1995年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1995年の映画(1995ねんのえいが)では、1995年(平成7年)の映画分野の動向についてまとめる。

できごと[編集]

世界[編集]

日本[編集]

  • 5月12日 - 京橋の国立フィルムセンターが再オープン。
  • 9月23日 - 『君を忘れない』は大人前売り1,000円、当日入場料金1,200円という低価格で公開したが、配給収入4.5億円と期待したほどのヒットとはならなかった[1]
  • 10月10日 - 鎌倉シネマワールドがオープン。

日本の映画興行[編集]

配給会社別年間配給収入
配給会社 本数 年間配給収入 前年対比 備考
松竹 27 041億1322万円 079.8% 松竹の1995年最高稼動番組は『男はつらいよ 拝啓車寅次郎様』/『釣りバカ日誌7』(15.5億円)。それ以外の番組は配給収入10億円の大台に届かなかったが、『トイレの花子さん』(4.5億円)・『EAST MEETS WEST』(4.3億円)・『鬼平犯科帳』(4.5億円)は健闘。
東宝 21 113億8156万円 095.3% 11年連続の年間配給収入100億円突破。配給収入10億円の大台突破の5番組『耳をすませば』(18.5億円)、『ゴジラvsスペースゴジラ』(16.5億円)、『学校の怪談』(15億円)、『ドラえもん のび太の創世日記』(13億円)、『家なき子』(10.5億円)が記録更新を助けた。
東映 26 064億0496万円 091.2% '95春東映アニメフェア』(12.7億円)、正月番組の『劇場版美少女戦士セーラームーンS』ほか(10.5億円)、『きけ、わだつみの声 Last Friends』(10.1億円)、『』(10億円)が10億円の大台を突破した。しかし、前年は大台を突破した『'95夏東映アニメフェア』(8.5億円)は届かなかった。
出典:「1995年日本映画・外国映画業界総決算」、『キネマ旬報1996年平成8年)2月下旬号、キネマ旬報社1996年、 159 - 160頁。

各国ランキング[編集]

日本配給収入ランキング[編集]

1995年日本配給収入トップ10
順位 邦画 順位 洋画
題名 製作国 配給 配給収入 題名 製作国 配給 配給収入
1. 耳をすませば 日本の旗 東宝 ¥1,850,000,000 1. ダイ・ハード3 アメリカ合衆国の旗 20世紀FOX ¥4,800,000,000
2. ゴジラvsスペースゴジラ ¥1,650,000,000 2. スピード ¥4,500,000,000
3. 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様
釣りバカ日誌7
松竹 ¥1,550,000,000 3. フォレスト・ガンプ/一期一会 UIP ¥3,870,000,000
4. 学校の怪談 東宝 ¥1,500,000,000 4. マディソン郡の橋 ワーナー・ブラザース ¥2,300,000,000
5. ドラえもん のび太の創世日記
2112年 ドラえもん誕生
¥1,300,000,000 5. ウォーターワールド UIP ¥2,100,000,000
6. ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ
スラムダンク 湘北最大の危機! 燃えろ桜木花道
ママレード・ボーイ
東映 ¥1,270,000,000 6. アポロ13 ¥2,000,000,000
7. 家なき子 東宝 ¥1,050,000,000 7. マスク ギャガ ¥1,800,000,000
劇場版美少女戦士セーラームーンS
蒼き伝説シュート!
おさわがせ!スーパーベビー
東映 アウトブレイク ワーナー・ブラザース
きけ、わだつみの声 Last Friends 9. フランケンシュタイン イギリスの旗アメリカ合衆国の旗日本の旗 トライスター・ピクチャーズ ¥1,050,000,000
10. ¥1,000,000,000 10. キャスパー アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
UIP
¥900,000,000
出典:白石雅彦 『平成ゴジラ大全』 双葉社2002年、273頁。ISBN 4-575-29505-1

全世界興行収入ランキング[編集]

1995年全世界興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1 ダイ・ハード3 20世紀フォックス $366,101,666
2 トイ・ストーリー ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ $361,958,736
3 アポロ13 ユニバーサル・スタジオ $355,237,933
4 007 ゴールデンアイ メトロ・ゴールドウィン・メイヤー $352,194,034
5 ポカホンタス ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ $346,079,773
6 バットマン フォーエヴァー ワーナー・ブラザース $336,529,144
7 セブン ニュー・ライン・シネマ $327,311,859
8 キャスパー ユニバーサル・スタジオ $287,928,194
9 ウォーターワールド ユニバーサル・スタジオ $264,218,220
10 ジュマンジ コロンビア映画 $262,797,249
出典:1995 Worldwide Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月18日閲覧。

北米興行収入ランキング[編集]

