リタ・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リタ・ウィルソン
Rita Wilson
Rita Wilson
2012年10月
本名 Margarita Ibrahimoff
生年月日 1956年10月26日(59歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優、プロデューサー、歌手
活動期間 1972年-
配偶者 トム・ハンクス (1988-)
著名な家族 コリン・ハンクス (継子)

リタ・ウィルソンRita Wilson, 本名: Margarita Ibrahimoff, 1956年10月26日[1] - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の女優、歌手、映画プロデューサー。『めぐり逢えたら』(1993年)、『Dearフレンズ英語版』(1995年)、『ジングル・オール・ザ・ウェイ』(1996年)、『ストーリー・オブ・ラブ』(1999年)、『プリティ・ブライド』(1999年)などの映画に出演した。ブロードウェイやテレビにも出演する他、『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』(2002年)などいくつかの映画でプロデュースを行なっている。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1956年10月26日にカリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ、Margarita Ibrahimoff[1] (ブルガリア語: Маргарита Ибрахимова; ギリシア語: Μαργαρίτα Ιμπραΐμοφ)と名付けられた。母親はギリシャからの移民で、ギリシャ国境アルバニアジロカストラ県で生まれ育った[2]。父親Hassan Halilov Ibrahimoff (1920年3月21日 – 2009年3月6日)はギリシャ生まれのポマク(ムスリム・ブルガリア人)である(1919年の第一次世界大戦ヌイイ条約、1920年のSan Remo conference により父の出身地のWestern Thraceブルガリアからギリシャとなった)。1949年5月4日、ウィルソンの父はアメリカに移住し[3]、1960年、姓をHassan Ibrahimoffから地元の道の名に因んでアラン・ウィルソンに変更した[3]。ウィルソンはギリシャ正教を信仰して育った[4]。ウィルソンの夫のトム・ハンクスによるとウィルソンの父は母国語のブルガリア語の他にロシア語トルコ語ポーランド語ギリシャ語そして少しであるがイタリア語フランス語が話せ、映画『ターミナル』でハンクスが演じたヴィクター・ナヴォルスキ役のモデルとなった[5]

キャリア[編集]

夫ハンクスと共に

ロンドン音楽演劇アカデミーLAMDA)で学ぶ[要出典]。1972年、『ゆかいなブレディー家』のエピソード『Greg's Triangle 』にゲスト出演し、マーシャ・ブレディ(モーリーン・マコーミック)が所属するチアリーダーのリーダー選挙でライバルを演じたことからウィルソンのキャリアが始まった。1982年、『マッシュ』にレイシー看護師役で2回、シットコム『Three's Company 』に出演し、1981年12月18日、『Bosom Buddies 』でのちの夫ハンクスと共演した。また『ピース・フォース英語版』、『魔女は16才英語版』、『企業買収/250億ドルの賭け英語版』、『虚栄のかがり火』、『ミックス・ナッツ/イブに逢えたら』、『めぐり逢えたら』、『Dearフレンズ』、『すべてをあなたに』、『ジングル・オール・ザ・ウェイ』、『プリティ・ブライド』、『Invisible Child 』、『ストーリー・オブ・ラヴ』、『ヒラリー・ダフのハート・オブ・ミュージック英語版』、『恋するベーカリー』、『幸せの教室』など多数の映画に出演している。

1998年、HBOのミニシリーズ『フロム・ジ・アース/人類、月に立つ』で宇宙飛行士フランク・ボーマンの妻スーザン・ボーマンを演じた。テレビでは『そりゃないぜ!? フレイジャー』、『ラリーのミッドライフ★クライシス』、『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』、『グッド・ワイフ』、『ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言』、『Girls』など多くの連続ドラマにゲスト出演している。

また、2006年6月から8月にはブロードウェイにてミュージカル『シカゴ』再演でロキシー・ハート役を演じた。

近年はプロデュースにも乗り出している。ウィルソンはニア・ヴァルダロスが主演および脚本を務めた『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』映画化推薦者として度々名が挙げられる他、プロデューサーも務め、自主映画史上最高の興行収入となった[6]。ウィルソン自身ギリシャ系アメリカ人、夫のハンクスはイギリス・ドイツ・ポルトガルを祖先に持ち、国際結婚する主演のギリシャ系アメリカ人のトゥーラ役に自身を重ねていた。2016年、続編『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング2英語版』においてウィルソンは共同プロデューサーを務めただけでなく、アナ役で出演もしている。

2012年5月8日、長年興味を持ってきた歌手業を開始してデッカ・レコードからソロ・アルバム『AM/FM 』をリリースした。ジミー・ウェッブ作詞作曲の『Wichita Lineman 』のカバーを含む1960年代および1970年代のクラシック曲を特徴としている[7][8]

私生活[編集]

1988年、俳優のトム・ハンクスと結婚した。2人の間には子供が2人いる[9]。他にコリン・ハンクスを含む2人の継子がいる。その後、夫のトム・ハンクスとは『虚栄のかがり火』、『めぐり逢えたら』、『すべてをあなたに』で 3度共演している。

