禁じられた情事の森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
禁じられた情事の森
Reflections in a Golden Eye
監督 ジョン・ヒューストン
脚本 チャップマン・モーティマー英語版
グラディス・ヒル英語版
原作 カーソン・マッカラーズ
黄金の眼に映るもの英語版
製作 ジョン・ヒューストン
レイ・スターク
出演者 マーロン・ブランド
エリザベス・テイラー
音楽 黛敏郎
撮影 アルド・トンティ英語版
編集 ラッセル・ロイド英語版
製作会社 ワーナー・ブラザース
=セヴン・アーツ
配給 ワーナー・ブラザース
=セヴン・アーツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年10月13日
日本の旗 1967年12月28日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,500,000(見積値)[1]
テンプレートを表示

禁じられた情事の森』(きんじられたじょうじのもり、Reflections in a Golden Eye)は、1967年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はジョン・ヒューストン、出演はマーロン・ブランドエリザベス・テイラーなど。 女流作家カーソン・マッカラーズ1941年に発表した小説『黄金の眼に映るもの英語版』を原作とし、抑圧された性(同性愛と両性愛の両方)や覗き、殺人といったテーマを取りあげて描いている。クローゼットゲイの少佐役はモンゴメリー・クリフトが演じる予定だったが、急死によりマーロン・ブランドが代役で演じた[2]

クレジットはされてないが、フランシス・フォード・コッポラが脚本に関わったと言われている[3]

ストーリー[編集]

1940年代陸軍基地の少佐のウェルドン・ペンダーソン(マーロン・ブランド)と妻レオノラ(エリザベス・テイラー)の夫婦仲はかなり冷え切っていた。ペンダーソン少佐はゲイであったという。そんな夫に強く不満を募らせていたレオノラは、隣に住むモリス・ラングドン大佐(ブライアン・キース)と公然たる不倫関係を続けている。ラングトン大佐の妻アリソン(ジュリー・ハリス)は3年前から精神不安定で、献身的なフィリピン人の召使いと自室に引きこもっている。ペンダーソン少佐は密かに若いウィリアムズ一等兵(ロバート・フォスター)に惹かれていたが、ウィリアムズ一等兵はレオノラに惹かれ毎晩思いがけない行動を取っている。

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、22件の評論のうち高評価は55%にあたる12件で、平均点は10点満点中6.6点となっている[4]Metacriticによれば、10件の評論のうち、高評価は5件、賛否混在は4件、低評価は1件で、平均点は100点満点中67点となっている[5]

出典[編集]

  1. ^ Reflections in a Golden Eye (1967)” (英語). IMDb. 2011年5月24日閲覧。
  2. ^ Capua, Michelangelo (16 September 2015) (英語). Montgomery Clift: A Biography. McFarland. pp. 145–. ISBN 978-0-7864-8033-3. https://books.google.com/books?id=ibv9mfwrMbIC&pg=PA145 
  3. ^ ハーラン・リーボ 著、河原一久、鈴木勉 訳 『ザ・ゴッドファーザー』ソニーマガジンズ、2001年11月22日、43頁。ISBN 978-4789717748 
  4. ^ Reflections in a Golden Eye” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年10月28日閲覧。
  5. ^ "Reflections in a Golden Eye" (英語). Metacritic. 2021年10月28日閲覧。

外部リンク[編集]