ルーク・スカイウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルーク・スカイウォーカー
Luke Skywalker
スター・ウォーズ・シリーズのキャラクター
初登場 新たなる希望』(1977年
マーク・ハミル
エイダン・バートン
プロファイル
種族 ヒューマノイド
性別 男性
家族 シミ・スカイウォーカー(祖母)
アナキン・スカイウォーカー(父)
パドメ・アミダラ(母)
レイア・オーガナ・ソロ(妹)
ハン・ソロ(義弟)
カイロ・レン(ベン・ソロ)(甥)
オーウェン・ラーズ(叔父)
ベル・ホワイトスン(叔母)
クリーグ・ラーズ(義祖父)
母星 ポリス・マサ
所属 ジェダイ
反乱同盟軍

ルーク・スカイウォーカーLuke Skywalker)は、アメリカSF映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する架空の人物。「エピソード4〜6」の主人公。俳優マーク・ハミルが演じた[注釈 1]

概要[編集]

青年に成長してからジェダイの騎士になった珍しい経歴のジェダイである。強力なフォースの使い手であり、強大な戦闘力を持つ。オフェンス・ディフェンス・パワー・スピード、全てにおいて秀でており、ライトセーバーを初めて扱った日からわずか数年でジャバ・ザ・ハットが組織するマフィアをほぼ単身の戦闘力で壊滅させ、父であるダース・ベイダーと同等に剣を交えるなど、長いジェダイの歴史の中で最も短期間で成長した人物である。また、ダース・ベイダーに「皇帝(ダース・シディアス)すら倒せる」と言わしめるほどの高い潜在能力を秘める。

師はオビ=ワン・ケノービヨーダ。父は後のシスの暗黒卿ダース・ベイダーであるアナキン・スカイウォーカー

ルークは幼少時代を奴隷として生活した父アナキンとは異なり、普通の家庭において善良な養父母に育てられたごく普通の一般庶民である家庭環境の子供であるため、純粋無垢な気質であり、性格は父親よりも温和である。また、師であるケノービとヨーダの強力なバックアップ、レイア・オーガナハン・ソロランド・カルリシアンなどの多くの友人や仲間、善良な家族の助けもあり、心が負の感情に支配されることは無かった。

衣装の色が、シリーズが進むごとに白(エピソード4)→灰色(エピソード5)→黒(エピソード6)と変わっていく。これはルークが徐々にフォースの暗黒面に近づいていることを暗示している。ちなみに父であるアナキン・スカイウォーカーも白(エピソード1)→茶色(エピソード2)→黒(エピソード3)と、徐々に暗い色へと変遷している。しかし結果は上記の通り、皇帝の甘言に屈した父親のように暗黒面に転落することはなく、父親を暗黒面の呪縛から解放することにも成功した。ジェダイの騎士は、ブラスターを積極的に使うべきではない無粋な武器としており、オビ=ワン・ケノービもブラスターを「野蛮な武器」と評していたが、ルーク・スカイウォーカーはジェダイ騎士団の正規の教義を受けていないこともあり、ブラスターを使う事に抵抗がなかった様でライトセーバーと共に携行していた。だが、クラウド・シティでのダース・ベイダーとの敗戦後、オビ=ワンの家に潜伏して書物を漁りジェダイの修行に打ち込み騎士として成長を遂げた後は、戦況に応じて他者のブラスターを利用することはあっても、ルーク自身がブラスターを携行することはなくなった。

名前の「ルーク」はルーカス自身の愛称に因む。また企画段階での名前は「ルーク・スターキラー」であり、これは後にゲーム『スター・ウォーズ フォース・アンリーシュド』の主人公・スターキラーや、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の「スターキラー基地」の名前の由来となった[1]。この他にもスター・ウォーズには多くの「スターキラー」が存在する。

経歴[編集]

エピソード3/シスの復讐[編集]

アナキン・スカイウォーカーダース・ベイダー)とパドメ・アミダラの息子であり、辺境の惑星ポリス・マサレイア・オーガナと共に双子として生まれる。「ルーク」の名は生まれたその瞬間に母が名づけたものである。ジェダイ抹殺を企てる銀河皇帝パルパティーンの目を逃れるために、誕生後すぐ、オビ=ワン・ケノービによって惑星タトゥイーンに住む父の親戚筋に当たるラーズ夫妻に預けられて育てられた(正確には、父方の祖母が奴隷から解放された後に結婚した、父の義父の家族であり、ルークとは血縁関係はない)。

