コンテンツにスキップ

パヴァロッティ 太陽のテノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パヴァロッティ 太陽のテノール
Pavarotti
監督 ロン・ハワード(Ron Howard)
公開 日本の旗 2020年9月4日
上映時間 115分
テンプレートを表示

パヴァロッティ 太陽のテノール』(ぱばろってぃ たいようのてのーる)はイタリアの国宝であるオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティドキュメンタリーである。[1][2]

この映画は、本国では2019年6月4日にファトムイベントを通じて全国プレミアイベントがあり[3][4] 、2019年6月7日に劇場で公開。日本では2020年9月4日公開の洋画。

アメリカとイギリスのベンチャー企業であるCBSフィルムズ英語版ハンウェイ・ フィルムズ英語版が販売代理店を務めている。[5]

劇中にパヴァロッティが歌唱する楽曲

[編集]
  • 冷たい手を - プッチーニ「ラ・ボエーム」[6]
  • 友よ、今日は楽しい日 - ドニゼッティ「連隊の娘」[6]
  • あれかこれか - ヴェルディ「リゴレット」[6]
  • 女心の歌 - ヴェルディ「リゴレット」[6]
  • 衣装をつけろ - レオンカヴァッロ「道化師」[6]
  • 見たこともない美人 - プッチーニ「マノン・レスコー」[6]
  • オ・ソレ・ミオ - ディ・カプア[6]
  • 誰も寝てはならぬ - プッチーニ「トゥーランドット」[6]
  • 人知れぬ涙 - ドニゼッティ「愛の妙薬」[6]
  • 星は光りぬ - プッチーニ「トスカ」[6]
  • 上記含め計20曲[6]

日本語字幕

[編集]
  • 字幕翻訳 - 古田由紀子[6]
  • 字幕監修 - 堀内修[6]

脚注

[編集]
  1. ^ Fleming Jr (2017年6月1日). “Ron Howard To Direct Feature Documentary On Iconic Opera Singer Luciano Pavarotti” (英語). Deadline. 2019年1月8日閲覧。
  2. ^ McNary (2017年6月1日). “Ron Howard to Direct Luciano Pavarotti Documentary” (英語). Variety. 2019年1月8日閲覧。
  3. ^ Fathom Events | Pavarotti Premiere Screening Event”. Fathom Events. 2019年6月5日閲覧。
  4. ^ 'Pavarotti' Premiere Screening Event Comes to Movie Theaters Nationwide on June 4, With a Special Introduction From Director Ron Howard” (英語). www.prnewswire.com. 2019年6月5日閲覧。
  5. ^ Haring (2019年2月11日). “'Pavarotti' Documentary From Ron Howard Debuts Teaser During 61st Grammy Awards” (英語). Deadline. 2019年2月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』公式サイト - Gaga. 映画情報満載 GAGA★ポータルサイト│ギャガ株式会社(GAGA Corporation)、2020年8月29日閲覧

外部リンク

[編集]