わいわいサタデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わいわいサタデー
Osaka Terminal Building.jpg
番組生放送が行われた「ABCエキスタ」が入居していたアクティ大阪(大阪ターミナルビル
ジャンル ワイド番組/バラエティ番組
放送時間 1.土曜日14:00-15:50(1983.4-1985.3、1985.10-1995.3)
2.土曜日12:00-15:50(1985.4-1985.9)(1.110分 / 2.230分)
放送期間 1983年4月30日 - 1995年3月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
演出 依田正和、菊池正和ほか
プロデューサー 岩本靖夫、松本修
出演者 乾浩明
芦沢誠
上岡龍太郎
桂文福
桂きん枝
トミーズ
オープニング 長田清子
「わいわいサタデー」
テンプレートを表示

わいわいサタデーは、朝日放送ABCテレビ)で放送された生放送ワイド番組

概要[編集]

アクティ大阪15階に開設されていたサテライトスタジオABCエキスタからの公開生放送によるステージ企画および、VTR企画から成った。

メインのステージ企画で多く行われたのが、毎週趣向を凝らしたテーマで行われる「女性なんでもコンテスト」であった。

放送時間の変遷[編集]

1983年4月30日から1995年3月25日までのほぼ全期間を通じ、基本的に毎週土曜日の14時00分から15時50分 (JST) に放送された。ただし、1985年4月から10月までの半年間のみ、正午から15時50分の4時間にわたり、枠内に2つの内包番組を編成した3部構成の番組になったが、わずか半年で解消し、元の14時00分から15時50分までの放送時間に戻った(同年10月以降の12時台は浜村淳司会のクイズ番組夫婦でありがとう』、13時台は『吉本ライブバラエティ もしかして花月』、14時台は『わいわいサタデー』に再分割された)。

ネット局[編集]

全国高校野球選手権大会中継の放送日は、番組ネット局に裏送りで放送していた。

出演者[編集]

コーナーのみのレギュラー等は後述。

メイン司会[編集]

  • 乾浩明(1983年 - 1990年) - 朝日放送アナウンサー
  • 芦沢誠(1990年 - 番組終了) - 朝日放送アナウンサー

準メイン司会[編集]

サブ司会[編集]

主なゲスト[編集]

いずれもコンテストコーナーの審査員

中村、キダは前身番組である『ワイドサタデー』にも出演。

主なコーナー[編集]

番組におけるコーナー進行の一例。

  • コンテスト1回戦 → コーナー1(鶴志など) → コンテスト2回戦 → コーナー2(松本など) → コンテスト最終審査(テーマに沿った実技) → コーナー3(文福など) → コンテスト結果発表

コンテストコーナー[編集]

女性なんでもコンテスト

番組のメイン企画。毎回あるテーマに沿ったミス・コンテストを開催。放送時間全体にわたり、水着審査、特技審査、最終審査(毎回そのテーマに沿った様々な試みに挑戦する実技)を他のコーナーをはさみながら行った。優勝者には本物のミスコンと同じようにたすきティアラ、そしてハワイ旅行が贈呈された。

審査には、中村鋭一らレギュラーの審査メンバーに加え、過去の同コンテスト優勝者(10人程度)が参加し、そして視聴者の「サーチホン」によるアンケート結果が加えられた。「サーチホン」は、プッシュ回線を利用した双方向アンケートシステムであり、かつて同局・同枠で放送されたクイズ番組『電話でドン!』でも用いられた。

のちに芸能界入りした人物が出場している。「小学生美人コンテスト」にデビュー以前の吹石一恵が出場し、準優勝を獲得したほか、「中学生美人コンテスト」に仲根かすみが出場した。

他のコーナー[編集]

鶴志のあの人は今 → きん枝のあの人は今

かつて一世を風靡した有名人を視聴者からのリクエストで捜索し、追跡するコーナー。

きん枝の関西虫めがね

関西の町を探索するコーナー。

帰りたい帰れない

芸人の弟子が3か月間ホームステイするドキュメントコーナー。

文福のなんでやねん!

桂文福が街頭でインタビューをし、不満や愚痴をぶつけるコーナーで、文福が「トホホ〜」と言うセリフが有名だった。

鋭ちゃんのバンザイタイガース

熱烈な阪神タイガースファンの中村鋭一が阪神タイガースのその週の試合結果と選手を紹介するコーナー。

松本佳代子のぶらりフォーカス

番組初期のコーナー。『ワイドショー・プラスα』に出演していた松本佳代子(元南海放送アナウンサー、出演当時フリー)が各地の観光スポットをリポートしていた。

3部構成時代の内包番組[編集]

のりお・よしおのジョーダンはよせ![編集]

のりお・よしおのジョーダンはよせ!は、1985年4月から同年10月まで朝日放送『わいわいサタデー』の枠内で放送されたトークバラエティ番組。司会は西川のりお・上方よしお。放送時間は12時00分から12時58分。トークコーナーおよび、視聴者参加コーナーで構成された。

主なコーナー
  • ゲストトーク - ゲストを交えて多彩なトークを展開した。
  • 勝ちぬきつっぱり奥さん - 女性視聴者2人が尻相撲を繰り広げるコーナー。西川のりおが行司を務め。10週勝ちぬきでグランドチャンピオンに認定され、豪華海外旅行がプレゼントされた。3か月で終了した。
  • ザ・弟子 - お笑い芸人の弟子が様々なチャレンジを繰り広げるコーナー。ぼんちおさむの弟子のジミー大西がテレビ出演の足掛かりを作った。
  • ザ・弟子の電話クイズ - 上記の出演者が、視聴者に出題する電話クイズ。正解すれば賞金がプレゼントされた。

もしかして花月[編集]

朝日放送 土曜14時台
前番組 番組名 次番組
14:00 - 15:00 再放送枠
15:00 - 15:55 ワイドサタデー
(ANN西日本ブロックネット枠)
わいわいサタデー
(1983年4月 - 1995年3月)
単発特番枠