グランド・ブダペスト・ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランド・ブダペスト・ホテル
The Grand Budapest Hotel
監督 ウェス・アンダーソン
脚本 ウェス・アンダーソン
原案 ウェス・アンダーソン
ヒューゴ・ギネス
製作 ウェス・アンダーソン
スコット・ルーディン
ジェレミー・ドーソン
スティーヴン・レイルズ
出演者 レイフ・ファインズ
F・マーリー・エイブラハム
マチュー・アマルリック
エイドリアン・ブロディ
ウィレム・デフォー
レア・セドゥ
ティルダ・スウィントン
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 ロバート・D・イェーマン
編集 バーニー・ピリング
製作会社 American Empirical Pictures
スコット・ルーディン・プロダクションズ
Indian Paintbrush
バーベルスベルク・スタジオ
配給 アメリカ合衆国の旗フォックス・サーチライト
日本の旗20世紀フォックス
公開 ドイツの旗2014年2月6日(Berlinale)
アメリカ合衆国の旗2014年3月7日
日本の旗2014年6月6日
上映時間 100分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

グランド・ブダペスト・ホテル』(原題: The Grand Budapest Hotel)とは、ドイツイギリス合作のドラメディ映画である。ホテルのコンシェルジュと若い従業員の交友を描いた作品である。監督・脚本はウェス・アンダーソン、主演はレイフ・ファインズが務めた。第64回ベルリン国際映画祭審査員グランプリや、第87回アカデミー賞の4部門などを受賞している。

あらすじ[編集]

1930年代、仮想の国ズブロフカ共和国が物語の舞台である[1]。また、時間軸は1930年代と1960年代、現代の3つである。

名の知れたホテルのコンシェルジュであるグスタヴ・Hはマダム・Dと一夜を共にする。その後、マダム・Dは何者かに殺されてしまう。彼女は遺言で「リンゴを持つ少年」の絵をグスタヴに譲ろうとした。しかし、マダムの息子ドミトリーはグスタヴに母を殺した罪を着せて復讐しようとしていた。グスタヴはドミトリーに絵を奪われないように、ベルボーイのゼロとその思い人のアガサの力を借り、ヨーロッパ大陸を飛び回るのだった。

キャスト[編集]

その他の声の吹き替え
松島昭浩野川雅史タナカサキコ

製作[編集]

本作の主要撮影はベルリンとドイツ・チェコ・ポーランド国境沿いのゲルリッツにおいて、2013年1月より開始された[8]。終了したのは同年3月である。また、ゴールドブラム、ウィルソン、デフォー、ノートンの4人が写ったセット写真がネットに出回った[9]

ウェス・アンダーソン監督は1.33:1、1.85:1、2.35:1の3種類のアスペクト比を時間軸ごとに使い分けている。

公開[編集]

2013年10月16日、本作が北米市場において、2014年3月7日に封切られることが発表された[8]。また、2013年11月には、本作が第64回ベルリン国際映画祭のオープニング作品として上映されることが発表された[10]

日本では2014年6月6日にTOHOシネマズシャンテ新宿シネマカリテ他全国100スクリーンで公開が開始された。20歳代から50歳代まで幅広い年齢層の支持を受け、都市部を中心に満席の回が続出した。6日・7日の二日間で2万8,582人を動員し、興行収入はウェス・アンダーソン作品では歴代ナンバーワンの3,875万3,820円を記録して初登場10位にランクインした[11]

評価[編集]

本作は批評家から高く評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには、256件のレビューがあり、批評家支持率は92%、平均点は10点満点で8.4点となっている。サイト側による批評家の意見の要約は「一見すると思考的だが、いつものように粋である。本作によって、ウェス・アンダーソンは奥深い感情の世界を探求するためにもう一度華麗な映像を用いたことがわかる」となっている。[12]。また、Metacriticには、48件のレビューがあり、加重平均値は88/100となっている[13]

映画監督のエドガー・ライトは本作を2014年トップ10映画に選出している[14]

英国映画協会が発行する「サイト&サウンド」誌が選ぶ2014年の映画トップ20では第6位[15]、米ローリング・ストーン誌が選ぶ2014年の映画ベスト10で第7位を[16]、アメリカのエンターテインメント誌「Entertainment Weekly」が選ぶ2014年の映画トップ10では、第3位を[17]、アメリカ・「タイム」が選ぶベスト10では第1位を獲得している[18]

受賞[編集]