スターリングシルバーと14金で製造されたジュエリー「トゥルー・ハーツ」をモフィット癌センターに寄付した。この収益金はチャリティとして使用される。他にもウィルソンは特に癌や子供のためのチャリティに積極的である[10]

ウィルソンはギリシャ正教の敬虔な信者である[11]

2015年4月、ウィルソンは乳癌を患い、2回乳腺切除および再生手術を受けたことを発表した[12]。1ヶ月の休演後、ラリー・デヴィッドのブロードウェイ作品『Fish in the Dark 』に復帰した[13]

活動家として[編集]

2015年、ONE Campaignが集めていた公開書簡の署名に署名した。2015年9月の国連サミットの前に、ドイツのG7のリーダーとなるアンゲラ・メルケルと南アフリカのAUのリーダーとなるNkosazana Dlamini-Zuma に女性の人権に焦点を当てることを嘆願するものであった[14]

一覧[編集]

出演作品[編集]

出演作品
特記
1966 カリフォルニア万才

Spinout

ビット・ガール (クレジット無し)[要出典]
1972 ゆかいなブレディー家

The Brady Bunch

パット・コンウェイ テレビ番組
エピソード: "Greg's Triangle"
1979 The Day It Came to Earth[15] Debbie
1980 Cheech & Chong's Next Movie 女優
1981 Bosom Buddies シンディ テレビ番組
エピソード: "All You Need is Love"
1982 マッシュ

M*A*S*H

レイシー看護師 テレビ番組
エピソード: "Blood and Guts"
"Hey, Look Me Over"
1983 Three's Company アグネス・プラット テレビ番組
エピソード: "Alias Jack Tripper"
1985 ピース・フォース

Volunteers

ベス・ウェクスラー
1986 227 Dr.ピーターソン テレビ番組
エピソード: "Mary Nightingale"
1989 魔女は16才

Teen Witch

Dancer
1990 Sinners[要出典] Margaret
虚栄のかがり火

The Bonfire of the Vanities

P.R.ウーマン
1991 ハリウッド・ナイトメア

Tales from the Crypt

ジェス・ギルクライスト テレビ番組
エピソード: Mournin' Mess
1993 めぐり逢えたら

Sleepless in Seattle

スージー
1994 ミックス・ナッツ/イブに逢えたら

Mixed Nuts

キャサリン・オショーネシー
1995 Dearフレンズ

Now and Then

クリシー・デウィット・ウィリアムズ
1996 No Dogs Allowed[要出典]
すべてをあなたに

That Thing You Do!

マルグリット
ジングル・オール・ザ・ウェイ

Jingle All the Way

リズ・ラングストン
1998 サイコ

Psycho

キャロライン
1999 Invisible Child アニー・ビーマン
プリティ・ブライド

Runaway Bride

エリー・グラハム
ストーリー・オブ・ラブ

The Story of Us

レイチェル
2001 PERFUME パフューム

Perfume

ロベルタ aka Dress to Kill
グラスハウス

The Glass House

グレイス・エイヴリー・ベイカー (クレジット無し)[要出典]
2002 ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター

Auto Focus

アン・クレイン
2003 My Big Fat Greek Life アリアナ テレビ番組
エピソード: "Ariana"
2004 ヒラリー・ダフのハート・オブ・ミュージック

Raise Your Voice

フランシス・フレッチャー
2005 The Chumscrubber テリ・ブラットリー
ウォーキング・オン・ザ・ムーン 3D

Magnificent Desolation: Walking on the Moon 3D

Beta Station Commander 声の出演
2006 Beautiful Ohio Judith Messerman
2009 マイ・ビッグ・ファット・ドリーム

My Life in Ruins

Elinor
オールド・ドッグ

Old Dogs

ジェナ
恋するベーカリー

It's Complicated

トリシア
2011 最低で最高のサリー

The Art of Getting By

ヴィヴィアン・サージェント
幸せの教室

Larry Crowne

ウィルマ・ガムガード
LAW & ORDER:性犯罪特捜班

Law & Order: Special Victims Unit

ブリー・メザロン テレビ番組
エピソード: "Delinquent"
グッド・ワイフ

The Good Wife

ヴァイオラ・ウォルシュ テレビ番組
エピソード: "Net Worth"
"Great Firewall"
"Live from Damascus"
"Two Girls, One Code"
"Outside the Bubble"
2012 Jewtopia アーリン・リプスチッツ
Who Do You Think You Are? 本人 テレビ番組
エピソード: "Rita Wilson"
2013 The Tutor[要出典] ティナ 短編映画
Girls

Girls

エヴィ・マイケルズ テレビ番組
エピソード: "It's About Time"
"Females Only"
"Truth or Dare"
"Wedding Day"
2014 Dawn Patrol シェリア
2016 マイ・ビッグ・ファット・ウェディング2

My Big Fat Greek Wedding 2

アナ

プロデュース作品[編集]

プロデュース作品
特記
2002 マイ・ビッグ・ファット・ウェディング

My Big Fat Greek Wedding

プロデューサー Producers Guild of America Visionary Award
ノミネート — Producers Guild of America Award for Motion Picture Producer of the Year
主演および脚本: ニア・ヴァルダロス
2003 My Big Fat Greek Life エグゼクティブ・プロデューサー テレビ番組
主演および共同プロデュース: ニア・ヴァルダロス
2004 コニー&カーラ

Connie and Carla

エグゼクティブ・プロデューサー フィーチャー映画(コメディ)
主演および脚本: ニア・ヴァルダロス
2008 マンマ・ミーア!

