ミキ (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミキ
MIKI
メンバー 昴生
亜生
結成年 2012年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
出身 日本の旗 日本京都府京都市
出会い 実兄弟
旧コンビ名 やぶれかぶれ、ファイティングポーズ(昴生)
現在の活動状況 テレビ、ライブなど
芸種 漫才
ネタ作成者 両者
現在の代表番組 ミキの兄弟でんぱ!!
過去の代表番組 もってる!? モテるくん
同期 プリマ旦那アイロンヘッド尼神インターバンビーノなど(昴生)
馬と魚さや香蛙亭など(亜生)
公式サイト プロフィール
受賞歴
2016年 第1回上方漫才協会大賞 新人賞・トータルコーディネイト賞
2016年 第46回NHK上方漫才コンテスト 優勝
2016年 27時間テレビ 27時間フェス 笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI 優勝
2017年 M-1グランプリ2017 3位
2018年 M-1グランプリ2018 4位
2019年 第54回上方漫才大賞 新人賞
テンプレートを表示

ミキは、日本お笑いコンビである。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)東京本部所属。お笑い第七世代。関西を中心に活動していたが2019年4月より東京へ活動拠点を移す[1]

概要[編集]

実兄弟である兄の昴生・弟の亜生で結成されたコンビ[2]。大阪時代は、よしもと漫才劇場を中心に活動。コンビ名の「ミキ」は本名の「三木」をカタカナにしたもの。上岡龍太郎は母方の伯父(母の兄)にあたる[3]。但し兄の昴生によると、上岡とは「小さい頃に数回、会っただけ」との事[3]。2人は上岡の名前を出して注目されたくないという理由で、売れ始めた2017年まで公表していなかった。

メンバー[編集]

ともに京都市出身。

  • 昴生(こうせい、三木 昴生、 (1986-04-13) 1986年4月13日(33歳) - ) ツッコミ担当・立ち位置向かって右
    兄弟の兄。血液型O型。身長:165cm。体重:85kg。
    大阪NSC30期扱い。
    趣味はディズニーリゾート旅行。
    京都府立北稜高等学校[4]花園大学卒業。
    2018年6月8日に一般女性と結婚したことが発表された。(サンタフェ婚)
  • 亜生(あせい、三木 亜生、1988年7月22日(30歳) - ) ボケ担当・立ち位置向かって左
    兄弟の弟。血液型A型。身長:173cm。体重:63kg。重度の潔癖症である。
    大阪NSC34期扱い。
    兄昴生の影響で小学校1年生の頃からサッカーをしていて、西日本の選抜メンバーに選ばれたことがある。
    京都府立北稜高等学校[4]東海大学海洋学部卒業。芸人になる前には介護士として働いていた。

略歴[編集]

芸風[編集]

主にしゃべくり漫才。話を進めようとする昴生に対し亜生が揚げ足を取り続け、昴生がキレて金切り声でツッコむというスタイル。お笑い評論家のラリー遠田によると、ネタの設定や発想はそれほど突飛なものではなく「むしろ、今どき珍しいほどシンプルな形のボケを平気で繰り出してくる」[11]。漫才のつかみとして兄弟であることを説明した後、名前に引っ掛けて「あーせい、こーせい」(関西弁で「ああしろ、こうしろ」の意)と自己紹介する。ネタの中で亜生が昴生のことを「兄ちゃん」と呼ぶなど兄弟であることをはっきり出すのが特徴である。「誰も傷つけない漫才」をモットーとする[12]

出囃子[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

過去の番組出演[編集]

ラジオ[編集]

  • ミキの兄弟でんぱ!(KBS京都ラジオ、2016年9月28日 - )
  • ミキの深夜でんぱ!(文化放送、2019年4月2日 - )[15]
  • ミキのオールナイトニッポンR(ニッポン放送 、 2017年6月3日 - ほか)
  • ミキのオールナイトニッポン0(ZERO)(ニッポン放送、2018年8月30日)

吹き替え[編集]

単独ライブ[編集]

