大いなる勇者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大いなる勇者
Jeremiah Johnson
監督 シドニー・ポラック
脚本 ジョン・ミリアス
エドワード・アンハルト
原作 『Crow Killer』(レイモンド・W・ソープ、ロバート・バンカー)
『Mountain Man 』(ヴァーディス・フィッシャー)
製作 ジョー・ワイザン
出演者 ロバート・レッドフォード
ウィル・ギア
ポール・ベネディクト
音楽 ティム・マッキンタイア
ジョン・ルービンスタイン
主題歌 ティム・マッキンタイア
撮影 デューク・キャラハン
編集 トマス・スタンフォード
配給 ワーナー・ブラザース
公開 フランスの旗 1972年5月7日(カンヌ国際映画祭[1]
アメリカ合衆国の旗 1972年12月21日[2]
日本の旗 1972年11月3日
上映時間 116分(序曲と間奏曲を含む)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

大いなる勇者』(原題: Jeremiah Johnson)は、1972年アメリカ映画。伝説的なマウンテンマンレバー・イーティング・ジョンソン(1824年頃 - 1900年)にロバート・レッドフォードが扮した。

概要[編集]

1968年4月、プロデューサーのシドニー・ベッカーマンが、レイモンド・W・ソープとロバート・バンカーが書いた『Crow Killer: The Saga of Liver-Eating Johnson』の映画化権を獲得。1970年5月までにはワーナー・ブラザースが映画化することが決まり、同書とヴァーディス・フィッシャーが書いた『Mountain Man: A Novel of Male and Female in the Early American West』をもとにジョン・ミリアスが脚色することとなった[2]。ミリアスによれば、作品にあらわれるアメリカ人魂や台詞の慣用句はカール・サンドバーグの著書を参考にしたという。また、チャールズ・ポーティスの小説『トゥルー・グリット』(映画『勇気ある追跡』の原作)の影響も受けているという[3]

いくつかの場面はレッドフォードがユタ州に所有する土地で撮影された[4]

1972年5月の第25回カンヌ国際映画祭に出品される。その年の9月から11月にかけて、イギリス、フランス、西ドイツ、スペイン、日本などで一般公開された。本国アメリカでは遅れて12月21日に公開された。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 備考
ジェレマイア・ジョンソン ロバート・レッドフォード 主人公。メキシコ戦争の退役軍人。
クリス・ラップ ウィル・ギア 高齢のマウンテンマン。主にグリズリー・ベアを狩る。
デル・ギュー ステファン・ギーラシュ マウンテンマン。馬ごと土に埋められたところをジェレマイアに救出される。
スワン デル・ボルトン フラットヘッド族の酋長の娘。
カレブ ジョシュ・アルビー 口のきけない男の子。
赤シャツの男 ホアキン・マルティネス クロウ族の男。
聖職者 ポール・ベネディクト
マルヴィー中尉 ジャック・コルヴィン
Robidoux チャールズ・タイナー

脚注[編集]

  1. ^ Festival de Cannes: Jeremiah Johnson”. festival-cannes.com. 2016年2月11日閲覧。
  2. ^ a b AFI Catalog of Feature Films: Jeremiah Johnson”. American Film Institute. 2016年2月11日閲覧。
  3. ^ Segaloff, Nat, "John Milius: The Good Fights", Backstory 4: Interviews with Screenwriters of the 1970s and 1980s, Ed. Patrick McGilligan, Uni of California 2006 p 283-284
  4. ^ Nixon, Rob. “Jeremiah Johnson”. TCM Movie Database. Turner Classic Movies. 2016年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]