ルークは自分に双子の妹がいることも、父親が帝国軍を率いるダース・ベイダーであることも知らずに育った。ベン・ケノービ(オビ=ワン・ケノービ)からは、自分の父親はベイダーに殺されたと聞かされていた。ヨーダの指示で、オビ=ワン・ケノービはタトゥイーンに潜伏しつつ、銀河の最後の希望であるルークの成長を見守った。

エピソード4/新たなる希望[編集]

辺境の惑星タトゥイーンにて、機械いじりとランドスピーダーや飛行機「スカイホッパー」の操縦が得意な青年に成長した。『エピソード4』の初期稿では、ルークはタトゥイーンに友人はいるものの、「ワーミー(芋虫)」などというあだ名をつけられるいじめられっこ(後に反乱軍で再会するビッグス・ダークライターは良き親友であることは変わらない)であり、実際に撮影もされていた。冒頭約20分間に主人公のルークが出ないことへ配給会社側からの注文を受けて、純朴な少年の成長をより強調した内容だったが、ルーカスは当初から使う気は全く無かったという。友人の多くが田舎であるタトゥイーンを出て行く中で年相応の焦りも感じており、ルークも憧れの宇宙戦闘機パイロットになるべく、アカデミー(帝国士官学校)への留学を希望していた。これは帝国に入りたい訳ではなく、憧れる親友ビッグスと同じく、帝国士官学校で戦闘技術を学んだ後で反乱同盟軍へと参加しようという考えからであった。しかし、収穫に人手が要るからなど様々な口実を毎年作ってはルークを引き止めるオーウェン・ラーズと、ルークの戦乱に巻き込まれる運命を心配するベル・ホワイトスンによって、不本意ながらも彼はタトゥーウィンに留まっていた。ある時、オーウェンが農作業用にとジャワ族から購入した2体のドロイド(C-3POR2-D2)をルークが整備していると、R2の中の映像データに「オビ=ワン・ケノービ」へのメッセージが入っているのを見つける。ルークがオーウェンに「オビ=ワン・ケノービとは郊外に住む老人ベン・ケノービのことでは?」と尋ねると、オーウェンは「オビ=ワンはルークの父親と同じ時期に死んだ」と言い、それ以上は語ろうとしなかった。

その夜、R2はメッセージを届けるため単身ラーズ家を脱走し、翌朝、追いかけたルークと3POがR2を発見するが、砂漠の盗賊サンドピープルの襲撃に遭う。気を失ったルークを助けたのはベン・ケノービだった。ルークがオビ=ワン・ケノービについて尋ねると、ベンは自分がオビ=ワンだと伝え、ルークを家に招く。

オビ=ワンは、自分がルークの父親と同じジェダイの騎士であることや、かつて自分の弟子だったダース・ベイダー銀河帝国へ寝返り、ルークの父を含む多くのジェダイが殺されたことを語り、その父親が遺した物というライトセーバーをルークに渡した。R2からのメッセージは、「レイアがR2に入力したデス・スターの設計図を、オルデランにいるレイアの父ベイル・オーガナへ届けて欲しい」というものだった。オビ=ワンは、一緒にオルデランへ行き、反乱同盟軍に加わるようルークを誘う。だがルークは帝国は憎い気持ちはあるが、叔父が許してくれるはずがないと断り、オビ=ワンを宇宙港のあるアンカーヘッドの街まで送ろうとした。だがその道中、ルーク達にドロイドを売りにきたジャワ達が、帝国軍のストーム・トルーパーにより惨殺されているのを発見する。帝国軍の意図を察したルークは自宅へ急ぐが、そこで目にしたのは襲撃された農場とラーズ夫妻の無残な姿だった。全てを失ったルークは、父親と同じジェダイの騎士になることを決意し、オビ=ワンに同行することにした。

