ロドリゴ・ドゥテルテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロドリゴ・ドゥテルテ
Rodrigo Roa Duterte
Rodrigo Duterte 2013.jpg

任期 2016年6月30日
副大統領 レニー・ロブレド

任期 1988年2月2日1998年3月19日
2001年6月30日 – 2010年6月30日
2013年6月30日 – 2016年6月30日

フィリピンの旗 フィリピン共和国
Davao City Ph official seal.png ダバオ市副市長
任期 2010年6月30日 – 2013年6月30日

任期 1998年 – 2001年

出生 1945年3月28日(71歳)
Flag of the Philippines (navy blue).svg フィリピン・コモンウェルス レイテ島 マアシン
政党 フィリピン民主党・国民の力

ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ(Rodrigo Roa Duterte, 1945年3月28日[1] - )は、フィリピン政治家。現在、同国大統領(第16代)。ダバオ市長を7期務めた。

人物[ソースを編集]

レイテ島のマアシンの出身。父親は法律家、母は学校教師という家庭に育ち幼少時にダバオに移った[2]。大学時代の恩師はフィリピン共産党の創設者ジョマ・シソンであり[3]、シソンからは大統領選での支持も受けている[4]。また、共産党員を閣僚に起用する案を掲げるなど共産党との協力にも積極的である[5]。大統領就任後は共産党のゲリラとの間で無期限の停戦合意にも成功している[6]

大学卒業後はダバオの検察官として約10年働いた後、政界に進出[7]

母方の祖母が華人であり、ドゥテルテも中国語についても「聞いて分かる」と語っている[8]。一方で、祖父が中国人と発言したこともある[9]

政治家として[ソースを編集]

ダバオ市長[ソースを編集]

ドゥテルテは1988年にダバオ市長に選出され、1992年1995年に改選、3期務めた。4期以降はフィリピン共和国憲法の多選禁止規定に引っかかるため、1998年にダバオ初となる下院議員となり2001年まで務める。2001年に再びダバオ市長に立候補して当選し、2004年と2007年に改選され3期、合計で市長職を6期務めた[10]

2010年のダバオ市長の改選では憲法の多選禁止規定により、ドゥテルテ自身は立候補できず、娘のサラ・ドゥテルテを立候補させ当選、ドゥテルテは副市長に就いた。2013年の市長選挙で再び出馬し当選、7期目の市長を務めることとなった。

ドゥテルテの執政下では記録的な好況を実現し、ダバオは平和とタクシーのボッタクリが無くなるなど、治安の改善を実現した。ダバオ観光局はフィリピンでも最悪の犯罪発生率を劇的に軽減させることに成功し、「東南アジアで最も平和な都市」を標榜している[10]

ダバオは、ドゥテルテの容認の下で「ダバオ・デス・スクワッド」と呼ばれる自警団組織が犯罪者を超法規的措置により私刑で殺害しており、人権団体やアムネスティ・インターナショナルがドゥテルテの手法を批判している[10][11][12][13]タイム誌はドゥテルテのことを「処刑人」と記述した[10]

ドゥテルテはこのような不法な殺人について、自身のいかなる関与も否定しているが[14]2015年クリスマス直前には、ビデオメッセージで「犯罪者たちよ、これがお前たち最後のメリークリスマスだ」とフィリピン大統領選挙に向けて意気込みを語り、フィリピンで話題となった[15]

フィリピン大統領[ソースを編集]

2016年の大統領選挙については2015年10月の時点では不出馬を表明し、同時期に行われるダバオ市長選挙にも出ないとしていた[16]。しかし、同年11月には大統領選挙に出馬を表明した[17]。選挙戦中は、過激な発言を行う人物として同時期に進行していた2016年アメリカ合衆国大統領予備選挙共和党候補であるドナルド・トランプになぞらえ、「フィリピンのトランプ」とも揶揄された[18]。だが、ドゥテルテはトランプを嫌っており、「じつは、私が一番好きなのはサンダース候補だよ」「トランプは偏見の塊だが、私は違う」と述べている。

しかしフィリピン大統領選挙に勝利し、当選後の会見では「冗談であった」とするなど選挙期間中の過激な発言を修正し始めている[19]

その後、6月30日に大統領に就任した[20]

超法規的殺人指令問題[ソースを編集]

