ロバート・カーソン (脚本家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバート・カーソン
Robert Carson
生年月日 (1909-10-06) 1909年10月6日
没年月日 (1983-01-19) 1983年1月19日(73歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ワシントン州
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 脚本家
配偶者 メアリー・ジェーン・アーヴィング英語版

ロバート・カーソンRobert Carson, 1909年10月6日 - 1983年1月19日)は、アメリカ合衆国の映画およびテレビの脚本家、小説家である。『スタア誕生』で第10回アカデミー賞原案賞を獲得した。妻は元子役のメアリー・ジェーン・アーヴィング英語版である[1]

主なフィルモグラフィ[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

  • The Revels Are Ended (1936)[2]
  • "Aloha Means Goodbye" (1941) 『サタデー・イブニング・ポスト』紙で連載された日本の真珠湾攻撃を題材とした小説。実際に真珠湾攻撃が起こる6ヶ月前に掲載された。映画『パナマの死角』の原作である。
  • Stranger in Our Midst (1947)[3]
  • The Magic Lantern (1952)
  • The Quality of Mercy (1954)[4]
  • Love Affair (1958)
  • My Hero[5] (1961)
  • An End to Comedy (1963)[6]
  • The Outsiders (1966)[7]
  • Jellybean (1974) 南北戦争時代の西部劇ISBN 0-316-13026-5

受賞とノミネート[編集]

部門 作品名 結果
アカデミー賞 1937[8] 脚色賞 スタア誕生 ノミネート
原案賞 受賞

参考文献[編集]

外部リンク[編集]