ルーク一行は、機密データを積んだR2が帝国軍の“お尋ね者”に当たるため、通常のオルデラン行きの定期便ではなく、銀河中のならず者のパイロットたちがたむろするモス・アイズリー宇宙港へと向かった。モス・アイズリーに到着すると航宙船のパイロットを探すために酒場に赴き、ハン・ソロチューバッカに出会う。その後ソロの宇宙船ミレニアム・ファルコン号を破格の値段(ルーク曰く「船が買える」)に更にオビ=ワンが上積みした契約でチャーターする。ファルコン号は帝国軍の襲撃に遭うも、ハイパースペースにジャンプし、惑星オルデランへ向かう。その間、ルークはファルコン号船内でオビ=ワンからフォースの手ほどきを受けていた。僅かな時間で潜在能力の片鱗を見せ始めるルーク。だが、到着前にオルデランはデス・スターによって既に破壊されており、ファルコン号はデス・スターのトラクタービームにより拿捕されてしまう。

ルークとソロはストーム・トルーパーに変装し、ファルコン号船内から脱出して発着場管制室を占拠した。オビ=ワンはトラクタービームのスイッチを切りに向かい、ルークとソロとチューバッカはレイア姫が処刑寸前であることを知る。当初は用件を知らなかったハン・ソロが救出に強く反対したが、オビ=ワンへのホログラムを見ていたルークは、レイア姫が反乱同盟軍のリーダーであり、オルデラン王室の要人であることを知っていたため、彼女が「金持ち」であることを特に強調してハン・ソロを何とか説得することに成功した。監房ブロックへと救出に向かったルーク達はレイア姫を発見するが、すぐに乗り込んできた追っ手に出口を塞がれたため、レイアの機転でダスト・シュートからゴミ処理区画へと逃れた。ゴミ処理場ではルークが怪物ダイアノーガに襲われた上、ゴミ圧縮装置が起動したため、危うく潰される寸前であったところを3POとR2に助けられる。何とかファルコン号が置かれている発着場までたどり着いた4人と3PO、R2。その時、突然見張りが移動を始めたため、好機とばかりファルコン号に乗り込もうとした瞬間、ベイダーと激しくライトセーバーを交えるオビ=ワンの姿を見つける。最後のジェダイ騎士と目される2人の実に約20年ぶりとなる決闘は、容易に決着が付くようには見えなかった。だが、ルークに気付いたオビ=ワンは安堵の笑みを浮かべると、突如、剣の構えを解いた。この機を見逃さなかったベイダーが斬りつけた瞬間、オビ=ワンは自分の肉体をフォースへと昇華させ消えてしまった。それを見たルークはショックを受けるが、オビ=ワンの声がルークに走れと告げ、ルークはファルコン号に乗り込み、デス・スターから脱出した。

オビ=ワンの死を悲しむ暇も無く、すぐに追撃してきたTIEファイターを何とか撃退するとファルコン号はハイパースペースにジャンプし、反乱同盟軍の基地があるヤヴィン第4衛星に向かった。同盟軍はすぐにR2に入力されているデス・スターの設計図を調べ、デス・スターの弱点を中央原子炉の排熱口と断定、攻撃計画をスタートさせた。ルークは同盟軍に加わることになり、再会したタトゥイーンの親友ビッグス・ダークライターの推薦もあり、デス・スター攻撃隊として長年の憧れであった宇宙戦闘機パイロットに選ばれる。ビッグスとはタトゥーウィンでスピーダーを乗り回したストリートレーサー仲間であり、新米のルークを心配する隊長に「故郷タトゥイーンで一番のパイロット」と請け負っている。ルークに戦闘機の操縦経験は無いが、所有していたインコム社製エアスピーダー「T-16 スカイホッパー」が同じメーカーの練習機とも言える機体であったため(反乱軍の戦闘機Xウイングは「インコムT-65」)、操縦技能を認められた。デス・スターからの脱出行を通じて、ルークが兄のように慕うようになりだしていたソロが作戦に参加しないと知り憤るが、レイアは優しく彼を励ました。

デス・スター攻撃作戦が開始され、ルークとR2が搭乗するXウイングは善戦するが、同盟軍は迎撃に出たベイダー専用機TIEアドバンストX1の前に大苦戦する。最後の攻撃部隊となったルーク率いる小隊だが、ウェッジが被弾し離脱、ビッグスが撃墜され、攻撃部隊はルーク1機のみとなってしまう。ベイダー機が次の獲物をルークに定めた瞬間、フォースと一体になったオビ=ワンの声がルークに届く。

