メイム叔母さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
メイム叔母さん
Auntie Mame
監督 モートン・ダコスタ
脚本 ベティ・コムデン
アドルフ・グリーン
原作 パトリック・デニス
製作 モートン・ダコスタ
出演者 ロザリンド・ラッセル
フォレスト・タッカー
音楽 ブロニスラウ・ケイパー
撮影 ハリー・ストラドリング
編集 ウィリアム・H・ジーグラー
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年12月27日
日本の旗 1959年7月11日
上映時間 143分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 23,300,000ドル(北米市場興行収入)
9,300,000ドル(北米市場配給収入)
テンプレートを表示

メイム叔母さん』(めいむおばさん、原題:Auntie Mame)は、1958年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

1956年ニューヨークで初演されたパトリック・デニスの戯曲『メイム叔母さん』(劇化はベティ・コムデンとアドルフ・グリーン)の映画化であり、ニューヨーク初演に引き続いてモートン・ダコスタが演出・監督、ロザリンド・ラッセルが主演した。

1966年にはアンジェラ・ランズベリー主演でミュージカル化されている。(邦題『メイム』、1974年の映画版ではルシル・ボール主演)

作中の「Life is a banquet, and most poor suckers are starving to death!(「人生とは宴であり、大多数の貧しい人々が死ぬほど飢えている!」)」という台詞は、AFIが選出したアメリカ映画の名セリフベスト100において、93位にランクインしている。


キャスト[編集]

  • メイム・デニス:ロザリンド・ラッセル
  • ボールガード・ジャクソン・ピケット・バーンサイド:フォレスト・タッカー
  • ヴェラ・チャールズ:コーラル・ブラウン

スタッフ[編集]

  • 製作/監督:モートン・ダコスタ
  • 脚本:ベティ・コムデン、アドルフ・グリーン
  • 音楽:レイ・ハインドーフ、ブロニスラウ・ケイパー
  • 撮影監督:ハリー・ストラドリング
  • 編集:ウィリアム・H・ジーグラー
  • 美術:マルコム・C・バート
  • 衣装:オリー=ケリー

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

外部リンク[編集]