ドゥテルテは大統領就任前から麻薬撲滅のために厳しい態度で臨むことを表明しており、就任後の施政方針演説では「麻薬王や資金源、密売人の最後の一人が自首するか、あるいは投獄されるまでやめない。彼らが望むならあの世に葬り去ってもよい」と公言した[21]。実際に、麻薬犯罪に関わる容疑者を裁判にかけることなく逮捕の現場で射殺する事件がわずか1ヶ月余りで1800件が発生している[22]

こうした人権蹂躙について、アムネスティ・インターナショナルは繰り返し警鐘を鳴らし[23]、2016年8月5日には虐殺の即時中止を求める緊急行動要請を発表している[24]。さらに国連人権高等弁務官事務所も、2016年8月18日、「超法規的な処刑から国民を守るため必要な措置を取ることを求める」声明を発表した[25][26]。ところがドゥテルテ大統領はこうした警告に強く反発し、一時国際連合の脱退をほのめかし[27]、かつてのインドネシアで「第二国連」を掲げたスカルノのように中華人民共和国とともに国連に代わる新しい国際機関を設立することも示唆した[28]国際連合事務総長潘基文との会談も拒否し[29]、「馬鹿」と罵倒している[30]

また、人権侵害をやめるよう訴えたアメリカ合衆国大統領バラク・オバマを、タガログ語で「売春婦の息子」を意味する「プータン・イナ (Putang ina)」という表現で侮蔑するなどの行為を繰り返した[31]。こうした売春婦の息子に対する差別的な姿勢は問題であるばかりか、アメリカ大統領への侮蔑とも取られ、ラオスで開催されたASEAN地域フォーラムでの、アメリカ-フィリピン首脳会談は中止に追い込まれており、後にドゥテルテ大統領はこの侮蔑発言に後悔の念を示したものの[32]、オバマと会談する最後の機会だった米・ASEAN首脳会議は欠席した[33]。フィリピン南部、ミンダナオ島に駐留するアメリカ軍については「出て行かなくてはならない」とも発言している[34]

出典[ソースを編集]