師の教えに従って照準コンピューターを切ると、ルークは迫る爆撃ポイントに向けて意識を集中させる。その時ルークが発揮した強いフォースは、追撃するベイダーを驚愕させる程だった。しかし、ついにベイダーはルーク機を照準に捉えた。R2が被弾し、あわや撃墜されるかと思われた時、突如ファルコン号が援護に現われる。ソロがベイダーの小隊を蹴散らした次の瞬間、フォースの赴くままにルークが放ったプロトン魚雷は、直径わずか2mの排熱口に飛び込み、デス・スターは大爆発を起こして宇宙の塵となった。タトゥイーンで、友人ビッグス・ダークライターと共に小型飛行船「T-16 スカイホッパー」の操縦し、そのスタン・ブラスターで、ベガーズ渓谷の獰猛な獣ワンプ・ラットの狩りに興じるなど、すでに飛行機の操縦経験が豊富だったとはいえ、デス・スターの2mほどしかない排熱口にミサイルを通すという神業を、フォースと同化したオビ=ワン・ケノービとの交感による助言と、フォースによる空間認識能力を用いて、戦闘機での初陣にして照準機器の補助なしで成功させる武勲を挙げた。

帰還したルークと仲間達はレイア姫から勲章を授与され、同盟軍の英雄として迎えられるのであった。

エピソード5/帝国の逆襲[編集]

デス・スターの破壊から3年が経った。前作の活躍などからルークは一躍反乱同盟軍のヒーローとなっていた。この時点での階級は「中佐(Commander)」であり、前作でのレッド中隊から派生したローグ中隊の飛行隊長を務めていた。また惑星ホスを発見して同盟軍基地建設に尽力している。

デス・スターを破壊された後、帝国軍はすぐさま反撃を開始し、同盟軍はヤヴィン第4衛星の秘密基地を追われ、氷の惑星ホスに落ち延びると秘密基地を建設し、新たな拠点としていた。一方、デス・スター戦で辛くも生き残ったベイダーは、デス・スターを破壊したパイロットの名がスカイウォーカーであると知るや、銀河中に無数の探査ドロイドプロボット」を放ち、血眼になってルークを捜索していた。

ある時、基地周辺で多発していた隕石の調査に出たルークは、突如ホスの原住生物ワンパの襲撃を受け昏倒してしまう。ワンパの洞窟にさらわれたルークは危うく喰い殺されるところであったが、フォースの力でワンパを退けると、命からがら洞窟から脱出した。だがホスの極寒の吹雪に巻き込まれ、雪の中で気を失って倒れてしまう。そこに霊体となったオビ=ワンが現れ、ルークに惑星ダゴバへ向かい、自らの師であるジェダイ・マスター「ヨーダ」からフォースを学ぶよう告げた。捜索に来たソロがルークを発見し、シェルターで原住生物トーントーンですら耐えられない死の吹雪を凌ぐと、翌朝にローグ中隊によって救出され九死に一生を得た。ルークは傷の治療を受け回復したが、ついに帝国軍がホスの同盟軍基地を付きとめ、AT-ATウォーカーをもって総攻撃を開始。ルーク率いるローグ中隊は、味方の脱出の時間を稼ぐためスノースピーダーで迎撃に出る。しかし、ルークの後部砲手ダク・ラルターが戦死し、その後さらに被弾したルーク機はついに墜落。地上に降りたルークは単身生身でAT-ATを1機破壊するも焼け石に水であり、ホスは陥落し、ルークはXウイングでR2-D2と共にホスを脱出した。

ルークはオビ=ワンの教えに従い、同盟軍艦隊には合流せずに謎の惑星ダゴバへ向かう。そこで出会ったヨーダに当初は面食らうものの、オビ=ワンの助言もあり、ルークは遅咲きながらジェダイの本格的な修行を開始した。フォースの強さだけでなく、気の短い性格も父から受け継いでいたルークは、説教臭く、過酷な修行を課すヨーダに幾度と無く反発するが、不思議な体験や、ヨーダの実力を目の当たりにしたルークは、ヨーダを偉大なるジェダイ・マスターと認め、修行に打ち込むようになる。しかし、修行によって強力になったフォースの力が、ルークにソロやレイアの未来の危機を予知させたことによって、ルークは彼らの救出を決意。ヨーダとオビ=ワンの制止を振り切り、修行半ばでダゴバを後にすると、雲の惑星ベスピンのクラウド・シティに向かう。その様子を見たヨーダは「我慢のない子だ」と嘆息した。ヨーダには、天賦の才能故に聞く耳を持たず、ジェダイの道を踏み外したルークの父と同じ危うさが、その姿に重なって見えたのである。