2014年
  • 3月14日 「ミキの30分」(5upよしもと)
  • 7月25日 「ミキの30分」(5upよしもと)
  • 8月28日 「ミキの30分」(5upよしもと)
  • 9月15日 「ミキの30分」(5upよしもと)
  • 11月2日 「ミキの30分」(5upよしもと)
2015年
  • 1月27日「ミキ漫2015」(トリイホール)
  • 3月15日 「ミキ漫2015 vol.2」(よしもと漫才劇場)
  • 4月27日 「ミキ漫2015 vol.3」(道頓堀ZAZA POCKET'S)
  • 6月3日 「ミキ漫2015 vol.4」(道頓堀ZAZA HOUSE)
  • 7月18日 「ミキ漫2015 vol.5」(道頓堀ZAZA HOUSE)
  • 8月18日 「ミキ漫2015 vol.6 in 祇園花月」(よしもと祇園花月)
  • 9月23日 「ミキ漫2015 vol.7」(道頓堀ZAZA HOUSE)
  • 10月17日 「ミキ漫2015 vol.8」(よしもと漫才劇場)
  • 11月23日 「ミキ漫2015 vol.9」(道頓堀ZAZA HOUSE)
  • 12月31日 「ミキ漫2015 vol.10~よいお年を~」(道頓堀ZAZA HOUSE)
2016年
  • 1月18日 「家でやれ!」(道頓堀ZAZA HOUSE) - トークライブ
  • 2月18日 「ミキ漫2016 vol.1」(よしもと漫才劇場)
  • 3月25日 「家でやれ!!」(道頓堀ZAZA HOUSE) - トークライブ
  • 4月23日 「ミキ漫2016 vol.2 in 祇園花月」(よしもと祇園花月)
  • 5月24日 「家でやれ!!!」(道頓堀ZAZA HOUSE) - トークライブ
  • 6月4日 「ミキ漫2016 vol.3」(よしもと漫才劇場)
  • 7月27日 「家でやれ!!!!」(道頓堀ZAZA HOUSE) - トークライブ
  • 8月23日 「ミキ漫2016 vol.4」(よしもと漫才劇場)
  • 9月23日 「家でやれ!!!!!」(道頓堀ZAZA HOUSE) - トークライブ
  • 10月22日 「ミキ漫2016 in 東京」(ヨシモト∞ホール)
  • 11月27日 「家でやれ!!!!!!」(道頓堀ZAZA HOUSE) - トークライブ
  • 12月20日 「ミキ漫2016 in NGK」(なんばグランド花月)
2017年
  • 2月19日 「ミキ漫2017 in ルミネtheよしもと」(ルミネtheよしもと)
  • 3月11日 「ミキの漫才とトーク」(よしもと沖縄花月)
  • 3月18日 「家でやりなはれ!」(よしもと祇園花月) - トークライブ
  • 4月14日 「ミキ漫2017 in よしもと漫才劇場」(よしもと漫才劇場)
  • 4月24日 「ミキの漫才とトーク」(大宮ラクーンよしもと劇場)
  • 4月28日 「ミキ漫2017 in 幕張」(よしもと幕張イオンモール劇場)
  • 5月12日 「家でやりなはれ!!」(よしもと祇園花月) - トークライブ
  • 6月10日 「ミキ漫2017 in よしもと漫才劇場 vol.2」(よしもと漫才劇場)
  • 7月2日 「ミキの漫才とトーク」(大宮ラクーンよしもと劇場)
  • 7月8日 「家でやりなはれ!!!」(よしもと祇園花月) - トークライブ
  • 8月29日 「ミキ漫2017 in NGK」(なんばグランド花月)
  • 9月1日 「家でやりなはれ!!!!」(よしもと祇園花月) - トークライブ
  • 9月2日 「ミキの漫才とトーク」(大宮ラクーンよしもと劇場)
  • 10月20日 「ミキ漫2017 in 幕張」(よしもと幕張イオンモール劇場)
  • 11月3日 「ミキの漫才とトーク」(大宮ラクーンよしもと劇場)
  • 11月22日 「家でやりなはれ!!!!!」(よしもと祇園花月) - トークライブ
  • 12月23日 「ミキの漫才とトーク」(よしもと沖縄花月)
  • 12月25日 「ミキ漫2017 クリスマススペシャル」(よしもと漫才劇場)
2018年
  • 1月31日 「家でやりなはれ!!!!!!」(よしもと祇園花月) - トークライブ
  • 2月4日 - 8月18日「ミキ漫2018 全国ツアー」[17]
    • 2月4日 (よしもと漫才劇場)
    • 2月24日 (ルミネtheよしもと)
    • 3月11日 (イムズホール)
    • 3月25日 (東文化小劇場)
    • 4月7日 (札幌市教育文化会館小ホール)
    • 4月14日 (新潟県民会館小ホール)
    • 5月12日 (那覇市ぶんかテンブス館テンブスホール)
    • 5月20日 (電力ホール)
    • 6月16日 (石川県文教会館ホール)
    • 7月8日 (よしもと祇園花月)
    • 8月11日 (アステールプラザ中ホール)
    • 8月18日 (サンポートホール高松第2小ホール)
  • 2月15日 「亜生トークライブ「ひとりっこ」」(道頓堀ZAZA POCKET'S、亜生のみ) - トークライブ
  • 2月17日 THE EMPTY STAGE 2018 WINTER 9日目 ONE-MAN TALK SHOW(BENOA銀座店、亜生のみ) - トークライブ
  • 8月14日 THE EMPTY STAGE 2018 SUMMER 9日目 ONE-MAN TALK SHOW(BENOA銀座店、昴生のみ) - トークライブ
  • 9月2日 「ミキ漫2018 全国ツアーFINAL in 東京」(東京グローブ座)
  • 9月16日 「ミキの漫才とトーク」(よしもと沖縄花月)
  • 10月4日 - 10月5日 「ミキ漫2018 全国ツアーFINAL in NGK 2DAYS」(なんばグランド花月)
  • 10月15日 「家でやりなはれ!season.2」(よしもと祇園花月) - トークライブ
  • 10月19日 「ミキがやりたいゲームを楽しむ90分」(道頓堀ZAZA Box)
  • 12月26日 「家でやりなはれ!!season.2」(よしもと祇園花月) - トークライブ

