降っても晴れても

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

降っても晴れても(ふってもはれても、Come Rain or Come Shine)は、ハロルド・アーレン作曲、ジョニー・マーサー作詞のポピュラーソング。この曲はミュージカルセント・ルイス・ウーマン のために書かれ、1946年に発表された。

レコーディングは1946年に行われ、メンバーはサイ・オリヴァートミー・ドーシー楽団とともに)、ダイナ・ショアヘレン・フォレスト・アンド・ディック・ヘイムズマーガレット・ホワイティング。この曲は実際のところ発表後の期間中チャートに入らなかったが、それはスタンダードになった。

サイ・オリヴァー / トミー・ドーシーのヴァージョンは1946年1月31日に録音された。その録音はRCAレコードからカタログナンバー20-1819で発売された。

ダイナ・ショアのヴァージョンは1946年3月18日に録音された。その録音はコロムビア・レコードからカタログナンバー36971で発売された。

ヘレン・フォレスト / ディック・ヘイムズのヴァージョンは1946年4月14日に録音された。その録音はデッカ・レコードからカタログナンバー23548で発売された。

マーガレット・ホワイティングのヴァージョンは1946年2月17日に録音された。その録音はキャピトル・レコードからカタログナンバー247で発売された。

1946年以後のレコーディング[編集]

ビリー・ホリデイは死の7年前に録音した。

サラ・ヴォーンはコロムビア用に1950年にジョージ・トレドウェル・アンド・ヒズ・オールスターズとともに録音した。トレドウェルはヴォーンの最初の夫であった。

ジョー・スタッフォードはこの曲を2つの異なるアルバム用に録音した。コロムビア・レコードの録音は1952年1月27日に行われカタログナンバーCL 6238で発売、キャピトル・レコードの録音は1963年1月4日に行われThe Hits of Jo Stafford と題されたLP(カタログナンバーST 1921)で発売された。

ジョージア・ギブス1955年にあるヴァージョンを録音した。

クレア・オースチンはあるヴァージョンを彼女のアルバムウェン・ユア・ラヴァー・ハズ・ゴーン にベツレヘム・レーベルで録音した(1956年)。

ジュディ・ガーランド1956年3月3日に彼女のアルバムJudy のためにこの曲を録音、ネルソン・リドルのコンダクトで同年に発売された。それはまた彼女の伝説的コンサートアルバムジュディ・アット・カーネギー・ホール にある。

レイ・チャールズはこの曲を彼のアルバムザ・ジーニアス・オブ・レイ・チャールズ1959年11月)に録音した。このヴァージョンは1960年と1968年にチャートに入った。

ビル・エヴァンス・トリオはこの曲のジャズ・インストゥルメンタル・ヴァージョンを1959年12月28日に彼のLP ポートレイト・イン・ジャズ に収録するために録音した。また3つの異なるヴァージョンが彼の死後に発売され、1960年の初めに同じトリオで演奏した「Live at Birdland」のセッションを、あるラジオ放送局から録音した。

この曲は1959年アート・ブレイキー・アンド・ジャズメッセンジャーズのアルバムモーニン にある。

アート・ペッパーはこの曲のインストゥルメンタル・ヴァージョンを彼の1960年のアルバムIntensity のために録音した。

ジャック・ケルアックはこの曲を録音し、それは彼のリーディングと曲のセレクション・アルバムJack Kerouac Reads 'On the Road' に見つけることが出来る。

エラ・フィッツジェラルドヴァーヴの1961年の2枚組レコード『ハロルド・アーレン・ソングブック』 に彼女の演奏を収録した。

フランク・シナトラは1961年11月22日に彼の1962年のLPシナトラ・アンド・ストリングス に収録するためにこの曲を録音した。それはリプリーズ・レコードからカタログナンバー27020で発売された。この録音はドン・コスタによるストリングスとホーンのアレンジで知られる。