  1. ^ Mayor's Bio Data from the official website of Davao City. URL last accessed 2006-10-12.
  2. ^ “検事出身の「ダーティハリー」=ロドリゴ・ドゥテルテ次期比大統領”. 時事通信. (2016年5月10日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051000077&g=int 2016年5月10日閲覧。 
  3. ^ “ドゥテルテ、なぜ? 波乱含みの隣国フィリピン”. ハフィントン・ポスト. (2016年5月10日). http://www.huffingtonpost.jp/naoji-shibata/philippines-duterte_b_9878934.html 2016年5月21日閲覧。 
  4. ^ “Duterte offering Cabinet posts to the CPP”. CNN. (2016年5月17日). http://cnnphilippines.com/news/2016/05/17/jose-maria-sision-rodrigo-duterte-Cabinet-slots-CPP.html 2016年5月21日閲覧。 
  5. ^ “フィリピン閣僚に共産党員起用 次期政権案、中国寄りの見方”. 日本経済新聞. (2016年5月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H7U_W6A510C1FF8000/ 2016年7月17日閲覧。 
  6. ^ “フィリピン政府、共産ゲリラと停戦合意”. 日本経済新聞. (2016年8月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM26H7H_W6A820C1000000/ 2016年9月13日閲覧。 
  7. ^ “検事出身の「ダーティハリー」=ロドリゴ・ドゥテルテ次期比大統領”. (2016年5月10日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051000077&g=int 2016年5月21日閲覧。 
  8. ^ “フィリピン次期大統領ドゥテルテ氏、意外に深い華人とのつながり”. ニューズウィーク. (2016年5月10日). http://www.newsweekjapan.jp/nojima/2016/05/post-1.php 2016年5月15日閲覧。 
  9. ^ “次期フィリピン大統領、「祖父は中国人」と語る親中派”. ニュースソクラ. (2016年5月12日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00010000-socra-int&pos=1  2016年9月7日閲覧。 
  10. ^ a b c d Zabriskie, Phil: The Punisher, Time magazine (Asia edition), June 24, 2002. URL last accessed 2006-10-12.
  11. ^ Amnesty International Press release ASA 35/004/2002: Philippines: Protect the community from crime - but not at the cost of human rights, July 23, 2002. URL last accessed 2006-10-12.
  12. ^ Amnesty International Pacific, document ASA 35/001/2005: Philippines: Sharp rise in "vigilante" killings as human rights activist’s death remains unsolved, February 1, 2005. URL last accessed 2006-10-12.
  13. ^ Amnesty International: Worldwide Appeals - Philippines: Sharp rise in 'vigilante' killings, The Wire, 35(3), April 2005. URL last accessed 2006-10-12.
  14. ^ Tesiorna, Ben O.: Mayor denies giving orders to 'death squad', Sun Star (a newspaper of Davao City), July 7, 2003. URL last accessed 2006-10-12.
  15. ^ “フィリピン大統領選 ドゥテルテ氏 政権運営に注目”. NHKニュース (日本放送協会). (2016年5月10日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160510/k10010515471000.html 2016年5月13日閲覧。 
  16. ^ “ドゥテルテ氏、大統領選への不出馬を表明[政治]”. NNA.ASIA (株式会社エヌ・エヌ・エー). (2016年5月7日). http://news.nna.jp/free/news/20150909php013A.html 2015年9月9日閲覧。 
  17. ^ “比大統領選の有力候補が資格停止 ポー上院議員、異議申し立ても”. 日本経済新聞. (2015年12月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H8S_R01C15A2FF1000/ 2016年5月7日閲覧。 
  18. ^ “フィリピン大統領選、ドゥテルテ市長がリード拡大=世論調査”. ロイター (ロイター). (2016年5月6日). http://jp.reuters.com/article/philippines-election-poll-idJPKCN0XX0E4 2016年5月7日閲覧。 
  19. ^ “比次期大統領が初会見「中国と連絡を密に」 選挙中「暴言」は相次ぎ修正”. 東京新聞 (東京新聞). (2016年5月17日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201605/CK2016051702000127.html 2016年5月21日閲覧。 
  20. ^ Rodrigo Duterte sworn in as Philippines president”. BBC. 2016年6月30日閲覧。
  21. ^ “フィリピン大統領が麻薬撲滅対策、施政方針演説で決意”. ロイター. (2016年7月26日). http://jp.reuters.com/article/philippines-politics-duterte-idJPKCN1051XD 2016年9月8日閲覧。 
  22. ^ “フィリピン、麻薬絡みの殺人1800件に 大統領就任後=国家警察”. ロイター. (2016年8月23日). http://jp.reuters.com/article/philippines-duterte-idJPKCN10Y03B 2016年9月8日閲覧。 
  23. ^ Everything you need to know about human rights”. Amnesty International. 2016年9月8日閲覧。
  24. ^ URGENT ACTION HUNDREDS KILLED UNDER PHILIPPINES' NEW PRESIDENT (PDF)”. Amnesty International (2016年8月5日). 2016年9月8日閲覧。
  25. ^ UN experts urge the Philippines to stop unlawful killings of people suspected of drug-related offences”. The Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights (2016年8月18日). 2016年9月8日閲覧。
  26. ^ “フィリピン 麻薬容疑者殺害で非難 OHCHR声明”. 毎日新聞. (2016年8月18日). http://mainichi.jp/articles/20160819/k00/00m/030/134000c 2016年9月8日閲覧。 
  27. ^ “フィリピン大統領が国連脱退に言及、超法規殺人の自制要求に反発”. ロイター. (2016年8月22日). http://jp.reuters.com/article/philippines-duterte-un-idJPKCN10X0CO 2016年9月8日閲覧。 
  28. ^ “フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆”. ニューズウィーク. (2016年8月22日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/post-5690.php 2016年9月13日閲覧。 
  29. ^ “フィリピン大統領、国連の潘基文事務総長との会談断る”. AFP. (2016年9月2日). http://www.afpbb.com/articles/-/3099612 2016年9月13日閲覧。 
  30. ^ “フィリピン大統領 今度は国連事務総長を「ばか者」”. NHK. (2016年9月10日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160910/k10010679371000.html 2016年9月13日閲覧。 
  31. ^ “比大統領、オバマ氏を侮蔑語で罵倒 米、首脳会談を中止”. AFPBB News. (2016年9月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/3099880 2016年9月8日閲覧。 
  32. ^ “フィリピン大統領、オバマ大統領への侮蔑発言を後悔”. AFPBB News. (2016年9月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/3099880 2016年9月8日閲覧。 
  33. ^ “ドゥテルテ、「片頭痛」でオバマとの最後の会談を欠席”. ニューズウィーク. (2016年9月9日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/09/2-38.php 2016年9月13日閲覧。 
  34. ^ “「南部から米軍出て行け」=比大統領、また批判”. 時事通信. (2016年9月13日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091200763 2016年9月13日閲覧。 

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]