ヨーダの懸念通り、ルークはベイダーとの一騎打ちに敗れ、ライトセーバーを持った自身の右手を切り落とされてしまう。クラウド・シティの排気シャフトの連絡橋に追い詰められ、さらに帝国軍総司令官でシスの暗黒卿、父の仇であるはずのベイダーから、「私がお前の父親だ。」と衝撃の事実を知らされたルークは、絶望のあまり絶叫する。必死にベイダーの言葉を否定するルークだったが、ベイダーのフォースは無情にもそれを事実と告げていた。ベイダーは「お前ならやがて皇帝(ダース・シディアス)すら倒せる。仲間になれ。さすれば、銀河系を父と子で共に統治することができる」とルークをフォースの暗黒面(ダークサイド)に誘惑するが、これまで信じてきた全てを打ち砕かれ、絶望に支配されたルークには自ら死を選ぶ道しか残されていなかった。自決するように排気シャフトに身を投げたルークだったが、偶然にもクラウド・シティの外部に引っかかり、落っこちそうな彼の叫びをフォースで感じ取ったレイアのファルコン号に救出された。なおもベイダーはルークを捕らえるべく、ハイパードライブ故障中のファルコン号を拿捕・制圧する準備を進めていたが、間一髪、R2の機転によってファルコン号はハイパースペースにジャンプし、ルークは再び同盟軍に合流を果たした。切り落とされた右手に機械の義手を装着したルークは、ボバ・フェットによって悪名高いジャバ・ザ・ハットのもとに連れ去られたハン・ソロ救出に向かうランド・カルリシアンチューバッカを、残ったレイアとともに見送るのだった。

エピソード6/ジェダイの帰還[編集]

クラウド・シティにてダース・ベイダーに敗れ、絶望に沈んだ日から約1年ほどが過ぎた。惑星ベスピンでシスの暗黒卿ダース・ベイダーに敗れ己の未熟さを痛感したルークは、この間に単身タトゥーウィンに戻り、かつてのベン(オビ=ワン)・ケノービの隠れ家に篭り、新たなライトセーバーの製作と、過酷なジェダイの修行に励んでいた。しかし、未ださらわれた親友ハン・ソロは取り返せないでいた。先にジャバ・ザ・ハットのアジトに用心棒として潜入していたランド・カルリジアンに続き、交渉に赴いたC-3POとR2-D2、チューバッカを囮に賞金稼ぎに扮したレイア・オーガナからも連絡が途絶えたため、数週間後ついにルークは単身ジャバの砂漠の宮殿に乗り込んだ。そこでは目を疑うような光景があった。レイアはジャバに奴隷として捕らわれていた。

過酷な修行を積み、高貴なジェダイとしての実力と威厳を備えたルークは、悪名高い宇宙マフィアの親玉であるジャバに対しても臆することなく交渉を進めていくが、ジャバも余裕の姿勢を崩さない。ジェダイのマインドトリック(心理操作)は、ハット族には通用しなかったのだ。一瞬の隙を突いて強硬手段に出たルークだったが、ジャバの方が一枚上手だった。罠にかかり、床下に突き落とされたルークは、そこでジャバのペットである巨大モンスター、ランコアに襲われる。ライトセーバーを持たず、あわや喰われる寸前だったルークだが、咄嗟の機転で怪物を仕留め、窮地を脱出する。だが、一息つく間も無くジャバに捕まったルークは、ソロとチューバッカともども、翌日の処刑を宣告される。それは砂漠に潜む怪物サルラックの穴に放り込まれ捕食された後、1000年続くという消化の苦しみを味わうというものであった。

翌朝、砂漠の巨大遊覧ヨット「セール・バージ」で処刑場であるサルラックの巣に繰り出すジャバ一行。炭素冷凍状態からの解凍から間もないせいか、いつもの威勢の良さも無く悪運もここまでと開き直るソロに対し、必ず助けると請け負うルーク。ソロは炭素冷凍されていたため1年間の意識が無く、ルークと会うのはホス脱出の前に言葉を交わした時以来だった。

