一日だけの淑女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一日だけの淑女
Lady for a Day
監督 フランク・キャプラ
脚本 ロバート・リスキン(脚色)
原作 デイモン・ラニアン
製作 ハリー・コーン
音楽 ハワード・ジャクソン
撮影 ジョセフ・ウォーカー
編集 ジーン・ハヴリック
製作会社 コロンビア映画
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1933年9月13日
日本の旗 1934年5月
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

一日だけの淑女』(Lady for a Day)は、1933年公開のアメリカ合衆国の映画である。デイモン・ラニアンの短編小説をロバート・リスキンが脚色し、フランク・キャプラが監督した。

ストーリー[編集]

普段は街でリンゴを歩き売りしながら、ほそぼそと暮らしているアニー。アニーは、娘(伯爵と交際しながら外国で幸せに暮らしている)の手紙を楽しみにしていた。そんなある日娘から、これからアニーのもとに行く(伯爵とその親も連れて)という内容の手紙が届く。しかしアニーにはひとつ問題があった。それは、手紙上でアニーは、ホテルの一室で裕福な紳士の妻として、豪勢な暮らしをしている貴婦人であるかのように振る舞っていた、ということである。このままで娘に来られたら、その嘘がばれてしまう。そんなことになったら娘の伯爵との結婚、はたまた交際はなかったことになるかもしれない。どうすればいいの?途方に暮れたアニー。そんな彼女に手を差し伸べたのはなんと、カジノに棲みつき賭博で生計を立てるならず者たちの親分、デーヴだった。デーヴのもと「一日だけの淑女」に生まれ変わるアニー。はたして、うまくいくのだろうか?運命の日。アニーやデーヴらは、伯爵や警察や行政を巻き込み、大騒動を巻き起こす。

キャスト[編集]

受賞・ノミネート[編集]

部門 候補者 結果
アカデミー賞 作品賞 - ノミネート
主演女優賞 メイ・ロブソン ノミネート
監督賞 フランク・キャプラ ノミネート
脚色賞 ロバート・リスキン ノミネート

リメイク[編集]

1961年にフランク・キャプラ監督がセルフリメイクした。製作・配給はコロンビア映画に代わってユナイテッド・アーティスツである。

外部リンク[編集]