1995年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入
1. トイ・ストーリー ディズニー/ピクサー $191,796,233
2. バットマン フォーエヴァー ワーナー・ブラザース $184,031,112
3. アポロ13 ユニバーサル $172,071,312
4. ポカホンタス ディズニー $141,579,773
5. エース・ベンチュラ ワーナー・ブラザース $108,385,533
6. 007 ゴールデンアイ ユナイテッド・アーティスツ $106,429,941
7. ジュマンジ トライスター $100,475,249
8. キャスパー ユニバーサル $100,328,194
9. セブン ニューラインシネマ $100,125,643
10. ダイ・ハード3 20世紀FOX $100,012,499
出典: 1995 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月25日閲覧。

フランス観客動員数ランキング[編集]

  1. Les Trois Frèresフランス語版フランスの旗
  2. Les Anges gardiensフランス語版フランスの旗
  3. ポカホンタスアメリカ合衆国の旗
  4. Le bonheur est dans le préフランス語版フランスの旗
  5. Gazon mauditフランス語版フランスの旗
  6. 007 ゴールデンアイイギリスの旗アメリカ合衆国の旗
  7. ダイ・ハード3アメリカ合衆国の旗
  8. 101アメリカ合衆国の旗
  9. スターゲイトアメリカ合衆国の旗
  10. Élisaフランス語版フランスの旗
出典:FRANCE 1995 - BOX OFFICE STORY”. boxofficestory. 2016年1月20日閲覧。

日本公開映画[編集]

1995年の日本公開映画を参照。

受賞[編集]

死去[編集]

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 12日 入江たか子 日本の旗 83 女優
20日 金子信雄 日本の旗 71 俳優
2月 2日 ドナルド・プレザンス イギリスの旗 75 俳優
21日 ロバート・ボルト イギリスの旗 70 劇作家
25日 城達也 日本の旗 63 俳優、声優、
28日 籏野義文 日本の旗 58 アニメプロデューサー
3月 8日 五味川純平 日本の旗 78 小説家
12日 西村俊一 日本の旗 66 プロデューサー
17日 大林梅子 日本の旗 87 女優
19日 山田康雄 日本の旗 62 声優
4月 11日 寄山弘 日本の旗 85 俳優・声優
14日 バール・アイヴス アメリカ合衆国の旗 85 歌手・俳優
25日 ジンジャー・ロジャース アメリカ合衆国の旗 83 女優
5月 14日 伊沢一郎 日本の旗 83 俳優
16日 ロラ・フローレス スペインの旗 72 歌手・ダンサー・女優
18日 エリザベス・モンゴメリー アメリカ合衆国の旗 62 女優
アレクサンドル・ゴドゥノフ ソビエト連邦の旗アメリカ合衆国の旗 45 ダンサー・俳優
6月 2日 宮内幸平 日本の旗 65 声優
11日 円谷皐 日本の旗 60 円谷プロダクション代表取締役社長
21日 浜村純 日本の旗 89 俳優
29日 ラナ・ターナー アメリカ合衆国の旗 74 女優
7月 1日 ウルフマン・ジャック アメリカ合衆国の旗 57 ラジオDJ、俳優
4日 エヴァ・ガボール ハンガリーの旗アメリカ合衆国の旗 76 女優
13日 マッティ・ペロンパー フィンランドの旗 44 俳優
17日 ハリー・ガーディノ アメリカ合衆国の旗 69 俳優
8月 3日 アイダ・ルピノ イギリスの旗 77 女優・映画監督
21日 ナンニ・ロイ イタリアの旗 69 映画監督
29日 エンリケ・カレラス ペルーの旗アルゼンチンの旗 70 映画監督
9月 10日 デレク・メディングス イギリスの旗 64 特殊効果・視覚効果監督
12日 ジェレミー・ブレット イギリスの旗 61 俳優
14日 岡田英次 日本の旗 75 俳優
18日 宮口二郎 日本の旗 55 俳優
25日 富山敬 日本の旗 58 声優
10月 3日 松本克平 日本の旗 90 俳優
13日 マイケル・ラー アメリカ合衆国の旗 83 アニメーター
20日 メアリー・ウィックス アメリカ合衆国の旗 85 女優
25日 ヴィヴェカ・リンドフォース スウェーデンの旗 85 女優
11月 9日 ロバート・O・クック アメリカ合衆国の旗 92 録音技師
23日 ルイ・マル フランスの旗 63 映画監督
12月 4日 ロバート・パリッシュ アメリカ合衆国の旗 79 映画監督
9日 逸見稔 日本の旗 62 プロデューサー
22日 川谷拓三 日本の旗 54 俳優
25日 ディーン・マーティン アメリカ合衆国の旗 78 俳優

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 斉藤 2009, pp. 124 - 127.
  2. ^ 斉藤 2009, pp. 118 - 119.
  3. ^ 第47作 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年12月29日閲覧。
  4. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  6. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。

参考文献[編集]