脚注[編集]

  1. ^ 兄弟漫才コンビ・ミキが東京所属へ 昴生と亜生の伯父は上岡龍太郎氏”. ニフティニュース (2019年2月23日). 2019年2月23日閲覧。
  2. ^ “ミキ、テンポの良い漫才を披露 昴生「僕たち自身も勉強になりました」”. サンスポ. (2017年12月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171209/owa17120915560001-n1.html 
  3. ^ a b “兄弟コンビ「ミキ」上岡龍太郎さんの甥だった「母親のお兄ちゃんです」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年5月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/27/kiji/20170527s00041000299000c.html 2017年5月27日閲覧。 
  4. ^ a b “ミキ、母校にサプライズ凱旋 兄・昴生が披露した“切ない思い出”とは”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年1月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/09/kiji/20180109s00041000082000c.html 2019年3月21日閲覧。 
  5. ^ 第1回上方漫才協会大賞にアインシュタイン - 産経WEST”. 2016年1月30日閲覧。
  6. ^ 上方漫才協会”. 2016年1月30日閲覧。
  7. ^ 兄弟コンビ・ミキ、『NHK上方漫才コンテスト』優勝”. ORICON STYLE (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  8. ^ 中川家以来の兄弟コンビでの決勝進出
  9. ^ 13代目『M-1』王者は誰の手に? 昨年2位、実力派兄弟コンビ、異色男女コンビらファイナリスト9組を徹底解剖” (2017年12月3日). 2017年12月4日閲覧。
  10. ^ 中川家「上方漫才大賞」2度目の大賞に、奨励賞はかまいたち、新人賞はミキ”. お笑いナタリー (2019年4月13日). 2019年4月14日閲覧。
  11. ^ 叔父は上岡龍太郎 兄弟漫才の新星「ミキ」のポテンシャル” (2018年1月12日). 2018年2月23日閲覧。
  12. ^ 「ミキ」、漫才のモットーは「誰も傷つけへん」…深イイで密着” (2017年12月18日). 2017年12月27日閲覧。
  13. ^ ゆりやん&ミキのレギュラー番組、Eテレで4月スタート - お笑いナタリー”. お笑いナタリー (2019年2月20日). 2019年3月10日閲覧。
  14. ^ ミキ、バラエティ感強いNHK語学番組「だいぶ外国の方に気を遣ってもらってる」”. お笑いナタリー (2019年3月7日). 2019年3月10日閲覧。
  15. ^ ミキ、東京進出直後レギュラーラジオ決定!深夜帯に生き生き「裏のミキが知れる」(コメントあり)”. お笑いナタリー (2019年3月27日). 2019年3月30日閲覧。
  16. ^ 「ハン・ソロ」吹替版に市川海老蔵、及川光博、ハマ・オカモト、ミキ亜生らカメオ出演”. 映画ナタリー (2018年6月6日). 2018年6月6日閲覧。
  17. ^ ミキ、初の全国ツアー12会場で!M-1意識せずただただミキの漫才届けたい”. お笑いナタリー (2017年12月18日). 2018年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]