ジャック・ジョーンズは彼の1963年のアルバムワイヴス・アンド・ラヴァーズ のためにこの曲を録音した。

ペトゥラ・クラークは彼女の1966年のアルバムアイ・クドゥント・リヴ・ウィズアウト・ユア・ラヴ のためにこの曲をカヴァーした。

ライザ・ミネリは彼女の3作目のA&Mレコードの1970年スタジオ・アルバムニュー・フィーリン のためにこの曲を録音した。

ジョニー・マーサーは彼の1974年のアルバムマイ・ハックルベリー・フレンド のためにこの曲を録音した。

バーブラ・ストライサンドは彼女の1979年のコンセプト・アルバムウェット のためにこの曲をカヴァーした。彼女はそれを彼女の2006年のコンサートStreisand: Live in Concert 2006 で生で歌った。

ドクター・ジョンはソロ・インストゥルメンタル・テイクを彼の1982年のアルバムザ・ブライテスト・スマイル・イン・タウンのために録音した。

ダイアン・シューアデイヴ・グルーシンジョニー・マンデルによるアレンジのヴァージョンを彼女の1986年のジャズ・スタンダード・アルバムTimeless のために録音した。このアルバムは「Best Jazz Vocal Performance, Female」のグラミーを受賞した。

ヘレン・メリルはジャズ・ベーシストのロン・カーターとのデュエット・ヴァージョンをエマーシー・レコードで1988年に発売された共同的なアルバムDuets のために録音した。

ベット・ミドラーはあるヴァージョンを彼女の映画フォー・ザ・ボーイズ1991年)のサウンドトラックのために録音した。

マイケル・クロフォードはこの曲を彼の1991年セカンド・アルバムウィズ・ラヴ に収録した。

フランク・シナトラはこの曲を彼のアルバムデュエッツ のために1993年にグロリア・エステファンとともに再録音した。その同じ年、ジョー・サンプルはこの曲の彼のヴァージョンを彼のアルバムインヴィテーション で録音した。

サクソフォーン奏者デイヴィッド・サンボーンはこの曲を彼の1995年のアルバム『Pearls』からカヴァーした。[1]

ドン・ヘンリーはこの曲のあるヴァージョンを1995年リービング・ラスベガス のサウンドトラックのために録音した。

ドクター・ジョン & ダイアン・リーヴスはあるヴァージョンをブルーノート・レコードの1999年のラスト・チャンスをあなたにのサウンドトラックのために録音した。

エリック・クラプトンは2000年12月6日に発売されたアルバムライディング・ウィズ・ザ・キング のためにこの曲のあるヴァージョンをB.B.キングとともに録音した。

キャサリン・マクフィーはあるヴァージョンをアメリカン・アイドル のシーズン5で歌い審査員から激賞の評価を与えられた。

TARRIIIはビリー・ホリデイのヴァージョンのロマンチックなスタイルをはっきりさせてレゲエ・ヴァージョンをンジョアとともに録音した。

マレーネ・ディートリッヒにはあるヴァージョンがありそのなかで彼女は変化する歌のスポークン・ワードで歌詞を繰り返す。

イディナ・メンゼルは同様にこの曲を録音した。それはどのアルバムにもないが、カーラの結婚宣言 の映画のサウンドトラックからやがて出るという憶測がありインターネットに流れた。

最近の映画で歌われたものには真夜中のサバナアリソン・イーストウッドによるものがある。その映画はジョージア州サバナを舞台とし、サウンドトラックはサバナ出身のジョニー・マーサーに捧げられている。

ルーファス・ウェインライトのライヴ・レコーディングが彼の2007年のアルバムルーファス・ダズ・ジュディ・アット・カーネギー・ホール にある。

ダニー・ゴーキーはあるヴァージョンをアメリカン・アイドル のシーズン8で歌い、審査員に大絶賛を受けた。

大衆文化[編集]

マーティン・スコセッシの1983年の映画The King of Comedy はこの曲のレイ・チャールズの録音をオープニングのクレジットのなかで取り上げている。映画の後のほうで、マーシャという登場人物(サンドラ・バーンハードが演じる)が誘拐されたジェリー・ラングフォード(ジェリー・ルイス)のために、彼が彼女のアパートで人質になっている時の「date」の間にこの曲を歌う。

カズオ・イシグロの短編集夜想曲集は「Come Rain or Come Shine; 降っても晴れても」と名付けられた物語を取り上げる。サラ・ヴォーン・レコーディングが物語のクライマックスで演奏された。

脚注[編集]

  1. ^ Pearls overview”. Allmusic.com. 2012年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]