いよいよ処刑の開始が宣言される中、事ここに及んでルークはジェダイの流儀にのっとり、ジャバに降伏を勧告した。この状況下では当然聞き入れられるはずもなく、サルラックの巣上の渡し板に乗せられるルーク。だが突き落とされる瞬間、華麗に身を翻すと、R2-D2に隠し持たせていた新たなライトセーバーを受け取り、反撃を開始する。大混乱に陥るジャバのセール・バージ。ジェダイとなったルークを止められる者は無く、次々とジャバの手下をサルラックの餌食にしていく。ボバ・フェットらジャバの用心棒たちを次々に倒すルークの実力を目の当たりにし、この短期間でのジェダイの騎士としての成長ぶりに、ソロは驚かされる。その最中、ジャバはレイアの反撃で息の根を止められていた。ルーク達が脱出した瞬間、セール・バージは大爆発し、銀河に名を響かせたジャバのマフィア一派をほぼ一人で壊滅させたことでルークのその実力は誰からも認められるようになった。

その後ルークは、かつて修行を途中で切り上げてしまった惑星ダゴバヨーダの下を訪れ、約束していた修行の再開を請うが、偉大なるジェダイマスターは病床の身であった。ルークはヨーダにジェダイの修行の完成を申し出るも、ジェダイとして技術的なことはすべて学び終え習得しており、もはや自分が教えることは何も無いとその成長を認められる。だが、真の意味でジェダイの騎士になるには、最後の試練として、父ダース・ベイダーとの対決は不可避であることも告げられる。それを告げると、ヨーダは死の間際にオビ=ワンと同じく肉体を捨て、フォースと一体となった。実の父であるベイダーは殺せないと悩むルークの前にオビ=ワンの霊体が現われ、もはやベイダーは悪の機械であり、救う術は無いと告げるのだった。同時に、ルークとレイアが実の兄妹であり、妹を守るようにと告げられる。ルークは重い事実に苦悩するが、1年前クラウド・シティでの対決時に敗れたルークを殺さず、手を差し伸べて自分の下に来いと言ったベイダーの事を思い返し父にはまだ善の心が残っているのではないかという希望を持ち、彼を暗黒面から救う決意をする。

第2デス・スター破壊のため作戦行動中の反乱同盟軍に合流したルークは、レイアに兄妹である事、そして自分達の父親がベイダーであることを告げると、単身帝国軍の捕虜になり、ベイダーの説得を試みる。だがベイダーは、息子が作り上げたライトセイバーを手にしてその出来栄えを素直に称賛しながらも、もはや全てが手遅れであり、皇帝には逆らえないと答えるのみであった。ルークはベイダーによって銀河皇帝ダース・シディアスの謁見室に連れて行かれる。ルークは、これから滅ぶ同盟軍を捨て、強大なパワーを持つ暗黒面のフォースを学べと皇帝から誘惑を受ける。それはかつてアナキン・スカイウォーカーに道を踏み外させた言葉そのものであったが、ルークは静かに拒否する。だが、今回の同盟軍によるデス・スター攻略作戦、そのきっかけとなったデス・スターの弱点の漏洩が全て、反乱軍を一掃せんと皇帝が仕掛けた罠であると聞かされ、さしものルークも大きく動揺する。

ついに反乱同盟軍の総攻撃が開始された。だが皇帝の予見通り、罠にかかった同盟軍は苦境に陥る。仲間の危機を察知し、暗黒面の源である怒りに震えながらも必死に耐えるルークだったが、皇帝の「自分を討ち取れば全てが終わる」という挑発に負け、ついにライトセーバーを手に取り皇帝に襲いかかる。すかさずベイダーも剣を抜き、再び父子の決闘が始まるが、ルークは戦いの最中においてもなお、ベイダーの説得を試みる。しかし、妹レイアを弟子にしようとする言葉に、ルークは怒りにまかせた凄まじい爆発力を見せベイダーを圧倒、ついにはベイダーの手を切り落した。ルークは湧き上る怒りと憎しみによって暗黒面に取りこまれつつあり、その状態を好機と見た皇帝は、ベイダーにとどめを刺し、父に代わって皇帝の弟子になるよう、フォースの暗黒面へと誘い込もうとする。だが、斬り落とした父の腕が自分と同じ機械の義手であったのを見た瞬間、ルークは自らの精神が暗黒面に入りかけている事、否定していた父と自分がいかに似た存在であるのか、そして父もまた悲しい運命の犠牲者であった事に気付き、ジェダイの騎士として落ち着きを取り戻していく。

