スタア誕生 (1937年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタア誕生
A Star Is Born
Fredric March-Janet Gaynor in A Star Is Born (1937).jpg
ジャネット・ゲイナー(右)とフレドリック・マーチ
監督 ウィリアム・A・ウェルマン
脚本 ロバート・カーソン
ドロシー・パーカー
アラン・キャンベル
原案 ウィリアム・A・ウェルマン
ロバート・カーソン
製作 デヴィッド・O・セルズニック
出演者 ジャネット・ゲイナー
フレドリック・マーチ
アドルフ・マンジュー
音楽 マックス・スタイナー
撮影 W・ハワード・グリーン
編集 ジェームズ・E・ニューカム
製作会社 セルズニック・インターナショナル
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1937年4月20日(ロサンゼルス、ワールドプレミア)
日本の旗 1939年4月
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,173,639(見積値)[1]
テンプレートを表示

スタア誕生』(スタアたんじょう、A Star Is Born)は、1937年アメリカ合衆国のドラマ映画。 ウィリアム・A・ウェルマンが監督、ジャネット・ゲイナーフレドリック・マーチが主演した。テクニカラー作品として製作されている。 ジョージ・キューカー監督の1932年の映画栄光のハリウッド』を下敷きとし[2]、ハリウッドの光と影を描いている。

現在は米国・日本共にパブリックドメインDVDが発売されている。

1954年ジュディ・ガーランド主演)と1976年バーブラ・ストライサンド主演)と2018年レディ・ガガ主演)にリメイクされている(後述)。

ストーリー[編集]

ハリウッドの栄光と悲劇を描く。

映画スターに憧れ、ハリウッドへやってきたエスター・ブロジェット(ジャネット・ゲイナー)は大スターであるノーマン・メイン(フレドリック・マーチ)との出会いをきっかけに女優「ヴィッキー・レスター」として大スターとなり、ノーマンと結婚する。しかし、ノーマンは人気に翳りが見え始め、酒に溺れるようになって行くと、ついにはエスターがアカデミー賞を受賞した晴れの舞台に泥酔状態で現れるという醜態を見せたことで療養所に入ることになる。

退院したノーマンは俳優として既に過去の人となっていたにもかかわらず、それを受け入れられずに再び自暴自棄な行為におよび、警察に留置されてしまう。 この事態にエスターは愛する夫を介抱するために引退を決意する。 それを知ったノーマンは愛する妻のために死を選ぶ。

心身ともに疲れ果てたエスターは田舎に戻ろうとするが、そこに祖母が現れ、エスターを励ます。 こうして復帰したエスターは新作映画の試写会の場でマイクを通じて全国のファンに向かって「私はノーマン・メインの妻です」と挨拶する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞・ノミネーション[編集]

リメイク[編集]

スタア誕生(1954年、A Star Is Born
ジョージ・キューカー監督、ジュディ・ガーランドジェームズ・メイソン主演。
ミュージカルとして再映画化した作品。
スター誕生(1976年、A Star Is Born
フランク・ピアソン監督、バーブラ・ストライサンドクリス・クリストファーソン主演。
舞台が映画界から音楽界に変えられ、登場人物の名前も変更されている。
アリー/ スター誕生(2018年、A Star Is Born
ブラッドリー・クーパー監督、レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー主演。

出典[編集]

  1. ^ A Star Is Born (1937)” (英語). IMDb. 2019年8月30日閲覧。
  2. ^ スタア誕生(1954)”. WOWOW. 2019年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]