リービング・ラスベガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リービング・ラスベガス
Leaving Las Vegas
監督 マイク・フィギス
脚本 マイク・フィギス
原作 ジョン・オブライエン
製作 リラ・カゼス
アニー・スチュワート
製作総指揮 ペイジ・シンプソン
スチュアート・リージェン
出演者 ニコラス・ケイジ
エリザベス・シュー
音楽 マイク・フィギス
撮影 デクラン・クイン
編集 ジョン・スミス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年10月27日
日本の旗 1996年9月14日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $4,000,000
テンプレートを表示

リービング・ラスベガス』(Leaving Las Vegas)は、1995年制作のアメリカ映画ジョン・オブライエンの半自伝小説を原作にマイク・フィギスが映画化した。 ラスベガスを舞台に、脚本家であったアルコール依存症の男性と娼婦のラブストーリー。

ニコラス・ケイジがアカデミー主演男優賞ゴールデングローブ賞男優賞を受賞した。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ベン・サンダーソン ニコラス・ケイジ 山寺宏一
セーラ エリザベス・シュー 勝生真沙子
ユーリ ジュリアン・サンズ 田中正彦
ピーター リチャード・ルイス 稲葉実
マーク・ナスバウム スティーヴン・ウェバー 家中宏
テリー ヴァレリア・ゴリノ
デビー エミリー・プロクター
銀行出納係 キャリー・ローウェル
カウンターの男 R・リー・アーメイ 大塚周夫
バーテンダー ダニー・ヒューストン
バーテンダー ジュリアン・レノン
モールの男 ボブ・ラフェルソン
タクシー運転手 ザンダー・バークレー 目黒光祐
タクシー運転手 ルー・ロウルズ

備考[編集]

撮影には通常の35mmフィルムの代わりにスーパー16 フィルムが用いられた[1]

脚注[編集]

  1. ^ Roger Ebert. “Cage relishes operatic role in tragic 'Leaving Las Vegas'”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/19951105/PEOPLE/111010327 2006年12月9日閲覧。 

外部リンク[編集]