加藤吉治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「加藤Tsuchiyoshi.svg治郎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
かとう きちじろう
加藤 吉治郎
生誕 1947年1月
日本の旗 日本 滋賀県
職業 ラジオ・テレビディレクター
音楽プロデューサー
メディアコーディネーター
オフィスきちじろう代表

加藤 吉治郎(かとう きちじろう、1947年1月[1] - )は、日本ラジオ番組テレビ番組制作ディレクター作曲家音楽プロデューサー著作家メディアコーディネーター実業家滋賀県出身。

「吉」の正確な表記は「Tsuchiyoshi.svg」(「土」の下に「口」、つちよし)である[2]

来歴・人物[編集]

中部日本放送 (CBC) でラジオ番組のディレクターなどとして活動。1974年、自身がディレクターを担当していた番組『ばつぐんジョッキー』の企画より、地元名古屋市を本拠地とするプロ野球球団・中日ドラゴンズ応援歌燃えよドラゴンズ!』(作詞・作曲:山本正之。以下、燃えドラ)を同番組パーソナリティ板東英二の歌唱によりリリースさせ、ヒットさせる。1980年代には、テレビの『ぱろぱろエブリデイ』のチーフディレクターを務め、それまでアニメ再放送などの横並び状態であった夕方の時間帯を開拓。また、同番組からなめ猫ブームも巻き起こした。

CBC退職後、メディアコーディネーターの肩書で活動している。CBCを離れてすぐに制作会社・WINを設立し率いた後、1996年7月3日に、オフィスきちじろうを設立[1]。代表を務める。同社では、テレビ番組の構成や燃えドラの著作権管理を行うほか、2004年以降「燃えドラプロジェクト オフィスきちじろう」名義で燃えドラの新作CDの発売を手掛けている(燃えドラ新作のプロデュースも加藤が行っている)。また、山本の事務所山本正之なごやオフィス社長[3]放送批評懇談会会員も務める。

『ばつぐんジョッキー』パーソナリティの一人であった上岡龍太郎とは、CBC時代の1973年にラジオディレクターとして出会って[4]から親交が深く、テレビ番組の構成や独演会の舞台演出を行っている。1995年には上岡に弟子入りし、「弟子 吉治郎」(でし きちじろう)を名乗り、上岡との共著書を発行するなど活動している。

「弟子吉治郎」名義は、上岡との共著以外でも使用されている。

詳細情報[編集]

制作番組[編集]

ラジオ
テレビ

音楽[編集]

CM[編集]

  • 米常ライス - 1980年代の一時期放送されたバージョンの制作に関わる。これは天野鎮雄をメインに起用、それに加え、地元の俳優・伊沢勉と、当時『小堀勝啓のわ!Wide とにかく今夜がパラダイス』に出演していた栗原“チャーリー”和美をキャスティングしたもの。当時これについて栗原が『わ!Wide』のなかで語った際、何の説明もなく「これ、きっつあん(加藤の意)のところの仕事だったんだわ」と発言、それがきっかけになったか、後に加藤は『わ!Wide』の生放送でゲスト出演している。

著書[編集]

※『湖猫、波を奔る』以外は上岡龍太郎との共著(「弟子吉治郎」名義)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

この節には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
[ヘルプ]
  1. ^ a b オフィスきちじろう会社概要・代表者加藤吉治郎プロフィール(燃えよドラゴンズ!公式ホームページ内) ※インターネットアーカイブ2005年6月11日付保存キャッシュ
  2. ^ Unicodeでは U+20BB7、「𠮷」。
  3. ^ 参考:山本正之のズンバラ随筆  第15話 CSTVの繁忙(ベラ・ボーエンタテインメント公式ホームページ内に掲載された山本のウェブ日記)より、「キッチャンにいちゃん」の名前とともに加藤について書かれている。
  4. ^ 著書プロフィールより。ただし、『引退 嫌われ者の美学』のあとがきでは、「一九七四年」(1974年)となっている。

外部リンク[編集]