious Surprise Appearance on Edinburgh Castle and Arthur's Seat” (英語). Edinburgh Live. 2020年10月22日閲覧。
  53. ^ Borat 2: Forty Lookalikes in Tiny 'Maskini' Costumes Do Yoga Stretches on Bondi Beach in Hilarious Stunt for New Film” (英語). Perth Now (2020年10月22日). 2020年10月22日閲覧。
  54. ^ Carras, Christie (2020年10月22日). “Amid Giuliani Controversy, Borat Is Hosting a Live Watch Party. What Could Go Wrong?” (英語). Los Angeles Times. https://www.latimes.com/entertainment-arts/movies/story/2020-10-22/how-to-join-borat-watch-party-sacha-baron-cohen 2020年10月22日閲覧。 
  55. ^ Casaletto, Lucas (2020年10月22日). “Borat Barge Seen Floating in Toronto Gets Attention” (英語). CityNews. 2020年10月22日閲覧。
  56. ^ Ravindran, Manori (22 October 2020). "Borat Sails Past U.K. Houses of Parliament in Mankini, But Londoners Remain Unimpressed". Variety (英語). 2020年10月22日閲覧
  57. ^ Cutler, Alex (2020年10月23日). “Cerne Abbas Giant Defaced to Promote New Borat Movie” (英語). Dorset Echo. 2020年10月23日閲覧。
  58. ^ Stolworthy, Jacob (2020年10月27日). “Borat 2: David Walliams, Jimmy Carr and Ann Widdecombe Tricked into Fake Audition in New Online Prank”. The Independent. 2020年10月27日閲覧。
  59. ^ Cooper, Gael Fashingbauer (2020年10月27日). “Ask Alexa to Open Borat Assistant for the Best Potato News”. Cnet. 2020年10月28日閲覧。
  60. ^ Borat Subsequent Moviefilm Reviews” (英語). Metacritic. 2020年10月27日閲覧。
  61. ^ Borat: Subsequent Moviefilm (2020)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月27日閲覧。
  62. ^ Ryu, Jenna (2020年10月21日). “Baron Cohen's Sequel Earns Critical Praise” (英語). USA Today. https://www.usatoday.com/story/entertainment/movies/2020/10/22/borat-2-reviews-sacha-baron-cohen-sequel-earns-critical-praise/6005682002/ 2020年10月23日閲覧。 
  63. ^ Rawat, Kshitij (2020年10月22日). “Borat 2 Review Roundup: Here's What Critics Are Saying About the Sacha Baron Cohen-Starrer” (英語). 2020年10月22日閲覧。
  64. ^ Wolinksy, David (2020年10月21日). “Borat 2 Review Roundup: Very Nice Picture” (英語). GameSpot. 2020年10月22日閲覧。
  65. ^ Welk, Brian (2020年10月21日). “Critics Say Borat 2 Falls Short of Original But Are Glad Character Is Back” (英語). TheWrap. 2020年10月21日閲覧。
  66. ^ Borat Subsequent Moviefilm: Mixed Reviews for Sacha Baron Cohen Sequel” (英語). BBC News. (2020年10月22日). https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-54642496 2020年10月22日閲覧。 
  67. ^ Serjeant, Jill (2020年10月21日). “Borat Bounces Back Just Ahead of U.S. Elections” (英語). Reuters. 2020年10月22日閲覧。
  68. ^ Kohn, Eri (2020年10月21日). Borat: Subsequent Moviefilm Review: Sacha Baron Cohen's Brilliant, Vulgar Plea for a Better World” (英語). IndieWire. https://www.indiewire.com/2020/10/borat-2-review-1234594290/ 2020年10月21日閲覧。 
  69. ^ Roeper, Richard (2020年10月21日). Borat Subsequent Moviefilm: Fictional Foreigner No Wiser in USA Return, Daughter in Tow” (英語). Chicago Sun-Times. https://chicago.suntimes.com/movies-and-tv/2020/10/21/21525991/borat-subsequent-moviefilm-review-2-sequel-daughter-sacha-baron-cohen 2020年10月21日閲覧。 
  70. ^ a b Bradshaw, Peter (2020年10月21日). Borat Subsequent Moviefilm Review – Cinema's Top Troll Goes Baiting in Trump's US” (英語). The Guardian. https://www.theguardian.com/film/2020/oct/21/borat-subsequent-moviefilm-review-sacha-baron-cohen-trump 2020年10月21日閲覧。 
  71. ^ Hassenger, Jesse (2020年10月21日). “Borat Statue and Flash Mob Take Over Sydney's Bondi Beach Ahead of New Movie” (英語). The A. V. Club. 2020年10月21日閲覧。
  72. ^ Girish, Devika (2020年10月21日). Borat Subsequent Moviefilm Review: More Cultural Learnings” (英語). The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/10/21/movies/borat-subsequent-moviefilm-review.html 2020年10月22日閲覧。 
  73. ^ Collin, Robbie (2020年10月21日). Borat Subsequent Moviefilm, Review: Trump Rallies, Ugly Songs and Some Truly Rotten Jokes” (英語). The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/films/0/borat-subsequent-moviefilm-review-trump-rallies-ugly-songs-truly/ 2020年10月22日閲覧。 
