おサイフいっぱいクイズ! QQQのQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おサイフいっぱいクイズ! QQQのQ
ジャンル クイズ番組
放送時間 月曜 - 金曜 12:00 - 12:55(55分)
放送期間 1998年9月28日 - 1998年12月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 小玉滋彦(チーフD)
中野匡人(演出)
プロデューサー 田代冬彦
出演者 上岡龍太郎
笑福亭笑瓶
斎藤陽子
ほか
テンプレートを表示

おサイフいっぱいクイズ! QQQのQ』(おさいふいっぱいクイズ キュキュキュのキュー)は、1998年9月28日から同年12月25日までTBS系列局で放送されていたTBS製作のクイズ番組である。放送時間は毎週月曜 - 金曜 12:00 - 12:55 (日本標準時)。

概要[編集]

上岡龍太郎笑福亭笑瓶が司会を務めていた平日昼の帯番組。上岡のスケジュールの都合や上岡自身の考え(後述)もあり、基本的に月曜放送分のみを生放送で行い、その後にその週の火曜放送分から金曜放送分までを一気に収録するという、かなり特殊な方式の番組収録が行われていた。これは、後に日曜日に2週間分を一気に収録する方式に変更された。

天才バカボン』でおなじみの本官とウナギイヌが暴れまくるオープニングアニメ(テーマ曲はリール・ビッグ・フィッシュ「She has a girlfriend now」)[1]と、ウナギイヌをモチーフにしたタイトルロゴは、赤塚不二夫率いる「フジオプロ」が担当した。セットにも本官とウナギイヌのイラストがあり、棒つかみのセットにはウナギイヌが用いられていた。

出演者[編集]

司会[編集]

レギュラー[編集]

ルール[編集]

解答者は2人1組。クイズに挑戦して成功すると、現金つかみ取りに挑戦できた。

第1ステージ
即答!エントリークイズ
テーマ問題を出題。出題される問題を5秒以内に答える。交互に解答して、10問中6問正解でクリア、現金つかみ取りの時間10秒を獲得となる。このクイズをクリアできなければ失格となり、獲得賞金が0円となる。
第2ステージ
クイズ2人でせーの!
連想問題の答えをフリップボードに書き、2人の答えを合わせる。5問中3問正解でクリア。
山手線クイズ
山手線ゲームの要領で、テーマに当てはまる解答を交互に答えるが、正解が出るまで相手に解答権は移らない。30秒以内に10問正解でクリア。
記憶力クイズ
朗読される文章を記憶、記憶した文章に関する問題を出題。1問ずつ交互に解答する。8問中5問正解でクリア。
クイズ2人でQQQ
答えが2個ある問題を出題。解答を1個ずつ、計2個とも答える。5問中3問正解でクリア。
上記のクイズのうち、1つがランダムで出される。クリアできれば現金つかみ取りの時間10秒を獲得、計20秒獲得となる。

現金つかみ取り[編集]

この番組のメイン企画。クイズ終了後、現金つかみ取りステージへ移動。1円から500円の現金が入った器と現金を集計する機械の器の間に、2つの浮き島のような台に2人が立ち、クイズで獲得した秒数以内に1人目が両手で現金をすくってで2人目に渡し、受け取った2人目が現金を集計する機械の器に現金を入れる。時間切れで横にスライドする蓋が閉まり、最終的な合計金額を集計する。

棒でボーナス棒つかみ![編集]

番組終盤のボーナスステージ。台に腕を乗せ(台は自動で上下に昇降して、人差し指の境に棒が来る様にセッティングする)、ランダムなタイミングで落とされる棒をつかむ。棒は赤青鉛筆の様に赤と青に塗り分けられ、種類は長さ15センチの10万円棒と、長さ10センチの30万円棒があり、獲得賞金の多いチームからゲームに挑戦するか挑戦しないかを選択できる。ただし、10万円棒・30万円棒はそれぞれ必ず1チームが挑戦しなければならず、下位のチームが強制的に挑戦させられるケースもある。選択後はチームで一人一回挑戦、二人のうちどちらか成功で賞金獲得だが、二人とも失敗で獲得賞金が半減となる。番組初期の頃、棒を待っている間に指を曲げて待機して棒を取った事例があり、以降は台に黄色い棒のラインが刺され(右利き・左利きに合わせて棒を刺し替える)、ゲーム挑戦中にそれを超えてしまうと「指を伸ばして!!」コールが出される様になる。

