ネバーランド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ネバーランド
Finding Neverland
監督 マーク・フォースター
脚本 デヴィッド・マギー
原作 アラン・ニー
製作 ネリー・ベルフラワー
リチャード・N・グラッドスタイン
製作総指揮 ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ミッシェル・サイゲイリー・ビンコウ
ニール・イズラエル
出演者 ジョニー・デップ
音楽 ヤン・A・P・カチュマレク
撮影 ロベルト・シェイファー
編集 マット・チェス
製作会社 フィルム・コロニー
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 東芝エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年11月24日
日本の旗 2005年1月15日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $116,766,556[1]
テンプレートを表示

ネバーランド』(Finding Neverland)は、2004年公開のアメリカイギリス製作の映画。

ジョニー・デップ主演、マーク・フォースター監督。第77回アカデミー賞では7部門にノミネートされ、作曲賞を受賞。

劇作家ジェームス・マシュー・バリーが、ピーター・パンのモデルとなった少年と出会い、その物語を完成させるまでを描いた実話を基にしたヒューマンドラマ。

ストーリー[編集]

ロンドンの劇場で劇作家のジェームス・バリは新作「リトル・メアリー」の初日を迎えていた。しかし、観客の反応は芳しくなく、翌日の新聞でも酷評されてしまう。

そんな中、ケンジントン公園に散歩に出かけたジェームスはデイヴィズ家の若き未亡人シルヴィア[2]と4人の息子(Llewelyn Davies boys)に出会う[3]。ジェームスは一家と親しくなり、足しげくケンジントンの一家の家まで行く。元女優のジェームスの妻は一家を晩餐会に呼ぶが、夫と家族の親密さに嫉妬を覚える。三男ピーターは父親を失って以来、夢を持つことをあきらめ心を閉ざしていた。心の傷と戦うピーターに、ジェームスは空想で遊ぶことと物語を書くことを教え、その中で物語の着想を得る。サセックスの別荘でインディアンごっこや海賊ごっこをした思い出が『ブラック・レイク島の少年漂流記』という私家本にまとめられ、『ピーター・パン』の原型となり、公演は大成功。しかし、ジェームスはメアリーに別れを告げられる。シルヴィアの死に落胆するピーターの慰めとなったのが「ネバーランド」というファンタジーの世界だった[4]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェームス・マシュー・バリ ジョニー・デップ 平田広明
ピーター・ルウェイン・デイヴィス フレディ・ハイモア 池田恭祐
シルヴィア・ルウェイン・デイヴィス ケイト・ウィンスレット 岡寛恵
デュ・モーリエ夫人 ジュリー・クリスティ 寺田路恵
メアリー・アンセル・バリ ラダ・ミッチェル 藤貴子
チャールズ・フローマン ダスティン・ホフマン 有川博
アーサー・コナン・ドイル イアン・ハート 田中正彦
ピーター・パン ケリー・マクドナルド 宮地真緒
ミスター・ジャスパー マッケンジー・クルック
ジョージ・ルウェイン・デイヴィス ニック・ラウド 内山昂輝
ジャック・ルウェイン・デイヴィス ジョー・プロスペロ 村上想太
マイケル・ルウェイン・デイヴィス ルーク・スピル 本城雄太郎
スミー トビー・ジョーンズ
ミセス・スノウ アイリーン・エッセル
フック船長/ジョージ・ダーリング ティム・ポッター

スタッフ[編集]

舞台[編集]

2015年にアメリカブロードウェイでミュージカル作品が上演予定。プロデューサーは映画版も手掛けたハーヴェイ・ワインスタイン、舞台監督はダイアン・パウルス、振付はミア・マイケルズが担当予定。主演はマシュー・モリソンが務める予定[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Finding Neverland (2004)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年1月24日閲覧。
  2. ^ 父が挿絵画家で作家のジョージ・デュ・モーリア(George du Maurier)
  3. ^ アルフレッド・ヒッチコック監督の『レベッカ』と『 』の原作者ダフネ・デュ・モーリアのいとこに当たる。
  4. ^ 「死ぬのはすごい冒険なんだろう」(To die will be an awfully big adventure.)というピーター・パンのセリフが出てくる。
  5. ^ “Glee」マシュー・モリソン、ブロードウェイ版「ネバーランド」に主演!”. シネマトゥデイ. (2014年11月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068095 2014年11月17日閲覧。 

外部リンク[編集]