マイ・レフトフット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイ・レフトフット
My Left Foot
監督 ジム・シェリダン
脚本 ジム・シェリダン
シェーン・コノートン英語版
原作 クリスティ・ブラウン英語版
マイ・レフトフット英語版
製作 ノエル・ピアソン英語版
製作総指揮 スティーヴ・モリソン
ポール・ヘラー
出演者 ダニエル・デイ=ルイス
ブレンダ・フリッカー
音楽 エルマー・バーンスタイン
撮影 ジャック・コンロイ
編集 J・パトリック・ダフナー
製作会社 Ferndale Films
グラナダ・フィルムズ英語版
アイルランド放送協会
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年11月10日
日本の旗 1990年4月21日
上映時間 103分
製作国 アイルランドの旗 アイルランド
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 £600,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $14,743,391[1]
テンプレートを表示

マイ・レフトフット』(My Left Foot)は、1989年アイルランドイギリス伝記映画。監督はジム・シェリダン、出演はダニエル・デイ=ルイスブレンダ・フリッカーなど。生まれつき脳性麻痺で左足しか動かすことのできないクリスティ・ブラウン英語版同名の自伝英語版を映画化した作品。

第62回アカデミー賞ではダニエル・デイ=ルイスが主演男優賞、ブレンダ・フリッカーが助演女優賞を受賞した。

ストーリー[編集]

1932年にアイルランドダブリンで22人兄弟の10番目に生まれたクリスティ・ブラウンは生まれつき小児麻痺で立つことも話すこともできず唯一左足のみ、かろうじて動かすことができた。

少年期のクリスティは街の人々からは厄介者扱いされ、冷たい視線を受けた。しかし心優しい母・ブリジットは多くの子供を抱える貧困生活でありながらクリスティを見捨てずに支え続け、他の兄弟姉妹達もクリスティを対等に接した。家族で唯一、レンガ職人の父・パディは息子の障害を受け入れることができず、クリスティを罵倒していた。ところがある日、クリスティは父に「言葉もわからないし字も扱えない」と侮蔑された悔しさから左足にチョークを持つと、必死に這いずり回りながら床に初めての字「MOTHER」を書いて見せる。これに感動した父はようやくクリスティを自分の息子として認める。

キャスト[編集]

受賞[編集]

第62回アカデミー賞
  • 受賞
主演男優賞 (ダニエル・デイ=ルイス
助演女優賞 (ブレンダ・フリッカー)
  • ノミネート
作品賞 / 監督賞 / 脚色賞
英国アカデミー賞(BAFTA):
  • 受賞
主演男優賞 (ダニエル・デイ=ルイス
助演男優賞 (レイ・マカナリー)
  • ノミネート
作品賞 / 脚色賞 / メイクアップ&ヘア賞
英国映画協会によるベスト100作品 (100 Best British Films):53位

出典[編集]

  1. ^ My Left Foot” (英語). Box Office Mojo. 2020年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]