ファイブ・イージー・ピーセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ファイブ・イージー・ピーセス
Five Easy Pieces
監督 ボブ・ラフェルソン
脚本 エイドリアン・ジョイス
原案 ボブ・ラフェルソン
エイドリアン・ジョイス
製作 ボブ・ラフェルソン
リチャード・ウェクスラー
製作総指揮 バート・シュナイダー
出演者 ジャック・ニコルソン
カレン・ブラック
音楽 タミー・ウィネット
撮影 ラズロ・コヴァックス
編集 クリストファー・ホームズ
ジェラルド・シェパード
製作会社 BBSプロダクションズ
コロムビア映画
レイバート・プロダクションズ
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年9月12日
日本の旗 1971年5月1日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,600,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $18,099,091[1]
テンプレートを表示

ファイブ・イージー・ピーセス』(Five Easy Pieces)は、1970年アメリカ合衆国ドラマ映画アカデミー賞四部門(作品賞主演男優賞助演女優賞脚本賞)にノミネートされた。撮影期間は1969年11月10日から1970年1月3日まで[1]

ストーリー[編集]

石油採掘場で肉体労働者として働く男、ボビー。彼は元々は音楽一家の出身であり、いわゆる上流階級の人間であった。しかし、無気力で中途半端な生き方をしたために音楽の道に進むわけでもなく、毎日を何となく過ごしていた。面倒くさいしがらみを嫌い、自分を愛してくれる恋人のレイすら鬱陶しく感じており、すぐに浮気をした。

ある時、渋滞に巻き込まれた彼は車から降りて前方のトラックへと走り、その上に積んであったピアノを弾いて見せた。上流社会からはドロップアウトしていても、その片鱗は心の中に残っていた。レイが妊娠していることを知ったボビーは結婚するのを面倒に思い、勝手に家を飛び出した。ぶらりと姉のティタを訪ね、そこで父親が大病を患っていることを告げられる。翌日、職場の同僚エルトンから妊娠させたのだから男として責任をとるべきであると説かれたものの、ボビーは全く理解を示さず、仕事を辞めてしまった。一人で帰郷しようとしたが、レイを哀れに思った彼は一緒に連れて行くことにした。

道中で乗せた二人のヒッピーから、アメリカはゴミに埋もれて住むところがないからアラスカに移住するという話を聞かされる。ボビーはレイを一旦家の近くのモーテルに残し、一人で帰宅した。三年も家を空けていたが、家族はみな暖かく彼を迎えた。そこで兄カールの弟子で恋人でもあるキャサリンに惚れたボビーは彼女と関係を作り、二人で家から逃げ出そうと提案するも、拒絶されてしまう。

一週間後、ほったらかしにしていたレイが勝手に家へやって来て下品な振る舞いをしたために、ボビーは憤りを感じた。そして、ティタと父親の介護人であるスパイサーが情事に耽っているのを発見した彼はスパイサーに突っ掛かっていくも、返り討ちにあってしまう。翌朝、ボビーは車椅子生活をしている父親に対して、「俺がいるとそこが悪くなるから、俺はそこから逃れようとするだけだ。疫病神と同じさ」と涙ながらに語る。レイと共に家を発った彼はガソリンスタンドに立ち寄った。そこで停車していたトレーラーを見かけた彼は、運転手に自分も一緒に連れて行って欲しいと告げる。そしてトレーラーは走り出し、ボビーはレイに何も言わないままどこかへ去ってしまうのだった。

キャスト[編集]

  • ロバート(ボビー)・エロイカ・デュピー - ジャック・ニコルソン
  • レイエット(レイ)・ディペスト - カレン・ブラック: ボビーの同棲中の恋人。ウエイトレス。
  • エルトン - ビリー・グリーン・ブッシュ: ボビーの相棒。
  • キャサリン・ヴァン・オスト - スーザン・アンスパック: ボビーの兄の弟子で恋人。ピアニスト。
  • パルティータ(ティタ)・デュピー - ロイス・スミス: ボビーの姉。ピアニスト。
  • カール・フィデリオ・デュピー - ラルフ・ウェイト: ボビーの兄。ヴァイオリニスト。
  • ニコラス・デュピー - ウィリアム・チャーリー: ボビーの父親。老人性認知症
  • スパイサー - ジョン・ライアン: ニコラスの介護人。

受賞[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Five Easy Pieces (1970) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]