Mamma Mia!

エグゼクティブ・プロデューサー
2009 My Life in Ruins エグゼクティブ・プロデューサー フィーチャー映画(ロマンティック・コメディ)
主演および脚本: ニア・ヴァルダロス
2016 マイ・ビッグ・ファット・ウェディング2

My Big Fat Greek Wedding 2

エグゼクティブ・プロデューサー マイ・ビッグ・ファット・ウェディングの続編
主演および脚本: ニア・ヴァルダロス

ディスコグラフィ[編集]

2012年: AM/FM (オーディオCD: 2012年5月8日)[16][編集]

収録曲[編集]

  1. "All I Have to Do is Dream"
  2. "Never My Love"
  3. "Come See About Me"
  4. "Angel of the Morning"
  5. "Walking in the Rain"
  6. "Wichita Lineman"
  7. "Cherish"
  8. "You Were on My Mind"
  9. "Good Times Charlie"
  10. "Love has No Pride"
  11. "Please Come to Boston"
  12. "Will You Love Me Tomorrow"
  13. "Faithless Love"
  14. "River"

2016年: Rita Wilson (オーディオCD: 2016年3月11日)[17][編集]

収録曲[編集]

  1. "Along For The Ride"
  2. "Crying, Crying"
  3. "Talking To Me "
  4. "Forgiving Me Forgiving You"
  5. "Say Yes"
  6. "Strong Tonight"
  7. "What You See Is What You Get"
  8. "Joni"
  9. "In The Dark"
  10. "Stay Low"
  11. "Every Day"
  12. "Girls Night In"
  13. "I'm Guilty"
  14. "Still Gone"
  15. "Grateful"

脚注[編集]

  1. ^ a b Birth date confirmed at the State of California, California Birth Index, 1905–1995. Center for Health Statistics, California Department of Health Services, Sacramento, California. Date of birth for Margarit Ibrahimoff in Los Angeles, California is October 26, 1956.[1]
  2. ^ Welkos, Robert (2002年10月6日). “Sending up the Greek in spirit”. The Age. http://www.theage.com.au/articles/2002/10/05/1033538810677.html 2008年10月10日閲覧. "...my father is Bulgarian." 
  3. ^ a b Stated on Who Do You Think You Are?, March 30, 2012.
  4. ^ "My Big, Fat, Greek Mystery", tmatt.net; September 18, 2002; accessed April 15, 2015.
  5. ^ "Season 12 Episode 9." Inside the Actors Studio. Bravo. 14 May 2016. Television.
  6. ^ “TV Review - My Big Fat Greek Life”. Entertainment Weekly. (2003年4月7日). http://www.ew.com/ew/article/0,,254097,00.html 2008年9月28日閲覧。 
  7. ^ Antoinette Bueno.Rita Wilson to Debut Solo Album, E! Online, February 9, 2012.
  8. ^ "Rita Wilson to Debut Solo Album AM/FM", PRNewswire.com, February 9, 2012; retrieved February 11, 2012.
  9. ^ Tom Hanks Biography”. Biography.com (FYI/A&E Networks). 2014年8月6日閲覧。
  10. ^ H. Lee Moffitt Cancer Center & Research Institute; accessed April 15, 2015.
  11. ^ Спектар: Живот и стил: Православни Холивуд : ПОЛИТИКА”. Politika.rs (2010年2月28日). 2012年2月9日閲覧。
  12. ^ Rita Wilson Has Breast Cancer, Undergoes Double Mastectomy and Reconstructive Surgery”. People.com (2015年4月14日). 2015年4月14日閲覧。
  13. ^ http://www.vulture.com/2015/01/larry-david-fish-in-the-dark.html#
  14. ^ Tracy McVeigh. “Poverty is sexist: leading women sign up for global equality | Life and style”. The Guardian. 2015年5月8日閲覧。
  15. ^ Mark Deming. “Rita Wilson (biography)”. Billboard. 2016年1月21日閲覧。
  16. ^ Rita Wilson: "AM/FM". Artist notes and product description (Amazon.com). Retrieved 12 May 2012.
  17. ^ Rita Wilson - Rita Wilson”. Amazon.com, Inc.. 2016年1月27日閲覧。

外部リンク[編集]