  74. ^ Phillips, Michael (2020年10月22日). “Borat Subsequent Moviefilm Review: Trump’s America Gets Caught with Its Pants Down” (英語). The Chicago Tribune. 2020年10月25日閲覧。
  75. ^ Duralde, Alonso (2020年10月21日). “Borat Subsequent Moviefilm Film Review: Sacha Baron Cohen Valiantly Fails to Resuscitate the Satire Corpse” (英語). TheWrap. 2020年10月25日閲覧。
  76. ^ Ho, Rodney (2020年10月13日). “Estate of Late Holocaust Survivor Sues Creators of Borat Over Appearance in Upcoming Sequel” (英語). The Atlanta Journal-Constitution. https://www.ajc.com/life/radiotvtalk-blog/estate-of-late-holocaust-survivor-sues-creators-of-borat-over-appearance-in-upcoming-sequel/B7Y2IK2F5NA3TFP2B6GEGKQHTI/ 2020年10月14日閲覧。 
  77. ^ Fleming Jr., Mike (2020年10月15日). “How Sacha Baron Cohen's Plan to Use Borat Sequel to Combat Facebook & Twitter Holocaust Denier Policies Evolved with Abrupt About Face & Surprise Lawsuit” (英語). Deadline Hollywood. 2020年10月16日閲覧。
  78. ^ Welk, Brian (2020年10月26日). “Borat Sequel Lawsuit Filed by Holocaust Survivor’s Estate Dismissed” (英語). TheWrap. 2020年10月26日閲覧。
  79. ^ Zornosa, Laura (2020年10月27日). “That Borat Babysitter Had No Idea the Film Was Satire. Now She Feels 'Betrayed'”. Los Angeles Times. 2020年10月28日閲覧。
  80. ^ Hinton, Carla (2020年10月27日). “'They Loved Her': Meet Oklahoma's Jeanise Jones, the 'Moral Compass' and Breakout Star of Borat 2”. The Oklahoman. 2020年10月27日閲覧。
  81. ^ Rubin, Rebecca (28 October 2020). "Borat 2 Babysitter Doesn't Feel Betrayed by Sacha Baron Cohen, but Wishes She Were Paid More". Variety (英語). 2020年10月28日閲覧
  82. ^ Welk, Brian (2020年10月28日). “Borat Sequel Fans Raise $50,000 for Unemployed Babysitter Duped in Sacha Baron Cohen Film” (英語). TheWrap. 2020年10月28日閲覧。
  83. ^ Tsioulcas, Anastasia (2020年10月22日). Borat Sequel Grabs a Political News Cycle—At Least Momentarily” (英語). NPR. https://www.npr.org/2020/10/22/926593980/borat-sequel-grabs-a-political-news-cycle-at-least-momentarily 2020年10月22日閲覧。 
  84. ^ Wilstein, Matt (2020年10月21日). “Rudy Giuliani Claims Borat 'Hit Job' Is Retaliation for Hunter Biden Attack” (英語). The Daily Beast. 2020年10月21日閲覧。
  85. ^ Dessem, Matthew (22 October 2020). "A Shot-by-Shot Analysis of the New Borat 's Giuliani Scene". Slate (英語). 2020年10月22日閲覧
  86. ^ Blackwelder, Carson (2020年10月24日). “Sacha Baron Cohen Responds to Borat 2 Scene with Rudy Giuliani: 'He Did What He Did'” (英語). Good Morning America. 2020年10月24日閲覧。
  87. ^ The Latest: Trump calls 'Borat' star an unfunny ‘creep’” (英語). Associated Press (2020年10月24日). 2020年10月24日閲覧。
  88. ^ Beresford, Trilby (2020年10月24日). “Sacha Baron Cohen Responds to Criticism from Trump: 'I Don't Find You Funny Either'” (英語). 2020年10月24日閲覧。
  89. ^ Nolan, Emma (2020年10月28日). “Fox's Kennedy Tells Rudy Giuliani She Was 'Grossed Out' by Borat 2 Scene in Tense Interview”. Newsweek. 2020年10月28日閲覧。
  90. ^ Askarbekov, Yerlan (2016年10月28日). “What Kazakhstan Really Thought of Borat” (英語). BBC News. https://www.bbc.com/culture/article/20161028-what-kazakhstan-really-thought-of-borat 2020年10月23日閲覧。 
  91. ^ Spencer, Samuel (23 October 2020). "Borat 2: How Kazakhstan Has Reacted to the Character". Newsweek (英語). 2020年10月23日閲覧
  92. ^ Heil, Andy (2020年10月23日). “New Borat Film Offends, But Will More Kazakhs Get the Joke This Time?” (英語). Radio Free Europe. 2020年10月23日閲覧。
  93. ^ Tensley, Brandon (2020年10月24日). “Reassessing the Racial Stereotyping in Borat” (英語). CNN. 2020年10月24日閲覧。
  94. ^ Welk, Brian (2020年10月26日). “Borat Sequel Promotes ‘Racism, Cultural Appropriation and Xenophobia,’ Kazakh American Association Says” (英語). TheWrap. 2020年10月26日閲覧。
  95. ^ Pikulicka-Wilczewska, Agnieszka (2020年10月25日). “‘Cancel Borat’: Some in Kazakhstan Not Amused by Comedy Sequel”. Al Jazeera. 2020年10月25日閲覧。
  96. ^ Stein, Joel (2020年10月26日). “Kazakhstan, Reversing Itself, Embraces ‘Borat’ as Very Nice” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/10/26/business/kazakhstan-embraces-borat.html 2020年10月26日閲覧。 

外部リンク[編集]