ルークは強靭な意志で自分の中に沸きあがろうとした暗黒面の感情を克服すると、自ら自身のライトセーバーを投げ捨て「あなたの負けだ皇帝。僕はダークサイドには堕ちない」と皇帝の甘言を拒絶し、「僕はジェダイだ。かつて父がそうであったように…」との言葉を突き付ける。その姿はかつて皇帝に唆されるままに無力化したドゥークー伯爵を葬った若き日のベイダーとは違う、まさしくジェダイの騎士としての言葉であった。暗黒面に引き込めないルークは脅威以外の何者でもないと、皇帝はフォース・ライトニングを浴びせかける。憎しみや闘いというフォースの暗黒面につながる事を放棄したルークは、なす術も無く皇帝から一方的に攻撃を受け見る見る衰弱していくが、その最中も父であるベイダーの良心に必死に呼びかけ続ける。フォースの暗黒面の誘惑と甘言に負け、メイス・ウィンドゥらジェダイを裏切った若き日の自分とは全く違う、ルークの確固たる意志を示した騎士としての決断と、父の良心を信じる必死の叫びが、ついにベイダーの心を強く打ち抜き、その善なる魂を呼び戻す。ベイダーは捨て身の覚悟で皇帝を抱え上げると、皇帝の必死の電撃で自身の生命維持装置を破壊されるのも構わず、デス・スターの反応炉に続く中央動力ケーブル坑に投げ落とし、遂に皇帝を葬り去る。「クローン戦争」以来続いた銀河大戦はこれによって終止符が打たれ、ベイダーはフォースの暗黒面に囚われた「シスの暗黒卿」から「ジェダイの騎士」へと帰還する。だが「アナキン・スカイウォーカー」へ戻ったベイダーの身体は、皇帝が最後の抵抗に放った電撃で瀕死の重傷を負っていた。ルークは善なるジェダイの騎士としての心を取り戻した父の願いでベイダーの黒いマスクを外すと、戦傷と火傷で傷付いた素顔で息子の顔を見ることが出来たアナキンは、自身が間違っていたことを娘へも告げるように頼み、満ち足りた様子の穏やかな表情で息を引き取った。ルークは打ちひしがれながらも、父をもう孤独にさせまいという一心で、その亡骸とともに、インペリアル・シャトルで崩壊するデス・スターから脱出した。

同盟軍の決死の攻撃によりデス・スターは破壊され、銀河系の各地は歓喜の叫びに包まれていた。緑の衛星エンドアにおいて同盟軍が勝利を祝う中、ルークはただ一人、父の亡骸をその身に纏うベイダーの仮面や鎧と共に火葬する。悲しみに包まれつつも勝利の祝賀会に姿を見せたルークは、無事だった仲間達、そしてオビ=ワン、ヨーダの霊体、加えて同じく今や聖なるジェダイの霊体となった父アナキンとも再会し、ついに迎えた平和を共に喜び心安らがせるのであった。

エピソード7/フォースの覚醒[編集]

帝国軍の壊滅後、新たなジェダイを育てていたが、一人の少年の裏切りにより、その全てが水泡に帰す結果となり、自責の念から姿を眩ませたとされている。また、何らかの目的でジェダイ最古の寺院を探す旅に出たとも言われている。

帝国軍残党ファースト・オーダーには帝国が滅びる最大の要因を作った“最後のジェダイ”として命を狙われ、レイア率いるレジスタンスには銀河唯一の希望として発見が切望されており、その行方が作品のキーとなっている。

また、レイがルークのライトセーバーに触れ、フラッシュバックを体感する際に、ルーク・スカイウォーカーの声が挿入されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』での出生直後はエイダン・バートンが演じた。

出典[編集]

  1. ^ Starkiller Base and General Hux: New details on the dark side of The Force Awakens”. Entertainment Weekly's EW.com (2015年11月13日). 2016年7月21日閲覧。

吹き替え版の声優[編集]

関連項目[編集]