嵐が丘 (1939年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
嵐が丘
Wuthering Heights
Wuthering Heights Olivier and Oberon 1939.jpg
監督 ウィリアム・ワイラー
脚本 チャールズ・マッカーサー英語版
ベン・ヘクト
原作 エミリー・ブロンテ
嵐が丘
製作 サミュエル・ゴールドウィン
出演者 マール・オベロン
ローレンス・オリヴィエ
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 グレッグ・トーランド
編集 ダニエル・マンデル
製作会社 ゴールドウィン映画英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 大映洋画部
公開 アメリカ合衆国の旗 1939年4月13日
日本の旗 1950年12月9日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

嵐が丘』(あらしがおか、原題: Wuthering Heights)は、1939年アメリカ映画ローレンス・オリヴィエのアメリカ映画第1作として有名。原作はエミリー・ブロンテの小説『嵐が丘』。アカデミー撮影賞を受賞している。この時期のユナイテッド・アーティスツ作品には珍しく版権が売却されなかったことから、現在も、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(UAの後継)が版権を保有する。

ストーリー[編集]

吹雪で道に迷ったロックウッドは、「嵐が丘」と呼ばれる館に辿り着き、一夜の宿を乞うた。陰気な館には主人のヒースクリフと妻のイザベラが使用人たちと暮らしていた。その夜、ロックウッドは破れた窓の外からヒースクリフを呼ぶ女の声を聞いた。それを知ったヒースクリフは、「キャシー!」と叫んで吹雪の戸外へ飛び出して行った。取り残されたロックウッドは、館の家政婦エレンから、「嵐が丘」にまつわる過去の悲劇を聞くことになった。

「嵐が丘」の元の持ち主だったアーンショーは慈悲深い男で、貧しい孤児を保護し、ヒースクリフと名付けて実子同然に育てた。アーンショーの娘キャシーはヒースクリフを愛したが、跡取り息子であるヒンドリーは彼を憎み、父の死後は館の馬丁として酷使した。

成長したキャシーは上流階級に憧れ、裕福なエドガー・リントンに求婚されて有頂天になった。キャシーは本心ではヒースクリフを愛しており、承諾の返事も思い止まったのだが、そうと知らないヒースクリフは館を飛び出し、行方をくらました。

キャシーがエドガーと結婚した後に、ヒースクリフは成功した裕福な紳士として戻って来た。復讐を誓ったヒースクリフは、まず、ヒンドリーの借金を肩代わりすることで「嵐が丘」の当主の座を手に入れた。ヒースクリフは次にエドガーの妹イザベラと結婚し、同時にキャシーに愛を語り続けた。悩み苦しんだキャシーはやがて生きる気力を失い、亡くなった。

エレンの話が終る頃、医師のケネスが「嵐が丘」に駆けつけた。ケネスは吹雪の荒野でヒースクリフと女の二人連れを見たのだが、追いつくとヒースクリフが一人で死んでいたというのだ。幽霊ではないと語るエレン。愛し合うヒースクリフとキャシーは、時の隔たりを超えてようやく一緒になったのだった。

キャスト[編集]

※()は日本語吹き替え

スタッフ[編集]

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
アカデミー撮影賞 (白黒部門):グレッグ・トーランド
ノミネート
アカデミー作品賞:サミュエル・ゴールドウィン・プロダクションズ英語版
アカデミー監督賞:ウィリアム・ワイラー
アカデミー主演男優賞:ローレンス・オリヴィエ
アカデミー助演女優賞:ジェラルディン・フィッツジェラルド
アカデミー脚色賞:ベン・ヘクトチャールズ・マッカーサー英語版
アカデミー作曲賞:アルフレッド・ニューマン

撮影中のエピソード[編集]

本作で主役を演じたオリヴィエとオベロンは、両名ストレスでイライラしており終始いがみ合っていた。オベロンは「オリヴィエが大嫌いだ。キス・シーンなんて想像するだけでゾッとする」と漏らしており、オリヴィエは「オベロンが気に入らない。彼女がどうしたこうした」とロンドン舞台に立っていた愛人のヴィヴィアン・リーに手紙で愚痴もこぼしていた。

それを読んだヴィヴィアンはいたたまれなくなり、舞台をすっぽかして大西洋航路の客船に飛び乗り、大陸横断鉄道や航空路を経由して、ロサンゼルスへやって来た。また、その頃『風と共に去りぬ』が、主役であるスカーレット・オハラ役の女優が決まっていないままアトランタの火災シーンから撮影が開始された。しかし、製作者の弟であるプロダクション・マネージャーが撮影現場の見物人の1人であったヴィヴィアンの炎に赤く輝く横顔を見て「スカーレットは決まりだ!!」と直感し、思わぬ形でヴィヴィアンは大作の主役に抜擢された。

外部リンク[編集]