素晴らしき哉、人生!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
素晴らしき哉、人生!
It's a Wonderful Life
It's a Wonderful Life (1946 poster).jpeg
ポスター(1946)
監督 フランク・キャプラ
脚本 フランセス・グッドリッチ英語版
アルバート・ハケット英語版
フランク・キャプラ
原作 フィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン英語版
The Greatest Gift
製作 リバティ・フィルムズ
フランク・キャプラ
出演者 ジェームズ・ステュアート
ドナ・リード
ライオネル・バリモア
ヘンリー・トラヴァース
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 ジョセフ・ウォーカー英語版
ジョセフ・バイロック
編集 ウィリアム・ホーンベック英語版
製作会社 リバティ・フィルムズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 RKOラジオ・ピクチャーズ
日本の旗 日本RKOラジオ映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1946年12月20日
日本の旗 1954年2月6日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2,857,000ドル
興行収入 3,260,000ドル(北米配収)
1,000,000ドル(海外配収)[1]
テンプレートを表示
左からドナ・リード、 ジェームズ・ステュアート、キャロライン・グリムス
予告編

素晴らしき哉、人生!』(すばらしきかな、じんせい!、原題:It's a Wonderful Life)は、1946年アメリカ合衆国ファンタジードラマ映画。監督はフランク・キャプラ、出演はジェームズ・ステュアートドナ・リードなど。

作品情報[編集]

フランク・キャプラ、ウィリアム・ワイラージョージ・スティーブンスの3人が協力して設立したリバティ・ピクチャーズの第1号作品。

アメリカ映画協会(AFI)が選ぶ「感動の映画ベスト100」では1位に、同協会の「アメリカ映画ベスト100」では11位にランクインしている。

2003年のAFI選定「ヒーローと悪役ベスト100」ではジョージ・ベイリーがヒーローの9位に、ポッターが悪役の6位にランクイン。

2008年のAFI選定「10ジャンルのトップ10」ではファンタジー部門3位にランクイン。

2014年のアメリカの大手映画批評サイトRotten Tomatoesが発表した「2014年版クリスマス映画ベスト25」には第1位にランクイン[2]

これまでのキャプラ映画の集大成として1946年に公開するも、当時は興行的には惨敗。

1946年(第19回)のアカデミー賞では作品賞を含めた5部門にノミネートされるも、『我等の生涯の最良の年』や『ヘンリィ五世』の台頭により無冠に終わった。

アメリカでは不朽の名作として毎年末にTV放映されることから、それまでキャプラを知らなかった若い世代から再評価され、今ではクリスマスにこの映画が流れるのは定番となり、アメリカで最も親しまれた作品としてよく知られる映画である。その後、権利はナショナル・テレフィルム・アソシエイツ英語版(NTA)が買い取り、現在はパラマウント映画から正規版DVDが発売されている。また、公開から50年が経過しているためパブリックドメインとなっている。

アメリカではどの大学の映画学科でも、この映画を必ず見せて、学生の指針としている。[要出典]

脚本はフィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン英語版の作品『The Greatest Gift』から着想を得たもの。

あらすじ[編集]

1945年クリスマスイブ。天国の大天使が二級天使のクラレンス(ヘンリー・トラヴァース)を呼び、ニューヨーク州のベッドフォールズという町で絶望に陥っているジョージ・ベイリー(ジェームズ・スチュワート)を救うよう命じ、その準備としてジョージのこれまでの人生の歩みをクラレンスに見せる。

小さな住宅金融会社を経営し、貧しい人々のために働く父と優しい母のもとで育ったジョージ。友達と遊ぶときはその中心に立ち、女の子からの人気も高い。しかし、冬の池に落ちた弟の命を救ったときに左耳の聴力を失う。

父は自分の会社をジョージに継いでほしいと願っているが、ジョージはこの小さな町を出て世界中を回り、大学に進学して、都市計画に関わる建築家になること、大きな仕事に携わって大金を稼ぐことを夢見ている。

高校を卒業し、海外旅行と大学進学を控えていたジョージは、卒業記念パーティで友人の妹のメアリー・ハッチ(ドナ・リード)を紹介され、すぐに仲良くなる。メアリーはジョージに想いを寄せるが、ジョージは今後の夢の実現のことで頭がいっぱいである。

ところがその夜、父が急病で倒れ、まもなく死んでしまう。町で一番の富豪で金儲けのことしか考えないヘンリー・ポッター(ライオネル・バリモア)が父の死を機に会社を潰そうとしていることを知ったジョージは、大学進学を諦めて会社を継ぐことにし、自分が使うつもりだった学費は弟のハリーの大学進学に使われる。当初、大学を卒業した後はハリーが会社を継ぐことになっていたが、ハリーは卒業とともに結婚し、妻の父が営む工場で働くことになったため、町を出たいというジョージの夢は再び絶たれることになる。

