ひとりぼっちの青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひとりぼっちの青春
They Shoot Horses, Don't They?
York they shoot.jpg
監督 シドニー・ポラック
脚本 ジェームズ・ポー
ロバート・E・トンプソン
原作 ホレス・マッコイ
製作 ロバート・チャートフ
アーウィン・ウィンクラー
製作総指揮 セオドア・B・シルズ
出演者 ジェーン・フォンダ
マイケル・サラザン
ギグ・ヤング
音楽 ジョニー・グリーン
撮影 フィリップ・H・ラスロップ
編集 フレドリック・スタインカンプ
製作会社 ABC
配給 アメリカ合衆国の旗 シネラマ・リーシング
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年12月10日
日本の旗 1970年12月8日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,860,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗$12,600,000[2]
テンプレートを表示

ひとりぼっちの青春』(原題:They Shoot Horses, Don't They?)は、1969年制作のアメリカ合衆国の映画

ホレス・マッコイ原作の小説『彼らは廃馬を撃つ(They Shoot Horses, Don't They?)』をシドニー・ポラック監督が映画化。

第42回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、ギグ・ヤング助演男優賞を受賞したほか、第35回ニューヨーク映画批評家協会賞主演女優賞ジェーン・フォンダ)、第27回ゴールデングローブ賞で5部門にノミネートされ、助演男優賞(ギグ・ヤング)を、第23回英国アカデミー賞で5部門にノミネートされ、助演女優賞(ジェーン・フォンダ)を受賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 作品賞を受賞した。

あらすじ[編集]

1932年大恐慌時代のアメリカ西部ハリウッドに程近い海岸のダンスホールで賞金のかかったダンス・マラソン大会がプロモーター・ロッキーの主催のもと、開催される。それは1時間50分踊って、10分休憩し、昼夜ぶっ通しで踊り続け、最後に残った者に賞金が与えられるという、過酷なものであった。

しかし、その催し物は金目あての大衆に大人気だった。必死に踊り続けるのは、老水兵や身重の女、スター志願の女優など様々であった。そんな中、ロバートとグロリアはなりゆきでパートナーを組むことになる。

大会は次第に悲惨な様相を呈してくるが、主催者や観客は狂ったように出場者を煽る。脱落者が続々と出る中、ロバートとグロリアはヘトヘトになりながらも踊り続けるが、ここでロッキーから、結婚式を挙げれば1000ドルの報酬を出すという話が持ち上がる。しかしそれは、優勝したとしても、賞金から諸経費を引かれてたいした金額にならない事が分かる。これで2人の精神状態はついに限界に達し、思わぬ結末が…。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

脚注[編集]

  1. ^ "ABC's 5 Years of Film Production Profits & Losses", Variety, 31 May 1973 p 3
  2. ^ Box Office Information for They Shoot Horses, Don't They?”. The Numbers. 2012年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]