ワーキング・ガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワーキング・ガール
Working Girl
監督 マイク・ニコルズ
脚本 ケビン・ウェイド英語版
製作 ダグラス・ウィック
製作総指揮 ロバート・グリーンハット
ローレンス・マーク
出演者 メラニー・グリフィス
ハリソン・フォード
シガニー・ウィーバー
音楽 ロブ・マウンジー
主題歌 カーリー・サイモン
ステップ・バイ・ステップ英語版
撮影 ミヒャエル・バルハウス
編集 サム・オスティーン
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年12月21日
日本の旗 1989年5月6日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $28,600,000
興行収入 世界の旗 $102,956,984[1]
テンプレートを表示

ワーキング・ガール』(Working Girl)は、1988年アメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画。監督はマイク・ニコルズ、出演はメラニー・グリフィスハリソン・フォードなど。1980年代後半の好景気によるM&Aブームを背景に、ニューヨークウォール街投資銀行M&A部門で働く女性の恋と仕事を描いている。

冒頭のマンハッタンの空撮(ワールドトレードセンターのツインタワーも含む)や、スタテン島フェリーのシーンなど、ニューヨークの風景がふんだんに登場する。この映画もワールドトレードセンターで撮影されている。

AFIが2006年に選出した「感動の映画ベスト100」において、本作が87位にランクインしている。

ストーリー[編集]

ウォール街投資銀行で働くテスは、元々秘書養成学校卒であったが夜学でビジネスの学位を優等で取る頑張り屋。しかし有名大卒ではないために出世の見込みはゼロ。上司から受けられるのは引き立てとは程遠いセクハラだけ、問題児扱いで人事部のお世話になるばかり。 今度また問題を起こしたら馘、と釘を刺されたテスの新しい上司は、M&A部門にボストンから赴任してきた重役のキャサリン。同性で同い年の彼女と意気投合し、張り切るテスだったが、やがてキャサリンの意外な本性を知る。 そんな中、キャサリンがスキー休暇中に足を骨折。職場復帰するまでの間、テスはキャサリンの愛人ジャックと共に、進行中の合併話を期せずして進行させることになる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
テス・マクギル メラニー・グリフィス 土井美加 高島雅羅
ジャック・トレイナー ハリソン・フォード 堀勝之祐 磯部勉
キャサリン・パーカー シガニー・ウィーバー 沢田敏子 弥永和子
ミック・ドゥガン アレック・ボールドウィン 大塚芳忠 菅生隆之
シンシア ジョーン・キューザック 小宮和枝 山田栄子
オーレン・トラスク フィリップ・ボスコ 中村正 小林修
ジニー ノーラ・ダン 一柳みる
ラッツ オリヴァー・プラット 西村知道 佐古正人
ターケル ジェームズ・ラリー 二又一成 喜多川拓郎
ボブ・スペック ケヴィン・スペイシー 千田光男 仲木隆司
ティム・ローク ジェフリー・ノードリング 稲葉実 堀内賢雄

※2015年3月4日発売のブルーレイにはソフト版に加え、テレビ朝日版の吹替を収録

その他[編集]

後に『Xファイル』の主人公モルダー捜査官役でブレイクするデイビッド・ドゥカブニーが端役で出演している。

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「明るい企業シンデレラ・ストーリー『ワーキング・ガール』には、適切なキャスト、適切なストーリー、そして適切な監督が揃っており、全てがうまくまとまっている。」であり、43件の評論のうち高評価は84%にあたる36件であり、平均して10点満点中6.86点を得ている[2]Metacriticによれば、17件の評論のうち、高評価は14件、賛否混在は2件、低評価は1件で、平均して100点満点中73点を得ている[3]

受賞歴[編集]

部門 対象者 結果
第61回アカデミー賞 作品賞 ノミネート
監督賞 マイク・ニコルズ
主演女優賞 メラニー・グリフィス
助演女優賞 シガニー・ウィーバー
ジョーン・キューザック
主題歌賞 カーリー・サイモン
ステップ・バイ・ステップ英語版
受賞
第46回ゴールデングローブ賞 作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞
監督賞 マイク・ニコルズ ノミネート
脚本賞 ケビン・ウェイド英語版
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) メラニー・グリフィス 受賞
助演女優賞 シガニー・ウィーバー 受賞[注 1]
主題歌賞 カーリー・サイモン
「ステップ・バイ・ステップ」
受賞[注 2]
第32回グラミー賞英語版 映画・テレビ主題歌賞 カーリー・サイモン
「ステップ・バイ・ステップ」
受賞

注釈[編集]

  1. ^ シガニー・ウィーバーは助演女優賞に加えて『愛は霧のかなたに』で主演女優賞(ドラマ部門)も同時に受賞している。なお、この主演女優賞は『告発の行方』のジョディ・フォスターと『マダム・スザーツカ英語版』のシャーリー・マクレーンとともに3人が同時に受賞している。
  2. ^ フィル・コリンズinバスター英語版』の主題歌「ツー・ハーツ英語版」(作詞・歌唱:フィル・コリンズ、作曲:ラモント・ドジャー英語版)との同時受賞。

出典[編集]

  1. ^ Working Girl” (英語). Box Office Mojo. 2020年9月29日閲覧。
  2. ^ Working Girl (1988)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年9月29日閲覧。
  3. ^ Working Girl Reviews” (英語). Metacritic. 2020年9月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]