失望していたジョージだったが、進学先のニューヨークから戻ってきていたメアリーと再会する。メアリーはジョージを愛し続けていた。ジョージも彼女に愛を告げ、ふたりは結婚する。しかし婚礼の日、富豪のヘンリーがふたたびジョージの会社を潰そうと策略をしかけてきたため、預けていた金を引き出そうと町民たちが押しかけてくる。ジョージとメアリーはハネムーンの費用として持っていた2000ドルを配って人々を安心させ、取り付け騒ぎは収まって会社は廃業を免れる。

二人はあばら屋をリフォームしながら新婚生活を始め、4人の子供にも恵まれて貧しいながら幸せな生活を送るようになる。ジョージは貧しい人々のために宅地開発を行い、安価な住宅を提供する仕事を進めて人々の信頼を得る。一方、法外な家賃を取っていたヘンリーの借家からは人がいなくなり、危機感を募らせたヘンリーはジョージを高額の金で抱き込もうとするがうまくいかない。

やがて第二次世界大戦が始まり、ジョージは耳の障害で徴兵を免除されるが、弟のハリーは海軍のパイロットとして活躍し、名誉勲章を受けた彼の記事が新聞の一面に載ることになる。

1945年のクリスマスイブの朝。町は英雄ハリーの歓迎準備でにぎわっている。ジョージの右腕として働いていた叔父のビリーは会社の金8000ドルを銀行に預けるため出かけたが、あろうことかこの金を紛失してしまう。実はその金はひょんなことからヘンリーの手に渡ってしまっていたのだった。この日は会社の監査があり、この8000ドルがないと会社が潰れてしまう。ビリーとジョージは必死に金を探すが見つからない。

絶望的な気持ちで帰宅するとメアリーと子供たちは楽しそうにクリスマスの準備をしているが、ジョージは家族に八つ当たりをして家を出ると酒場で酒をあおり、ついには自殺によって保険金を得ることを考えて川に向かう。ところがジョージの目の前で老人が川に飛び込んだため、ジョージも飛び込んでその老人を助ける羽目になる。この老人こそ二級天使のクラレンスで、ジョージの自殺を止めるために自ら飛び込んだのだった。

自分は死ぬしかない、自分がいない方がみんな幸せになっただろうと語るジョージに対し、彼の考えを改めさせようとするクラレンスは敢えて「ではその通りにしよう」と言う。ジョージが戻ると町にはけばけばしいネオンが光り、人々はみな荒んだ心で暮らし、知人や友人だった人々は誰もジョージのことを知らず、住宅金融会社はとうの昔に廃業、我が家は廃屋、そしてメアリーは独身のまま図書館に勤務していた。もちろん彼女もジョージのことなど知らない。

自分の人生が素晴らしいものだったことに気づいたジョージが「すべてをもとに戻してほしい」と心から神に祈ると、願い通り世界はもとに戻り、ジョージは大喜びで家へ帰る。一方メアリーは町の人々に夫の窮状を伝えて助けを求めていた。人々はジョージの家に集まって次々に金を寄付し、必要だった8000ドルを大きく上回る額が集まる。ジョージとメアリーは幸福をかみしめながら人々とともに「蛍の光」を合唱するのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(Netflixにて配信)

スタッフ[編集]

日本語版[編集]

  • 演出:岩田敦彦
  • 翻訳:赤池ひろみ
  • 制作:ACクリエイト

受賞[編集]

備考[編集]

注釈[編集]

  1. ^ RKO Feature Film Ledger, 1929-51, p116
  2. ^ “クリスマス映画ベスト25発表!1位は『素晴らしき哉、人生!』”. シネマトゥデイ. (2014年12月17日) 
  3. ^ 『ワンダフルライフ バージェス頁岩と生物進化の物語』「序言及び謝辞」(ハヤカワ文庫版15頁)より
  4. ^ アクターズ・スタジオ・インタビュー
  5. ^ 文藝春秋 1999年4月号
  6. ^ 赤い羽根募金の助成で現在行われている活動(平成25年度) 特定非営利活動法人 バリアフリー・シネマ&ライフ・ネットワーク 『名作映画「素晴らしき哉、人生」バリアフリー化プロジェクト』”. 央共同募金会. 2015年1月14日閲覧。

学術的参考文献[編集]

  • 杉野健太郎 「アメリカ映画における社会変動とスタイル変容 ― 『素晴らしき哉、人生!』から『クラッシュ』へ」、杉野健太郎編『映画のなかの社会/社会のなかの映画』(映画学叢書[監修加藤幹郎]、ミネルヴァ書房、2011年)所収。

外部リンク[編集]