発表年 部門 結果
2014 第64回ベルリン国際映画祭 審査員グランプリ 受賞[19]
第59回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 外国語映画賞 受賞
第80回ニューヨーク映画批評家協会賞 脚本賞 受賞[20]
第24回ゴッサム・インディペンデント映画賞 作品賞 ノミネート
第40回ロサンゼルス映画批評家協会賞 脚本賞 受賞
美術賞 受賞
監督賞 次点
編集賞 次点
第13回サンフランシスコ映画批評家協会賞 美術賞 受賞
オリジナル脚本賞 ノミネート
撮影賞 ノミネート
第18回トロント映画批評家協会賞 脚本賞 受賞
作品賞 次点
監督賞 次点
主演男優賞 次点
第27回シカゴ映画批評家協会賞[21] 作品賞 ノミネート
監督賞 ノミネート
脚本賞 受賞
美術賞 受賞
撮影賞 受賞
編集賞 ノミネート
作曲賞 ノミネート
有望俳優賞 ノミネート
2015 第20回放送映画批評家協会賞[22] 最優秀コメディー映画 受賞
美術賞 受賞
衣装デザイン賞 受賞
第72回ゴールデングローブ賞[23] 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
監督賞 ノミネート
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) ノミネート
脚本賞 ノミネート
第19回美術監督組合(ADG)賞[24] 時代映画部門 受賞
アメリカ映画編集者協会 エディ賞[25] 最優秀作品賞(コメディー・ミュージカル映画部門) 受賞
第68回英国アカデミー賞 作品賞 ノミネート
監督賞 ノミネート
主演男優賞 ノミネート
脚本賞 受賞
撮影賞 ノミネート
編集賞 ノミネート
衣装デザイン賞 受賞
プロダクションデザイン賞 受賞
メイキャップ&ヘアスタイリング賞 受賞
作曲賞 受賞
音響賞 ノミネート
米脚本家組合賞(WAG賞)[26] オリジナル脚本賞 受賞
メイクアップ・アーティスト&ヘア・スタイリスト組合賞(MUAHS) メイクアップ賞(時代もの/キャラクター) 受賞
ヘアスタイリング賞(時代もの/キャラクター) 受賞
第19回サテライト賞 作品賞 ノミネート
美術賞 受賞
衣装デザイン賞 受賞
第17回コスチューム・デザイナーズ組合賞[27] 最優秀賞(時代劇映画) 受賞
第87回アカデミー賞 作品賞 ノミネート
監督賞 ノミネート
脚本賞 ノミネート
撮影賞 ノミネート
編集賞 ノミネート
美術賞 受賞
衣装デザイン賞 受賞
メイキャップ&ヘアスタイリング賞 受賞
作曲賞 受賞

出典[編集]

  1. ^ Discover the History of THE GRAND BUDAPEST HOTEL with Akademie Zubrowka”. 2014年2月9日閲覧。
  2. ^ Wes Anderson Adds Ralph Fiennes for ‘Grand Budapest Hotel’; Angela Lansbury Drops Out”. 2014年2月9日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q THE GRAND BUDAPEST HOTEL – Meet the Cast of Characters”. 2014年2月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k Wes Anderson Reveals Full ‘Grand Budapest Hotel’ Cast”. 2014年2月9日閲覧。
  5. ^ Saoirse Ronan Talks THE HOST, How She Compares to Her Character, Making Each of Her Roles Distinctive, Wes Anderson’s THE GRAND BUDAPEST HOTEL & More”. 2014年2月9日閲覧。
  6. ^ Lea Seydoux Books Role In Wes Anderson's 'The Grand Budapest Hotel,' Saoirse Ronan Reveals Details About Her Part”. 2014年2月9日閲覧。
  7. ^ a b Wes Anderson's 'Grand Budapest Hotel' Story Revealed; Fox Searchlight to Distribute”. 2014年2月9日閲覧。
  8. ^ a b Wes Anderson’s ‘Grand Budapest Hotel’ To Bow March 7, 2014”. 2014年2月9日閲覧。
  9. ^ First look at Wes Anderson's The Grand Budapest Hotel: beards, motorcycles, and purple suits”. 2014年2月9日閲覧。
  10. ^ Wes Anderson’s The Grand Budapest Hotel to Open the 64th Berlinale”. 2014年2月9日閲覧。
  11. ^ 『アナと雪の女王』13週目も1位!『グランド・ブダペスト・ホテル』は10位初登場【映画週末興行成績】シネマトゥディ2014年6月10日
  12. ^ The Grand Budapest Hotel (2014)”. 2014年6月26日閲覧。
  13. ^ The Grand Budapest Hotel”. 2014年6月26日閲覧。
  14. ^ “鬼才エドガー・ライト監督が選ぶ2014年トップ10映画発表!”. シネマトゥデイ. (2014年12月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068692 2014年12月5日閲覧。 
  15. ^ “英サイト&サウンド誌が選ぶ2014年の映画ベスト20 「風立ちぬ」は18位タイ”. 映画.com. (2014年12月8日). http://eiga.com/news/20141208/5/ 2014年12月8日閲覧。 
  16. ^ 「ローリング・ストーン」誌が選ぶ2014年の映画ベスト10”. 映画.com (2014年12月29日). 2015年1月5日閲覧。
  17. ^ “メガヒット作はワースト!?「2014年の映画ベスト10&ワースト5」発表”. クランクイン. (2014年12月21日). http://www.crank-in.net/movie/news/34291 2014年12月21日閲覧。 
  18. ^ “米タイム誌が選ぶ2014年の映画トップ10”. クランクイン. (2014年12月28日). http://eiga.com/news/20141228/13/ 2015年1月23日閲覧。 
  19. ^ Preise der Internationalen Jury”. 2014年2月16日閲覧。
  20. ^ ニューヨーク映画批評家協会賞発表”. 2014年12月3日閲覧。
  21. ^ "Birdman" Leads 2014 CFCA Nominations”. 2014年12月14日閲覧。
  22. ^ 第20回放送映画批評家協会賞発表!作品賞は『6才のボクが、大人になるまで。』”. シネマトゥデイ (2015年1月19日). 2015年1月19日閲覧。
  23. ^ 2015 Golden Globe Awards: Winners List”. 2015年1月10日閲覧。
  24. ^ ADG賞は「グランド・ブダペスト・ホテル」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「バードマン」”. 映画.com (2015年2月2日). 2015年2月3日閲覧。
  25. ^ アメリカ映画編集者協会『6才のボクが、大人になるまで。』に最優秀編集賞!”. シネマトゥデイ (2015年2月3日). 2015年2月4日閲覧。
  26. ^ 米脚本家組合賞に「グランド・ブダペスト・ホテル」「イミテーション・ゲーム」”. 映画.com (2015年2月16日). 2015年2月17日閲覧。
  27. ^ 『バードマン』がまた受賞!コスチューム・デザイナーズ組合賞発表”. シネマトゥデイ (2015年2月22日). 2015年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]