我が家の楽園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
我が家の楽園
You Can't Take It With You
1938 - Midway Theater Ad - 17 Nov MC - Allentown PA.jpg
監督 フランク・キャプラ
脚本 ロバート・リスキン
製作 フランク・キャプラ
モス・ハート
ジョージ・S・カウフマン
出演者 ジェームズ・スチュワート
エドワード・アーノルド
ジーン・アーサー
ライオネル・バリモア
アン・ミラー
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ジョセフ・ウォーカー
編集 ジーン・ハヴリック
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1938年8月23日
日本の旗 1939年4月
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約164万ドル
興行収入 約213万ドル(米国内)
約526万ドル(国外)
テンプレートを表示

我が家の楽園[1](わがやのらくえん、You Can't Take It With You)は、1938年アメリカ映画コロンビア映画製作。第11回(1938年)アカデミー賞作品賞監督賞フランク・キャプラ)を受賞した。

略歴・概要[編集]

この作品の原作はジョージ・S・カウフマン、モス・ハートのコンビが書いたピュリッツァー賞受賞の戯曲を、キャプラの良き相棒ロバート・リスキンが脚色し、キャプラのキャスティングの見事さと語り口の巧さによって映像化したものである。

ハリウッドの人気スター、ジーン・アーサージェームズ・スチュワートと舞台出身のベテラン俳優ライオネル・バリモアとエドワード・アーノルド、それに達者な脇役のコメディアンたちを適材適所で演出し、観客を笑わせてくれる。キャプラお得意の人間味あふれるコメディの1本である。 当時まだMGM専属で凡庸な二枚目だったジミーを大役に抜擢したキャプラの英断は次回の「スミス都へ行く」の大成功に繋がり第一回東京国際映画祭グレン・ミラー物語特別上映の舞台挨拶インタビューでも‘私の大好きな監督はフランク・キャプラとアルフレッド・ヒッチコックです’と断言している。

ストーリー[編集]

軍需工場の経営者カービー(エドワード・アーノルド)が敷地を拡張するために住民を立ち退かせようとするが、ヴァンダーホフ老人(ライオネル・バリモア)ががんばり続けているので、副社長をしている実直な息子トニー(ジェームズ・スチュワート)の秘書アリス(ジーン・アーサー)がヴァンダーホフ老人の娘だったこともあり、トニーを説得に行かせる。ただ、トニーはアリスに夢中なので仕事などそっちのけ。

ところが同家を訪れたトニーはびっくり仰天。もともと老人は自由に生きるのが人間の本来の価値だと悟り会社をやめたという人物、我が家でまともなのはアリスただ一人。姉のエシー(アン・ミラー)はお菓子の工場に勤めながらレスラーあがりの変なロシア人(ミッシャ・オウア)にバレエを習っているし、彼女の夫は印刷とお菓子の販売が本業なのだがシロフォンの演奏に熱を上げている。それに加えて玩具や花火をつくっている連中は同居してるわ、アリスの母(スプリング・バイントン)は劇作家気取りでタイプライターを叩いているわ…。

トニーはすっかりこの一家のペースにのせられてしまい、愛するアリスと一緒に一家の一員になりかけてしまう。息子の愛する女性の暮らし向きが気になったカービーは、ヴァンダーホフ家を訪ねて、あまりのことにビックリ仰天。この時、エシーの夫が印刷したお菓子の包み紙に、不穏な文句が記されていた、というので刑事がやってくる。そこへ地下で花火が爆発、消防車まで出動してしまう。この大騒ぎで裁判沙汰になるが、友人たちが金を集めて罰金を払い、一家を救う。

ヴァンダーホフ老人の「いくら金を儲けても、あの世までには持って行けない」という説明に納得したカービーは土地買収を中止する。トニーとアリスも結ばれ、両家の一族は仲良く手をつないで踊り回る。

[編集]

  1. ^ 「わが家の楽園」と表記している資料もある[要出典]

外部リンク[編集]