スター誕生 (1976年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スター誕生
A Star Is Born
Invitation (255758205).jpg
監督 フランク・ピアソン
脚本 ジョン・グレゴリー・ダン英語版
ジョーン・ディディオン
フランク・ピアソン
原案 ウィリアム・A・ウェルマン
ロバート・カーソン
製作 ジョン・ピーターズ
製作総指揮 バーブラ・ストライサンド
出演者 バーブラ・ストライサンド
クリス・クリストファーソン
音楽 ケニー・アスチャー
主題歌スター誕生の愛のテーマ
バーブラ・ストライサンド
撮影 ロバート・サーティース
編集 ピーター・ツィンナー
製作会社 Barwood Films
First Artists
Winters Hollywood Entertainment Holdings Corporation
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年12月17日
日本の旗 1977年3月12日
上映時間 140分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $6,000,000(見積値)[1]
興行収入 世界の旗 $80,000,000[1]
テンプレートを表示

スター誕生』(スターたんじょう、原題: A Star Is Born)は、1976年アメリカ合衆国の音楽映画。監督はフランク・ピアソン、出演はバーブラ・ストライサンドクリス・クリストファーソンなど。1937年の映画スタア誕生』の1954年版に次ぐリメイクだが、舞台を映画業界から音楽業界に変更している。また登場人物の名前も一部異なっている。主演のストライサンドが作曲して歌った主題歌「スター誕生の愛のテーマ」が大ヒットし、アカデミー歌曲賞グラミー賞最優秀楽曲賞などを受賞した。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1985年9月8日『日曜洋画劇場』)

スタッフ[編集]

日本語版[編集]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「印象に残る音楽の不足、主演2人の相性の悪さ、長ったらしい上映時間のせいで、『スター誕生』の今回の現代風リメイクはすぐに消えてしまうだろう。」であり、39件の評論のうち高評価は36%にあたる14件で、平均点は10点満点中5.4点となっている[2]Metacriticによれば、9件の評論のうち、高評価は4件、賛否混在は5件、低評価はなく、平均点は100点満点中59点となっている[3]

受賞歴[編集]

サウンドトラック[編集]

サウンドトラック盤は1976年にコロムビア・レコードより発売された。

出典[編集]

  1. ^ a b A Star Is Born (1976)” (英語). IMDb. 2019年8月30日閲覧。
  2. ^ A Star Is Born (1976)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年3月2日閲覧。
  3. ^ A Star Is Born (1976) Reviews” (英語). Metacritic. 2021年3月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]