わずか3か月で終了[編集]

最終回前日の深夜(1998年12月24日深夜=同年12月25日未明)にフジテレビで放送された『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』に笑瓶が電話で出演し、全国ネットでは自身初メインのこの番組が3か月で打ち切られたという不幸話を披露し、見事合格して賞品の『今世紀最後の重鎮バトル 村上ショージVS剛州』(山中伊知郎著、風塵社)×50冊セットを獲得した。その際に笑瓶は、この番組が生放送ではなく収録で、それも5本撮り(1日に5回分の放送を収録)であったことを暴露した。

ただし、上岡もこの番組が開始する前後に、5本撮りの録画放送であることを暴露する発言をしていた。これは、上岡がサラリーマンのような生活を嫌っており、それゆえに生の帯番組には絶対に出演しないというポリシーを持っていたことに対する説明であったものと考えられる[独自研究?]

2000年4月をもって芸能界を引退した上岡にとって、事実上最後の東京キー局製作のレギュラー番組となった。上岡はクイズ番組という企画に乗り気ではなく、わざとつまらなくして3か月でパペポのようなトーク番組に変えさせる目論見であったが、想像以上に視聴率が伸びずに打ち切りになってしまったと後日たかじんONE MANの2000年3月22日放送回にゲスト出演時に発言。『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」に出演した時には「ぼくが引退を決断したのはQQQのQが終わったときです」と語った。

エピソード[編集]

  • 番組タイトルは、かつてこの枠で放送された『ベルトクイズQ&Q』『スーパーダイスQ』『あんたが出番・面白Q!』に由来するとも言われている[誰によって?]
  • つかみ取りした賞金の計数には、グローリー社製の業務用(銀行向け)計数機が用いられており、計数に要する時間を計算した上でCM入りするという芸の細かいことを行っていたが、大量の硬貨を投入することに成功した組が出たときには、CMが明けてもまだ計数が完了していなかったこともある。
  • 1998年10月5日放送分では、その2日前に放送された『オールスター感謝祭'98超豪華!クイズ決定版この秋お待たせ特大号』で放送時間内に発表できなかった40名のグアム旅行を発表した。
  • 1998年10月8日放送分では、視聴率が0.9%という当時のワースト記録を叩き出し、東京スポーツに「現金つかめても視聴率つかめず」と取り上げられた。
  • 伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)内でパロディ企画「早押しクイズQQQのQのQ」が作られ人気を博した。
  • 出題の斉藤は問題の読み間違いや訛りが出ることがあり、司会の2人に苦言を呈されていた(1998年12月25日の最終回より)。
  • 2001年9月21日にテレビ朝日虎の門』の「朝まで生どっち!」で、「真っ昼ま王 vs QQQのQ・復活させるならどっち?」が放送された[2]。 
  • 2014年10月20日に放送された『クイズ☆アナタの記憶』で、クイズの予習をさせないために番組の復活版『おサイフいっぱいクイズ! QQQのQ 2014』の収録だと嘘をついて解答者のオードリー春日を呼び出した。番組内容はほぼ無関係だが、記憶力に関するクイズである点や、全問正解時の現金つかみ取りなど、多少の要素を引き継いでいる。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

TBS系列 平日12:00枠
前番組 番組名 次番組
宮本和知の熱血!昼休み
(1998年3月30日 - 1998年9月25日)
おサイフいっぱいクイズ! QQQのQ
(1998年9月28日 - 1998年12月25日)
マダムんむん
(1999年1月4日 - 1999年8月27日)